FC2ブログ

映画 『I Called Him MORGAN』

モダンジャズ・ハードバップ期最大のスタープレーヤーの一人といっていいリー・モーガンの絶頂期から死に至る時間を,関係者、特にリーを射殺した本人のインタビューを交えて当時の映像で.十三・第七藝術劇場.

20180130.jpg


邦題は「私が殺したリー・モーガン」.いつもながらちょっとひどいですね.「私」-パンフレット写真の右側,ヘレン・モーガン(法的な婚姻関係にはなかったとされる)は,1960年代初頭にドラッグでぼろぼろになったリーを救って再び表舞台に送り出した人物です.そのヘレン自身が1972年,ニューヨークのクラブ『スラッグス』でリーを射殺するという悲劇的な事件を起こします.そのヘレンはインタビューの中で,「リーという名前が好きではなかったのでモーガンと呼んだ」と言っており,原題『I Called Him MORGAN』はこの事実を踏まえていますが,邦題はあまりにもスキャンダルの方に傾いています.映画館の呼び込みのお兄さんは(おそらく意図的ではなかったと思いますが)「私が愛したリー・モーガン」と言っていました.うん,そのほうがはるかにマトモです.

このドキュメンタリーは,ヘレンが刑期を終えて出所し,静かに余生を送ったあと,亡くなる直前自ら申し出て1996年2月のインタビューに応じたことで成立することになりました.死期を悟っていたのでしょう,ヘレンは翌3月に死去.

映画はリーのオリジナル曲『サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド』をバックに始まります.リーがドラッグ禍から復帰した後,それまでのストレート・アヘッドなハードバップが行き詰まる中,それを脱してさらに前進しようと様々な試みをしている時期に作られたきわめてシリアスな音楽です.やはりその死に焦点が当てられたドキュメンタリーなので,リー・モーガンの代表的演奏としては通常あまり挙げられることのないこうした曲が最初から前面に出てきて少々面食らうことになります.

リーが18歳ですでにほぼ完成されたトランペッターとして登場するところから,多くの関係者が登場してインタビューに答えています.中でもつきあいの長かったウェイン・ショーターからは,リー自身の生活ぶりや,親分のアート・ブレイキーが演奏中のリーをプッシュした言葉など,印象的な話が多く聞けます.

一方で当時の映像はそれほど豊富ではなく,リー自身の生前のインタビューも短時間です.しかし演奏シーンはさすがに濃厚で,特にジャズメッセンジャーズ時代の『ダット・デア』や『モーニン』では,映画館の大音量も手伝って,確信に満ちたリーのラッパに痺れまくります.話はやや逸れますが,これらの映像は1961年のメッセンジャーズ日本公演の時のもので,日本人がこの時代の黒人ジャズを熱狂的に支持したからこそ,こうしたトリハダ級の映像資産が今に残されているわけです.この来日公演を終えて帰途につく際,ブレイキーは「アフリカを別にすると,世界中で日本だけが我々を人間として歓迎してくれた」と言っています.彼らが本国で受けていた扱いを思わせる言葉です.

そのブレイキー自身がリーにヘロインを教えてしまうのが何とも闇ですが,年若く制御の効かなかったリーは抜け出すことができず,やがてすべてを失ってジャズ界から半引退状態になります.そこへ手をさしのべたのが年長のヘレンで,妻であると同時に母親兼マネージャーの役割をこなしていたようです.

やがて息苦しくなったリーは他の女と過ごすことが多くなり・・・というパターン.それにしても何故射殺までしなければならなかったのか.この時代のジャズのファンなら皆知りたいところですが,ヘレン自身もインタビューの中でそれを完全に説明できたとは言えなかったと思います.おそらくは衝動性の高い事件で,銃を撃った本人にも理由はよくわからないのでしょう.

事件当日のニューヨークは大雪で,スラッグスに向かうリーと直前まで一緒にいたジュディス・ジョンソンの話は,今聞いてもとても緊迫感があります.積雪量が刻々と増えていって二人の乗ったクルマが進むのに難渋する様子が,何かリーの運命を象徴するように感じられて胸が痛みました.

私はこうした事件にそれほど関心を持っていたわけではなく,少ないけれども貴重な演奏シーンと様々な証言によって,一人の天才的なトランペッターが生きた時代の息吹を感じられることがこのドキュメンタリーの価値だと思っています.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター