クラーナハ展―500年後の誘惑

国立国際美術館.見にいってからひと月近くが経ってしまいました.

20170328.jpg


ルカス・クラーナハ(1472-1553)はドイツ・ルネサンス期の画家であり,大絵画工房の経営者にしてヴィッテンベルクの市長でもあったという人物です.イタリアで言えばミケランジェロ(1475-1564年)とほぼ同期.レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)やラファエロ(1483-1520)とも同時代人と言っていいと思いますが,私はこれまでまったく名前を聞いたことのなかった画家でした.

同名の息子がいて,やはり画家として工房の運営を引き継いだので,区別するときはルカス・クラーナハ(子)と表記されます.注目されるのは(父)の方.展示は様々な側面から以下のように分割されていました.

1.蛇の紋章とともに -宮廷画家としてのクラーナハ
2.時代の相貌 -肖像画家としてのクラーナハ
3.グラフィズムの実験 -版画家としてのクラーナハ
4.時を超えるアンビヴァレンス -裸体表現の諸相
5.誘惑する絵 -「女のちから」というテーマ系
6.宗教改革の「顔」たち -ルターを超えて

1.の「蛇の紋章」というのは,ザクセン選帝侯に見出されて宮廷画家となってから授かったもので,多くの作品にサインとして残されました.翼のある蛇が指輪をくわえています.2.では宮廷画家としての比較的スタンダードな作品を見ることができますが,大画面の肖像画作品一面に極細密な描写が施されているのに驚かされます.

3.の版画のテーマは聖書に基づくものが多かったようですが,どこか判じ絵のようなところがあって肉筆画の重厚とはかなり作風が異なります.そして,われわれ現代人がクラーナハ作品について抱く関心の中核は4.と5.の女性の裸体と彼女らのしたたかな振る舞いの表現にあります.

まず,有名な『ヴィーナス』.それほど大きな作品ではありません.そして,ヴィーナスというにはあまりに蠱惑的で,透明なヴェールをまとっていることもあって,ほとんど淫靡と言ってしまいたいような雰囲気が漂っています.このヴィーナスのプロポーションが現実の人体とはかけ離れていることがその一因でもあります.さらにこの作品のヴィーナスのポーズを実際にモデルを使って再現する試みをTV番組で見ましたが,プロのモデルでも数分は保たないほど不自然だとのこと.

こうした作品の多くは,クラーナハが仕えていたザクセン選帝侯が,男性貴族にプレゼントするために描かせたとも言われていて,そうだとすれば,作品のサイズの小ささも納得できる気がします.大きな部屋の壁に架けて堂々と鑑賞するといったものでは,少なくとも当時はなかったのではないか.

上のパンフレットに使われている作品『正義の寓意』は,剣と天秤を手にした女神という古典的テーマであるにもかかわらず,裸体の女神はやはり透明なヴェールを身に着けていて,かつ鑑賞者の視線が必ず彼女の局所に導かれるような仕掛けが施してあります.その部分は上のパンフレットではトリミングして使用されていますが.

切り取った敵将の首を平然と保つユディトや,自分に夢中な金満老人を受け入れつつ見下す若い女など,女性のしたたかな強さに注がれるクラーナハの視線は鮮烈です.それと同時に,当時勃興しつつあった宗教革命の潮流の中で,その中心にいたマルティン・ルターと親交を持ち,生き生きとした肖像画を残しています.一つのモノサシで計ることのできない巨大人格であったことが窺えます.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター