「拝啓ルノワール先生 -梅原龍三郎が出会った西洋美術」展

ルノワールを師と仰いで親交の深かった梅原龍三郎の作品展.あべのハルカス美術館.

20170310.jpg


昨年4月に京都でルノワール展を見て,楽しかったのだけど,さすがにほとんどずべてが女性像というのに少し食傷したのもまた事実でした.それで今回はちょっと迷ました.でも本展は梅原龍三郎との関係を解き明かすことが目的で,梅原の作品やルノワール以外の作品も出展されているということもあって,結局見に行くことにしたのでした.

展示は6つの区画に分けられています.
1.ルノワールとの出会い
2.梅原龍三郎 掌の小品
3.私蔵品から公的コレクションへ
4.交友と共鳴 梅原と時代,梅原の時代
5.ルノワールの死
6.ルノワールの遺産

梅原は1908年に渡仏してルノワールと会っていますが,1.では渡仏直後の時代の作品が多く集められています.「画をなすものは手ではない,眼である.観察すべし」.しかし必ずしもルノワールだけを追求したというわけではなく,『自画像』はフォービズム風.

2.では梅原自身が収集したルノワールの作品が中心に展示されていました.続く3.ではルノワールだけでなく,ドガやピカソも.私はルオーの『エバイ(びっくりした男)』と『聖書の風景』に惹かれます.いずれも晩年の作品で,若い頃の作品に見られた絶望的な苦しみの描出から解放され,穏やかな画風に行き着いたことがわかります.また,紀元前2000年頃のキュクラテス彫刻『ヴァイオリン型の女性偶像』は,モディリアニの作品かと思うような近代性を感じさせて見る者を驚かせます.

4.では,ルノワール以外にパリ時代に梅原と交友関係があったり影響を受けたと考えられる画家たちの作品です.マティス,ブラック,セザンヌ.そして再びピカソとルオー.ピサロとモネの印象主義絵画も含まれています.梅原は大津絵にも深い関心を持っていたようで,作者不詳の2点が展示されていました.

5.では何と言ってもルノワールの『パリスの審判』と,ほぼ同じ構図で描かれた梅原による同名作品が注目です.梅原の“模写”であると伝えられていますが,太い輪郭線や豪放なタッチ,素朴で活き活きした表情など,まったく異なった世界が描出されていて興味が尽きません.

最後の6.では,梅原晩年の作品を中心に,ルノワール自身やその作品との関連が示唆されます.本展では,ルノワールからの影響の大きさを知るというより,薫陶を受けたルノワールへの,梅原からの返答を見たような思いがしました.


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター