FC2ブログ

熊野三山に参詣する -前半

私はこれまで,熊野本宮大社だけは二度参詣したことがあるものの,新宮周辺の二つの社へは那智の滝を含めて一度も行ったことがありませんでした.すべて見てこようというツアーです.とは言っても,これはもう半年も前6月上旬の話.梅雨入り直前,景色も緑が重ったるいばかりで大して写真も撮らなかったこともあって放置していたのを今頃アップしています.

いつものように湾岸線を南下.まずは本宮大社を目指します.距離的にはともかく,時間的には田辺まで行って熊野街道(中辺路)を辿るのが早いはずですが,今回はあえて五条からR168を南下し,十津川村を越えて本宮に至るコースを取りました.これまで走ったことがなかったので.

梅雨入り間近とは思えない快晴でした.近畿道美原JCTから南阪奈道に入り,京阪奈道を経てR24へ.五条まで行ってR168へ左折したら,後はひたすら南下します.山が深いです.神武天皇が東征時に難渋したのも無理ありません.


20171220_1.jpg
20171220_0.jpg


出発して4時間近く,ようやく熊野本宮大社着.神武天皇を導いた八咫烏に迎えられ,鳥居をくぐって石段を登ります.言うまでもなく旧社地はかつて熊野川・音無川・岩田川の三川合流地点中洲にある大斎原でしたが,130年ほど前の水害で現在の場所に移されています.

20171220_2.jpg20171220_3.jpg

大しめ縄をかけられた神門をくぐって神殿に入ります.中には多くの神様を祀ってあり,参拝順序も決められているようなのですが,これはいつも適当になります.写真は撮影禁止なので,外からだけ.


20171220_4.jpg


昼ご飯を食べ(たはずだがどこで何を食べたか忘れてしまった),規定順路に従い次は新宮へ.熊野川対岸にくっきりとした柱状節理が見えてきます.これほど大きいものではなくても,この辺りの熊野川沿いでは至る所に確認できるようです.私にとっては,南紀で柱状節理と言えば,やはり楯ヶ崎を思い出さないわけにはいきません.


20171220_5.jpg
楯ヶ


本宮大社からは40分ほどで熊野速玉大社到着.朱塗りの拝殿前には歴代上皇・法皇・女院の熊野御幸記録を記した石碑が建てられていました.ここを新宮と呼ぶのは,熊野速玉大社の主祭神の一とされている熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)が元々祀られていた神倉山上の社殿-神倉神社-を元宮とするからのようです.

20171220_6.jpg20171220_7.jpg  


(後半へ続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター