FC2ブログ

冠雪した北アルプスを見た信州ツアー 2日目前半 【安房峠から乗鞍高原へ】

宿泊は「槍の郷」.その名の通り,私達の泊まった部屋の窓からは槍ヶ岳が望めます.2日目も快晴.


20171115_1.jpg20171115_2.jpg


Z4は朝露でびっしりと覆われていて,いきなり屋根を開けるとトランク内が水浸しになりそうです,出発は屋根ありで.晩秋の朝の冷気の中,とてつもない視程で晴れた空の下を平湯に向って下ります.まずは旧道安房峠を目指してR158へ左折.平湯温泉街にある平湯神社前の空きスペースに停めさせてもらい,ここで屋根を開けました.目の前で足湯をしていた老夫婦に見守られつつ,防寒対策も完了.

温泉街をあとにし,1.5車線の急坂を10分も登ると,木立がほとんど葉を落とした明るい林に出ました.梢が逆光に映えて美しい.さすが歴史ある道,趣があります.道ばたに落ちた木の葉には霜が降りていました.

20171115_3.jpg

20171115_18.jpg20171115_19.jpg


このあたりから道は斜面をトラバースするようにつけられ,谷側の木がみな葉を落としているため見通しがききます.気温は低いですが陽射しがあるので寒さはまったく感じません.うっすらと冠雪した山々を見ながらゆっくりカーブを辿っていくのは,信州や北関東以北に暮らす人にとっては珍しくもないでしょうが,私にとってこれはもう極上の時間というほかありません.

20171115_4.jpg  20171115_5.jpg


安房峠着.長野側には穂高連峰が,岐阜側には乗鞍方面が,いずれも冠雪した状態で望めました.電線が微妙に残念ですが,澄んだ大気と眺望がそれに勝ってそれほど気になりません.

20171115_6.jpg


20171115_7.jpg

眺望を満喫してダウンヒル.といっても速度を上げられるような道ではありません.特に長野側は下りきる手前のヘアピンの連続が過酷です.トンネル開通前にはここを大型車両が走っていたことを考えると,当時のドライバーの苦労が偲ばれました.下るほど紅葉も鮮やかになり,道を横切るサルが現われたりして野趣満点.

やがて道は安房トンネルから出た新道と合流し,梓湖方面へ下ります.次はここから乗鞍高原経由白樺峠を目指しますが,R158から乗鞍方面へは右折禁止なので,前川渡の交差点を行き過ぎ,トンネルの先に用意されたUターン指定場所で方向転換し,再び前川渡まで戻って左折.K84で乗鞍高原へ向います.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター