FC2ブログ

クリスチャン・レオッタ シューベルト・プロジェクト -リサイタルⅢ

クリスチャン・レオッタのシューベルト・プロジェクト.前週に続き,リサイタルⅢを聴くことができました.京都府立府民ホール“アルティ”.

20180320.jpg


3月18日(日),プロジェクト第3回の曲目は以下.

ピアノ・ソナタ第4番イ短調 D 537
ピアノ・ソナタ第13番イ長調 D 664

休憩

ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調 D960

前半1曲目.第4番イ短調はシューベルトがまだ二十歳の時の作.ひきしまって厳しい感じの第1楽章第1主題ですが,リズミックなのでそれほどの深刻さは感じません.展開部は情感に満ちています.続く第2楽章の主題は,のちに第20番ピアノソナタの終楽章(第4楽章)に転用されることになります.それをわかった上で聴くと,ここでは確かに愛らしいメロディではあるものの,独り言のような語り口のスケールは小さく,これが11年後,平明さを残しつつもあれほどに感動的な20番の終楽章へと発展するのかと感慨深いものがあります.第3楽章もまたきまじめな感じの問いかけから始まりますが,すぐにそれは肯定的な気分に覆い隠されます.こういうところはやはり若さのいたすところでしょうか.

2曲目の第13番.第20番と同じ調が与えられています.シューベルト21歳の作.この作曲家のピアノソナタの中では明るさがあり,人気曲の一つでしょう.私もとても好きです.第1楽章は愛らしく優雅で,所々に現われる気分の翳りも,若者特有の憧れにともなうもので深刻さに結びつくことはありません.第2楽章は優しい旋律と繊細きわまりない和声進行.こういう音楽を聴くときは本当に全身が耳になる感じです.第3楽章は再び軽快で優美,モーツァルト的な愉悦感に満ちています.

休憩後は遺作の第21番です.昨年末に今峰由香のシューベルト・リサイタルで聴いてから間がありませんが,また聴きたいと思っていると聴けるものですね.

今峰の演奏ではちょっと気になったメゾスタッカートの解釈も,レオッタの演奏では私の抱いているこの曲のイメージに沿ったものでした.全体に穏健な表現というか,たとえば有名な低音のトリルでは,内田光子の演奏ほどには不気味な異界感に襲われることはない反面,この曲を聴くといつも思う第4楽章の不連続な明るさが抑制されていたように感じました.前にも触れたこの曲の第1楽章後半は,緊迫感を通り越して目前に迫る危機に対する畏れがより強く聴き取れました.

以上3曲ともすばらしい演奏で,聴衆の何人かによるスタンディングオベーションも自然なことと思えました.アンコールは第13番の第2楽章を再び.

リサイタル後,会場ロビーでレオッタ自身と聴衆との交流会がありました.司会者から,ベートーヴェン弾きとして有名なレオッタに,シューベルトはどう違うのか質問がありました.レオッタの回答は,ベートーヴェンのピアノソナタは,ピアノをまさに楽器のピアノとしてポリフォニックに鳴らすように作曲されているが,シューベルトはどこをとっても「歌」だということでした.

そう言えば,前週の第1回を聴いた後,会場から出て行くときに,レオッタの演奏を聴いた二人の女性が,「ベートーヴェンはいいけどシューベルトはなあ.やっぱりシューベルトは歌曲の人やろ」と話しているのが聞こえました.そのとおり確かにシューベルトは歌の人ですが,歌詞のある歌曲でなければ歌が聞こえないというのはちょっと違うだdろうということでしょう.演奏直後の音楽家のフォーマルな発言を聞けるなどめったにないことで,嬉しい体験となりました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター