FC2ブログ

スポーツカーのホイールベース/トレッドは本当に黄金比なのか? -その3:レイアウト・マップと主観的分類

集めた50車種程度について,横軸をトレッド,縦軸をホイールベースとしてマップを作りました.車名の文字列を重ならないようにするアルゴリズムのパラメータ設定に気付かず,作画にちょっと苦労しました.このままだと見にくいので,図をクリックしてやや拡大されたビットマップ画像を表示するか,もっと詳細に見る場合はPDFファイルのリンクを押して自由に拡大してください.

20170919_1.jpg

PDFファイル


右上がりの赤実線がW/T=黄金比のラインで,ちょうどこの直線上に乗っているのが黄金比レイアウトをもつクルマです.前回も指摘したように,ジャガー・Fタイプ,アウディ・TTクーペ/RS,ポルシェ・ボクスター/ケイマンなどがこのレイアウトに近いです.

そこから上に引いてある3本の赤の破線は,それぞれ黄金比の2.5%増,5%増,7.5%増のラインです.この値が大きいほど前後に長いレイアウトをもつと言えます.2.5%刻みに区分したのは,このようにすると全体をほぼ5分割できそうに思えたからで,それをW/T比の小さい方から次のように勝手に命名してみました.

第Ⅰ類(ピンク)   : スポーツカー/スーパーカー
第Ⅱ類(イエロー) : スポーティーカー/GTカー
第Ⅲ類(グリーン) : ユーティリティーカー
第Ⅳ類(ブルー)  : ラグジュアリーカー
第Ⅴ類(オレンジ) : ショーファードリヴンカー

他方,左上から右下に向かって引かれている青の破線は,車体サイズの尺度W*Tが等しいラインです.W*Tが一定ならWとTは反比例関係になるので,直線ではなく緩やかな曲線になっています.ここでは3.0≦W*T≦5.0として図示したので,スマートのフォートゥー(小さすぎ)とかBMWの750Li(大きすぎ)は図中から外れてしまっています.

右下隅へいくほどピュア・スポーツ的な性格付けを与えられたクルマが多いようですので,第Ⅰ類は「スポーツカー/スーパーカー」としました.こうしてマップしてみると,やはりアルファロメオ4Cの位置は際立っています.スポーツカーとスーパーカーの境界はW*Tが4.0くらいのところでしょうか.4.0より大きくなるとスーパーカー.

第Ⅱ類には私のZ4 35iが入っています.第Ⅰ類との境界(黄金比ライン)近くにあるので,スポーツカーとは言えないまでも,かなり近い位置づけにあるというように読めます.まあまあ当たっているように思えます.ホットハッチ的なクルマも多くがここにあるようで,「スポーティーカー」類としました.GTカーともしていますが,これはどうでしょうかね.あんまりそれらしいクルマはないような気が.

第Ⅲ類はユーティリティーカーとしました.いわゆるSUVはここと第Ⅱ類の間にまたがって分布するのかなという印象です.「GTカー」はこちらの方がふさわしいようにも思いますが,「ユーティリティーカー/GTカー」といっしょにするのもどうかと思ってこのようにしています.日産のGT-RやフェアレディZといったスポーツイメージで世界的名声のあるクルマがここにあるのが極めて特徴的です.

第Ⅳ類には,今回私が集めたデータでは小さなクルマがなく,いわゆる「高級セダン」ばかりになったので「ラグジュアリーカー」です.また第Ⅴ類にも小さなクルマはなく,センチュリーがここにあること,さらにはミニバンもサイズにかかわらずほぼこの領域にあるようなので,運転手が雇われた人か家族・仲間のメンバーかによらず「人・モノを運ぶ」クルマなら「ショーファードリヴンカー」でいいだろうと.

等W*Tラインについて見てみるのも面白いです.たとえばトヨタ・クラウンとフェラーリ・ベルリネッタはほぼ同じW*T=4.4というサイズを与えられています.その資源をどう配分するかが.基本的な設計概念としてクルマの性格付けに強く影響していると読み取れるのではないでしょうか.

クルマのスペックを成立させている無数の変量の中から,ホイールベースとトレッドという2つだけ取りだしてみた結果なので,これで全部が説明できるなんて思っていません.日産のスポーツ車が第Ⅲ類に分類されてしまったのも,説明変量の不足がその理由であることは間違いありません.

しかし,たった2つながら,かなりの情報量を持っているとも感じます.そして,レイアウトの黄金比は,それを狙って設計されるという望目特性ではなく,ピュア・スポーツを名乗るために超えているべきハードルという捉え方が当たっているように思えます.また,特にスポーツ車では同じ車種でも新型になるとトレッドが拡張される傾向はあると思うので,今回は現行車種だけに絞りましたが,過去のクルマも載せてみると,時間的変化が読めるかもしれないなど,いろいろと想像してみています.
(終わり)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター