エルガーの交響曲第1番とヴァイオリン協奏曲を聴く

演奏機会の少ないエルガーのヴァイオリン協奏曲が聴けました.兵庫県立芸術文化センター.

20170503.jpg


以前,このヴァイオリン協奏曲をヒラリー・ハーンが弾いたアルバムのことに触れたことがあります.そこでも書いたように,とにかくこの曲は演奏時間が長い.特に第3楽章が長い.第1,第2楽章の美点は理解しつつも,第3楽章のいつ終わるともつかない独白には辟易させられる・・・ 演奏機会が少ないのは,そんなところに理由があるのかもしれません.

もちろん,私自身はこの曲が大好きです.最終章は何が言いたいのかよくはわからないけれど,この切実さには耳を傾けざるをえないというようなところがあります.それにしてもイギリス人というのはこういう人たちなのかな.

ヴァイオリンは,この曲の演奏をライフワークとしているという漆原朝子.指揮はイギリスのジョセフ・ウォルフ.古典的な協奏曲は室内楽的な小規模編成で演奏されるのが常ですが,この曲でのPACオケは交響曲に匹敵する編成でした.

比較的長い導入部を経て入ってきた漆原のヴァイオリンは,美音というよりは陰影の強さを感じる暗めの音色ですが,この曲にはよくマッチしているように思いました.翳りのある曲調で叙情的ではありますが,一方できりりと背筋が伸びるようなところがあって,情緒に流れるような場面は一切ありません.第3楽章をライブで聴けたのは本当によかった.独白の過程にある種の逡巡は感じるものの,真実味にあふれた音楽で感動的でした.エルガーの協奏曲は,有名ヴァイオリニストなら誰でも録音しているというものではないので,漆原の録音が待たれます.

休憩をはさんで交響曲第1番です.こちらは比較的演奏されているようですが,私は初めてライブで聴きます.20世紀の音楽としては古風な感じがしますが,19世紀のブラームスとは違うし,もちろんブルックナーとも違う.チャイコフスキーとはもっと違うし,シベリウスほどのローカル性は感じない.しかし“英国的威厳”みたいなものがあるとしたら,まさにこうしたものだろうと思われる気風に満ちています.

そういう意味でのローカル性は確かにあって,この曲が英米で特に人気が高いと言われるのも頷けます.変イ長調という,弦楽には適さないとされて交響曲にはあまり使用されない調で書かれているせいか,第1楽章の行進曲風の場面でもどこか足取りが重めです.こういうところがアングロ・サクソン的自律の表明なのかもしれません.

前半も後半もすばらしい演奏で,観客からはアンコールを求める拍手が止みませんでしたが,結局指揮者とヴァイオリニストがそれに応えることはありませんでした.私はこの日のプログラムであれば,アンコールはなくてよかったと思います.


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター