熊谷守一展

明治から昭和にかけて97年の生涯を絵画系術に捧げた熊谷守一(1880-1977)の絵画と書.香雪美術館.

20170411.jpg


パンフレットの『猫』は85歳の時の作品.たった5色の平面的な塗りと塗り残しの輪郭線だけで構成されていて,一見さらさらと描かれたように見える画です.しかし,スケッチブックにはもとになった2匹の猫のスケッチが多数残されていて,この線と面にたどり着くまでに長い検討の時間があったことがわかります.

暗い色調の自画像『蝋燭』や筆あとが生々しく残る『向日葵』,あるいは『ハルシャ菊と百合』など,若い頃の作品は筆遣いが大胆で,時に荒々しいと言えるほどです.困窮で自分の子どもを3人も亡くしながら,描きたいものしか描かないという姿勢を貫いた頑なさが,作品にも表われているようです.

しかしそうした筆致は年齢を重ねるにつれて影を潜め,50代で描いた『長良川』はとても穏やかな情景ですし,同じ頃墨の単色で描かれた『蒲公英(たんぽぽ)に蝦蟇(がま)』のガマは無表情だけれどどこか剽軽な味わいがあります.また『高原の秋』は筆致こそやや荒さを残していますが,ひんやりとした空気に包まれた晩秋の雰囲気が静謐です.『鯰』は制作年不詳とされていますが,50から60代にかけての作品ではないかという気がしました.やはりこの香雪美術館で見た中川一政の『鯰』を思い出さないわけにはいきませんでした.

そして70代で熊谷芸術はほぼ完成をみるようです.74歳の『ハルシャ菊』.冒頭の『猫』ほどには単純化されませんが,それでもディテールは省かれ,平坦な面で構成される画面には渋い味わいがあります.地面のカタツムリにもどこかほっとさせられます.池の『石亀』ののどかさ,ほとんど抽象と言ってもいい『白梅』の潔よさ.

こうした簡潔さに至るまでには,しかし人知れぬ苦闘があったに違いありません.観察に観察を重ねた末に,対象が相対化されてはじめて個別の猫はカッコ付きの「猫」となる.冒頭の『猫』のスケッチもそうですが,代表作の一つとされる『ヤキバノカエリ』にも構成を繰り返し検討したスケッチが残っています.自分の子どもの骨箱を持って帰る道すがらの様子を描いたもので,これほどの悲嘆はこうした相対化を通してしか描けなかったのではないだろうかとも思いました.

困難な人生であったろうと思いますが,晩年,同世代の友人が「もう真っ平だ」と言うのを聞いて,「いや俺は何度でも生きるよ」と言ったそうです.飄逸に見える作風の向こうに,芸術の力への信奉が垣間見えます.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター