快晴の但馬海岸を走る(後半)

今回のルートは下の地図です.Googleのマイマップがもう一つうまく使えませんが,まあそのうち上達するでしょう.


より大きな地図で 2010.10.17但馬海岸 を表示

さて,余部からは再び国道178号に乗って香住に向かいます.香住には30年ほど前の夏に一度だけ来たことがありますが,さすがに記憶は薄れています.覚えていることと言えば,一緒に来た何人かの女の子のうちの一人が,夜の漁港で花火をしていてねずみ花火に追いかけられ,埠頭から海に落ちてしまったことくらいです.バナナの皮に滑って転倒した人なんか誰も見たことがないように,花火で海に転落というようなベタな話はかえって誰も信じないところですが,それを本当にやらかしてくれたことが驚きでした.もっともその子は水泳部だったし,何の問題もなかったのですが.

その時海水浴をしたはずの香住浜です.ウッドデッキがあったりしてずいぶん整備されています.

香住浜

12:30になっていました.昼食は当然海の幸というべきところですが,比較的朝が早かったのでこの頃にはひどく空腹になっていて,結局目の前にあった洋食屋さんに入ってしまいました.ちょっと残念.

暑くも寒くもない上に快晴で,夏はにぎわったであろう静かな浜でのんびりしているとすぐに時間が過ぎてしまいました.14:00出発.国道178号とは別れ,県道11号へ.眺めがよくて待避スペースの設けられているところで頻々と停車して写真を撮るので,なかなか前に進みません.以下は今子浦(のはず).

今子浦

県道11号は高度を上げ下げし,海沿いとなったり山中に入ったりしながら続いています.海沿いでの一枚.

佐津手前

佐津浜がキレイに見える場所がありました.この日はずっとそうでしたが,春夏秋の日本海らしい海の色です.

佐津浜

同じような写真ばかりですが,これも眺望がよかった場所.ここからは見えませんが,右手の奥の方が安木浜ではないかと思われます.ここは山陰になっていて,すでにだいぶ日が傾いてきていることに気づきました.

安木浜

ここから城崎まではノンストップで快走.城崎からは円山川沿いのリバーサイドライン(国道312号)を南下.玄武洞も何度か見たので今回はパス.

円山川

そのままノンストップで9号線とぶつかる地点にある道の駅但馬楽座に到着.日没は間近です.ここでルーフをクローズ.

道の駅但馬楽座

ああ今日も終りです.あとはゆっくり戻るだけ,と思ったら好事魔多し.春日ICのETC専用レーンが故障で通れず大渋滞.1レーンしかない一般レーンに全車が殺到してマナーもへったくれもあったもんじゃありません.やっと舞鶴道に乗れたと思ったら中国道宝塚TNで事故.いつも以上の19km渋滞.結局初ドライブの大山・蒜山以来の長時間搭乗となりましたが,ルーフを開けていた間はとても楽しいツアーでありました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター