FC2ブログ

エルミタージュ美術館展

エルミタージュの収蔵品から,17,18世紀の西洋絵画を中心に公開.兵庫県立美術館.

20171214.jpg


入口に,エルミタージュ美術館を創設したエカテリーナ2世の大きな肖像画が架けられ,ここだけは写真撮影が許可されていました.展示は以下の5区画.

1.イタリア:ルネサンスからバロックへ
2.フランドル:バロック的豊穣の時代
3.オランダ:市民絵画の黄金時代
4.スペイン:神と聖人の世紀
5.フランス:古典主義的バロックからロココへ
6.ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

イタリア絵画の部.ルネサンス期には3人の大天才が,それこそ画題から構図から筆致に至るまで完璧というしかない作品を生み出していたわけですが,ここではそれより少し下った時代の作品群.パンフレットの「羽根飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」では,いまだ深い知性が身についているとは言えない感じの女性が,明らかに男物の軍服のような衣装をまとっていていろいろな想像を喚起します.楽器を弾いている画題もありましたし,人物ばかりではなく風景画も現われています.

フランドル絵画.日本人なら誰でも知っている「フランダースの犬」で,やはり思い出すのはルーベンス.その工房作品を含め,4点が展示されていました.印象に残ったのはその弟子のヴァン・ダイクによる「王妃ヘンリエッタ・マリアの2人の侍女」.ヴァン・ダイクにはヘンリエッタ・マリア自身の華麗な肖像画作品もありますが,二人の侍女の,美女とは言いがたいけれど生活者としての人格が見通せるような表情は見応えがありました.その他ではブリューゲル親子の作品も1点ずつ.変わったところではスネイデルスの2点.「鳥のコンサート」と「果物鉢と切ったメロン」ですが,前者はなんでこんな絵を描きたいのが意図がわからないし,後者のメロンはいかにも不味そうでした.

オランダ絵画の黄金期と言えばちょうどこの時代で,まずはフェルメールやレンブラントの名が浮かびます.エルミタージュにはフェルメールの作品はなく,今回来たのはレンブラントの「運命を悟るハマン」1点.重苦しいテーマで,画面からは危機的状況に直面した3人それぞれの表情が描かれています.その他は私の記憶にはない画家ばかりでしたが.当時強力な海運国家としてその基盤が確立していたオランダ社会で,一般市民の家庭における営みや身近な風景が好んで描かれた様子が見て取れます.アールト・ファン・デル・ネールの「月明かりの川の風景」を見ていたら,ふと「マティスとルオー展」で印象に残ったルオーの「人物のいる風景」を思い出しました.あれもレンブラントの影響が感じられる作品でした.

スペイン絵画のコレクションからは5点のみ.すべて宗教画題でしたが,中でもフランシスコ・デ・スルバランの「聖母マリアの少女時代」はその祈りの姿の純朴さが強く心に残ります.聖母となった後に描かれる姿とは異なり,現代の子供を描いたと言われても納得できるような親しみやすさがありました.

フランス絵画は,宗教画から当時の運河や港湾といった人工物を描いた作品まで幅広く展示されていました.ただし,私にとっては初めて知る画家ばかりだったこともあり,19世紀以降に最も突出した発展を見せたのがフランス絵画であったことを考えると,今回出展された作品には他と比べてそれほど顕著な特徴を見いだせませんでした.

最後は,上記の文化圏に比べてやや遅れをとっていたイギリスとドイツの絵画です.全6点でしたが,何といってもクラーナハの「林檎の木の下の聖母子」が来ていたのはうれしかった.この春のクラーナハ展で接した,ひやりとした表情の女性像がここでも.16世紀初頭の絵画で,今回出展されていた作品群の中でも上掲パンフレット「羽根飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」と並んでもっとも古い時代に描かれた作品ですが,当時こんな聖母子像はかなり異端的であったのではないでしょうか.

余談ながら,エルミタージュ美術館展は,2001年に新潟県立近代美術館で開催されたときにも見に行きました.この時は原始文化から東洋・西洋の美術に至るまで非常に幅広い時間スケールでの展示品を見ることができました.今回はあれに比べると西洋美術のオールド・マスター展という位置づけであったため,私にとっては全体にやや単調な印象でした.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター