ドライブレコーダーをリプレース(後編)

動画の画質についても大きな違いがあります.まずレンズの画角.BLWは水平65°で,現在の一般的なドラレコの中には,こんなに狭いものはないと思います.KENWOODは100°で,まず一般的か,これでもやや狭めかというところ.下の2枚のスナップショットは,上がBLW,下がKENWOODです.肉眼で見たときの遠近感に近いのはBLWの方だと思います.KENWOODは魚眼系レンズ特有の周縁部の歪みが顕著で,遠近感もかなり誇張されます.

万一の事故の際の記録映像を残すというドラレコ本来の目的からすれば,これくらい広い画角が必要なのかもしれませんが,絵柄を見てもわかるように,相当なデジタル加工を施されていることも含め,かなりの異界感で目が回りそうです.

20160315_3.jpg


20160315_4.jpg


これまで,カーナビで自車位置が採れなくなる現象は,直前まで何ともなかったのに高速から下りてICのループをぐるっと一周すると,もうどこにいるかわからなくなるという具合でした.しばらくこの状態であちこち走ってみないと,大丈夫かどうかは断言できません.確認にはもうしばらく時間がかかりそうです.

ドラレコ本体の使い勝手に関しては,次の2点で本体ソフトウェアの改良を望みたいですね.

1.記録領域の分割を任意にしたい
 記憶領域として使うmicroSDカードは(1)通常録画,(2) 緊急録画,(3)駐車録画,(4)写真 の4領域に分割します.この分割設定が4パターンに決められてしまっていて,ユーザは任意に設定できません.緊急録画というのは,まさに事故が起こった時など,大きな加速度(減速度)がかかった時に,後でそのデータが上書きされてしまわないように通常記録領域とは別の領域に書き込むために設定されます.事故とまでいかなくても,たとえばちょっと思い切ってコーナーに突っ込んだ時,デフォルトだと約1.5Gの横Gがかかると“ピッ”と警告音がして,その時にメモリ上にあるスレッドのデータを緊急録画領域に書込みます.
 実際にこうしたことが起こることは稀なので,できるだけSDカードの容量を有効に使うためには通常録画の書込み領域を増やしたいのですが,最も割り当てを大きく取れる設定にしても,32GBを挿して最大20GB程度しか通常録画に使えません.これでは実質3時間20分の録画しか残らないことになります.この点は本当に何とかしてほしいですね.

2.1ファイルへの記録時間を任意に設定したい
 KENWOOD KNA-DR300では,1ファイルあたりの記録時間を 1分/3分/5分 の3通りに設定します.大容量のSDカードを挿して1日走ると,膨大な数のMOVファイルと,それに対応したNMEAファイルが生成されます.メインメモリの制約でしょうが,せめて[10分]が設定できるとありがたいですね.

それでも,GPSデータを受信できる機能が付いて,これまでとは違ったおもしろさがあります.ROUTE WATCHERというビューア・ソフトが付いてきて,それを使うと,PCがネットワークにつながっていればGoogle map上にルートをマップしてくれますし,精度は不明ながら位置と時間のデータから速度と加速度を算出して表示してくれます.画面のスナップショットなんか,うっかりこんなところに貼れませんね.

ただ,このROUTE WATCHER,管理者権限がないと動かないという何ソレなソフトです.私がインストールの方法を間違っているのかな.本当にただのビューアなのですが,このソフト上で複数のMOVファイルをNMEAファイルとセットでマージしてくれる機能を付けてくれないかなどと,欲張りなことを考えております.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター