理髪店で聴いたジャズ -「ウォーター・ベイビーズ」 マイルス・デイヴィス

1976年マイルス引退期間中に発表された60年代未発表音源集.アナログ盤で聴かせてくれました.


ウォーター・ベイビーズ
ジャズ

このブログでマイルスの作品を採り上げるのは初.それがこの「アルバムにまではできなかった残り物集」というのは,しかし私としては何の意図もありません.残り物だろうと何だろうと,やはりこの音楽は到底「聴き捨てならない」ものを持っています.

A面が1967年6月,B面が1968年11月の録音.エレクトリックマイルス移行期にあたり,A面は“あの”クインテットなのに対し,B面はキーボードでハンコックに加えてチック・コリアが入り,ベースはデイヴ・ホランドに替わっています.マイルス名義とは言え,アルバム5曲中4曲までがウェイン・ショーターのオリジナルで,特にA面はこの人独自の漆黒の世界を,マイルスのトランペットが時に切り裂き,時に漂うといった風情.

A面に収められた『Water Babies』, 『Capricorn』,『Sweet Pea』といった美・名曲群が怖ろしいほどの緊密感をもって迫ってくるの較べ,B面の2曲はさすがにやや散漫な印象を免れません.古典的なクインテットでやるべきことをやってしまったマイルスが,さらに前進するために行った実験と捉えるべきなのかもしれません.

なお,ショーター自身もまた,電子化路線上でこれら3曲の解体と再構築を進め,1969年にはブルーノートにおける自己名義盤『スーパー・ノヴァ』で再演しています.ジャック・デジョネット(ds),ミロスラフ・ヴィトウス(b),ジョン・マクラフリン(g)といった新時代の精鋭によって形成される土台の上で,ショーターはテナーではなくソプラノ・サックスだけを吹いています.そこにはいないマイルスとの二役を演じたかったのかもしれません.


スーパー・ノヴァ
ジャズ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター