FC2ブログ

新緑の氷ノ山山麓 -福定から氷ノ山越まで

前週天滝渓谷へ行き,新緑と滝のコラボを見て満足したのですが,今度は氷ノ山そのものを見たくなり,できれば頂上まで行ってやろうと思い立ってGW 前半に出かけました.

天滝渓谷へは北近畿豊岡自動車道養父ICで下りますが,氷ノ山の兵庫県側登山口へは八鹿氷ノ山ICです.山麓へ近づくにつれ,尾根にまだ雪が残っているのが見えてきて気分がアガります.

20180505_0.jpg


登山道はいくつかルートがありますが,福定親水公園から氷ノ越を目指すことにします.5月だというのに,まだ盛りの桜があるのには驚きました.快晴.登山道の脇に咲いている花々を見ながらのんびり登ります.氷ノ山は田中澄江の『新・花の百名山』に選ばれているだけあって,花の種類も多いように思います.これも豊富な雪解け水によるところが大きいのでしょう.

20180505_1.jpg20180505_2.jpg


20180505_4.jpg20180505_5.jpg


20180505_12.jpg20180505_13.jpg


登るほどに,とにかく新緑が目にまぶしすぎてついつい足が止まります.本当に新緑が美しく感じられる期間というのは,もしかしたら紅葉のピーク期間よりも短いかもしれませんが,この日は本当に輝かしさの頂点を見た気がしました.

20180505_6.jpg


20180505_7.jpg20180505_8.jpg


さらに標高が上がってくると,谷筋に残った雪渓が目に入るようになります.ここが兵庫県とはとても思えません.日本海側の気候の影響を受け,積雪量がとても多いことがわかります.この地域出身の登山家・加藤文太郎(1905 - 1936)がこの氷ノ山を冬山のトレーニングの場としていたそうですが,信州の高山の冬期登山にも増して寒気と積雪が厳しいという言葉を残しています.

20180505_9.jpg20180505_10.jpg



登山道のすぐ脇に,「連樹」と呼ばれる珍しい現象を見ることもできました.7本の異なる種類の木が,あたかも1本のように互いにからまりあい,支え合って立っています.また,多くの木々が根元から大きく曲がって林立しています.これも積雪量の多さを物語っています.

20180505_11.jpg
20180505_14.jpg


20180505_15.jpg20180505_16.jpg


尾根に出るまでは思ったよりずっと遠く,おまけにしばしばしゃがみ込んで写真を撮ったりしているせいで,結局氷ノ越に辿り着いた時にはもうかなりバテていました.氷ノ山の頂上が大きく見えていますが,この日はここで引き返すことにして,避難小屋の前でゆっくりします.

20180505_19.jpg


ここからは鳥取側に下りることもできるし,兵庫県側の別ルートとの合流点でもあります.ここまで来るとさらに季節は遡り,登山道にも所々雪が残っているし,広葉樹の葉も種によってはようやく芽吹いたところです.

20180505_17.jpg20180505_18.jpg


20180505_20.jpg20180505_21.jpg


同じ道を下るのでさっさと歩けばいいようなものですが,それでも登ってくるときには見えなかったものが見えたりして,やはり立ち止まることになります.登山口近くまで来てツクシを見つけました.次来るときはまじめに頂上を目指すかな.

20180505_22.jpg 20180505_23.jpg


20180505_3.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター