映画 『グレート・ミュージアム -ハプスブルク家からの招待状』

ウィーン美術史美術館内美術収集室の改修工事のドキュメンタリー.シネ・リーブル梅田.もう2月も下旬か.見てから随分時間が経ってしまいましたが,メモを残しておきます.

20161231.jpg


有名美術館の舞台裏を記録した映像というと,2年ほど前に見たロンドンのナショナル・ギャラリーについてのドキュメンタリーが思い出されます.あれも力作でしたが,本作も見所の多い作品であったと思います.

ウィーン美術史美術館はもともと歴代ハプスブルク家が蒐集した美術・工芸収蔵品を展示するための施設で,内部はいくつかの部屋から構成されているようです.本作は,2012年にそのうちの中核たる「ヴンダーカンマ-(美術収集室)」が改装されていく過程を中心に,美術館内の様々な活動を追っています.

これだけの歴史ある美術館でも,そのブランド価値の維持向上のために会議が開かれ,厳しい議論が継続されていることに感銘と,ある種のやるせなさを感じます.「持っている」だけではやっていけないのだと.美術収集室の改装もそうした美術館改革の一環のようです.

経営上の活動と同時に,もちろん美術館本来の作業も淡々と続けられています.ルーベンスの絵画の鑑定の現場にカメラが入っていましたが,修復家の推論の過程に説得力がありました.その修復活動については,現代科学技術が大きく関与するので,上述のナショナル・ギャラリーに関するドキュメンタリー以来興味があるのですが,ここではそうした側面よりは修復家たちの地道な活動の方により焦点が当てられていたようです.

「職場」としての美術館にも触れられています.新たな収蔵品獲得のために担当者がオークションに出向きますが,結局予算不足で目当ての作品を逃してしまう場面など,自分とはまったく異なる業種とは言え,何となく身につまされるものがあります.またどこの企業にも言えることですが,一般に専門性が高いとみなされる職員と,必ずしもそうは考えられていない職員が働いていて,多くの場合支払われる給与も異なるのが普通です.ここでも,いわゆる「お客様係」の女性が,「自分たちの仕事も等分に重要であって下っ端ではない」と主張するシーンが捉えられていました.

ナレーションも音楽もないダイレクトシネマで,まあ地味すぎるほど地味な映画ですが,馬齢を重ねて経験だけは積み重なってきた者には,却ってこういう余計な脚色が一切ないもののほうが心に触れる部分が多いかもしれません.


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター