FC2ブログ

ブリューゲル 『バベルの塔』展

ロッテルダムにあるボイマンス美術館所蔵のブリューゲル「バベルの塔」を中心に.国立国際美術館.

20171008.jpg


本ブログを始めてから私が見たオランダ絵画展は,フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が来たマウリッツハイス美術館展と,やはり同時代のフェルメールとレンプラント-17世紀のオランダ絵画展.今回は彼らより100年ほど遡った時代の美術展です.

Ⅰ 16世紀ネーデルランドの彫刻
Ⅱ 信仰に仕えて
Ⅲ ホラント地方の美術
Ⅳ 新たな画題へ
Ⅴ 奇想の画家 ヒエロニムス・ボス
Ⅵ ボスのように描く
Ⅶ ブリューゲルの版画
Ⅷ 「バベルの塔」へ

Ⅰでは主にキリスト教聖書に題材を求めたものや,著名な宗教者を顕彰する目的で作成されたと思われる彫刻が展示されています.作者不詳の作品も多数.人物の立像でも正面からのみ彫られたものが多く,そうした作品の後側は平面になっています.壁面に設置されることを想定して制作されたのでしょうか.正面と言えば,『受胎告知の聖母』では本来床面と平行であるべき聖書台の天板が手前に傾けられて表現されていて,当時は独特の空間表現が受け入れられていたことがわかります.

ⅡではⅠよりさらに古い時代の作品も含んだネーデルランドの宗教画が中心です.やはり作者のわからない作品が多く展示されています.1500年頃の作とされる『聖カタリナ』の衣服の刺繍の細密描写が見事です.Ⅲは北海に面したネーデルランド西部地域の美術.やはり宗教画題が主です.

ここまでは旧約・新約聖書の有名場面や聖人の肖像画が主でしたが,続くⅣでは画家の目が次第に人々の暮らしや風景,室内の静物に向けられていった過程の作品が示されています.同じ宗教画題でも背景描写に注意が向けられるようになり,肖像画も貴族・良家に限られるとはいえ無名の人々を描いた作品が登場します.

Ⅴはヒエロニムス・ボスの区画です.本展示会の目玉は表向きブリューゲルの『バベル』ですが,影の主役はまぎれもなくこのボスとその奇想が後世へ及ぼした影響であるといえます.展示されるボス自身の作品は『放浪者(行商人)』と『聖クリストフォロス』および続くⅥでの『樹木人間』の計3点だけでしたが,そのⅥの展示作品をみると,後のオランダ絵画へのボスの影響がいかに大きかったかを知ることができます.ボスの作品については会場に解説ビデオが流されていて,ボスが描いたグロテスクかつユーモラスな数々のキャラクターが詳細に見られるようになっていました.500年以上も前の画家のもつ,極めて現代的なポップアート性に驚きます.

戯画的でおそらくは大衆的な人気もあったのでしょう.ボスの奇想を継承する多くの画家が出現したようです.ブリューゲルもその例外ではなく,Ⅶでは様々な現世的教訓や格言を戯画化した題材の作品が多数展示されていました.それらが版画という形態であるのは,やはり大衆的な人気があったことを示しているように思われます.

そしてⅧの『バベル』.旧約聖書の「創世記」に著わされた有名な物語です.象徴的とはいえ非現実的な神話を画題としつつ,細部にはおそろしくリアルな描写を試みています.建設に携わる労働者たちの姿,滑車で吊り上げられる過程の煉瓦が粉をまき散らした筋.上層の新しい煉瓦は赤く,下層では時間が経って変色しています.塔の内部に見える調度からは,そこにいる人物たちの身分までが暗示されています.

こうしたディテールは現代の芸術家たちの想像力を刺激するようで,『AKIRA』の大友克洋はこのブリューゲル作品をもとに塔の内部を描く試みを行い,また東京藝術大学COI拠点はこの作品の精密な複製画を制作し,さらに3DCG化映像まで作ってしまいました.この作品のもつある種の劇画性は,われわれ日本人にはとても受け入れやすいのかもしれません.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター