FC2ブログ

映画 『セザンヌと過ごした時間』

ポール・セザンヌとエミール・ゾラの交流を描いた作品.シネ・リーブル梅田.

20171003.jpg


ゾラはフランスの有名な小説家ですが,私のきわめて乏しい読書歴には登場したことがありません.少年期,イタリア人の父が亡くなって経済的に困窮し,それがもとでいじめられていたところをセザンヌに助けられてから親友になったということらしい.一方でセザンヌは裕福な家庭に育ちますが,銀行家である父との折り合いが悪く,絵描きとして身を立てようとするもののその作品は生前ほとんど評価されませんでした.

セザンヌは強烈すぎる自我をもった人格で,必然的に他者との関係をまともに築けません.パリではルノワールやモネ,ピサロ等と付き合うものの,誰かと会えばすぐに口汚く罵りはじめ,5分後には喧嘩になっているという繰り返しです.画風も初期には暗い色調で,後の時代には後期印象派に分類される画家となりますが,当時流行していた印象主義とは一線を置き,「オレは印象派じゃない」が口癖です.

そういえば,この夏見に行った『怖い絵』展では,セザンヌの『殺害』を見て驚いたものでした.このような画題も,彼がこれほど先鋭的な性格の持ち主であったとしたら,納得がいくように思えました.女性にも手が早く,ゾラの妻とも若い頃には関係があったとされていました.

そんなセザンヌを,小説家として成功したゾラは何とか受け入れようとします.一つにはセザンヌの芸術を信じていたのでしょうし,また少年時代の感謝もあったとして描かれます.しかしセザンヌの方ではそれを素直には受け入れられず,ゾラとの友情を望みながらも口をついて出るのは悪口雑言ばかり.こういう西洋人特有の自我の暴風を描き,またそれを本当に理解するのはわれわれには難しいようですが,それにしてもセザンヌの姿は痛々しい.

結局2人の関係は最後には修復不能となります.セザンヌがゾラに対して持つ愛情は決してなくならなかったようですが,ゾラの方はどうだったか.両者の決別の理由は,実際にはよくわかっていないようです.

セザンヌは晩年プロヴァンスに戻り,そこでサント・ヴィクトワール山を題材に多くの作品を残します.映画はセザンヌの死後,アトリエに残された多数の作品を画商ヴォラールが買い取るところで終わりますが,そのアトリエ近くから見えるサント・ヴィクトワール山の映像にセザンヌの作品が被せられる場面は秀逸でした.タッチは粗く素早いものの色使いは優しくて明るく,ここにこんな色があったのだと改めて気付かされるところもありました.荒々しく限りない衝動の嵐を土台に,セザンヌの絵画は見る者の心を平穏にする力を得たように感じました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター