FC2ブログ

伊藤 恵 ピアノ・リサイタル

これも3週間が経ってしまいましたが,すばらしい演奏会でした.川西市・みつなかホール.

20170715.jpg


ここ何年か,シューベルトのピアノソナタが胸に染みるようになってきました.わずか31歳で世を去った若者の音楽が私のように高齢者の仲間入りに近い年齢になってから理解できるようになるというところに,芸術の持つ不思議な力を感じます.

私の妹は十代の頃までピアノを習っていて,モーツァルトやベートーヴェンのピアノソナタを練習していました.その頃の教則本がまだ家に残っているのですが,最後のほうのページに印刷されているリストを見ると,シューベルトのピアノソナタなんて1曲も見当たりません.たぶん40年以上前には一般人が練習用に弾くという需要などほとんどなかったのかなと思われます.

しかし最近では日本人ピアニストでも内田光子のような大家がシューベルトのピアノソナタ選集(完成曲全集)を録音したりして,現代にも通用する普遍的音楽としての認識は完全に定着したと言えます.今回聴いた伊藤恵もまた,とりわけ熱心にシューベルトの音楽に取り組んでいる演奏家の一人です.この日はそのうち,第20番のピアノソナタが聴けるということで出かけました.演奏曲目は以下.

シューマン:アベッグ変奏曲 op.1
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第20番 D.959
- 休憩 -
ショパン:24の前奏曲 op.28

1曲目のシューマンは作品番号1番.まだ20歳のシューマンが書いた若々しく開放的な曲です.架空の伯爵令嬢の名をタイトルにしたというだけあって,若い女性の屈託ない笑い声が聞こえる気がしました.15年後,精神障害に悩まされて交響曲第2番の苦しいアダージョを書く人の片鱗はまったく見えません.

そしてシューベルト.この作曲家はとりわけベートーヴェンを意識した人であり,生きた時代もそれを意識せざるをえなかったわけですが,ピアノソナタで言えば特に第19番とこの第20番はベートーヴェン的な香りが濃厚な作品のように感じます.作曲されたのはシューベルトが亡くなる2ヶ月前.病状が進行し,絶望的といえる状況の中でシューベルトは後の時代に傑作と見なされるようになるピアノソナタを3曲完成させました.そのうちの一曲がこの20番です.

第1楽章は雄々しく立派に始まります.出だしからベートーヴェンの影響は明らかなようです.時折シューベルトらしい憂愁が顔を出す場面もありますが,それが支配的になることはなく,私には絶望の音楽には聞こえません.第2楽章アンダンティーノはさすがに沈痛で足取りが重く,このままどこへも行けないのではないかという無力感に苛まれます.

しかし第3楽章のスケルツォでは,苦難に満ちた状況においてユーモアのもつ力に気づき,精神の力を得て再スタートを切る意思を明確にするような音楽となり,そのままフィナーレへ.伊藤はゆったりめのテンポで,句読点のはっきりした演奏.前を向いた主題で,切迫感を持ちつつも生きようとする意思が伝わってくる気がしました.特に後半では間をたっぷり取って,今まで私が録音でこの曲を聴きながら聞き逃してしまってきたことをたくさんわからせてくれました.感動的で,終曲部分では涙が出ました.

休憩をはさんでショパン.前奏曲については,第15番の「雨だれ」が有名ですね.私はといえば,あまり言及されているところを見たことがない第13番嬰ヘ長調一択で,特にこの曲の後半部は身を固くして聴きました.ショパンがこの曲集を書いたのは30歳頃で,すでに肺疾患による体調悪化が深刻になっていました.軽い曲も多く含まれますが,込められた想いの痛切さではこの13番が一番だと思っています.

アンコールで登場した伊藤の話は,人柄の誠実さも感じられてとても好感が持てました.興味深かったのは,シューベルトの20番を絶望の歌と呼んだことです.上にも述べたように,私にはこの曲がそんなふうには聞こえず,特にフィナーレは憂いを含みながらも表明された生への賛歌のように響きました.私が楽天的すぎるのか,耳がおかしいのか,まあ両方なのかもしれないけれど,なんていい曲なんだろうと感じたことは確かです.弾き手の意図とは違っても,聴き手がハッピーになったのだから,すばらしい演奏だったに違いありません.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター