今年もカトリック夙川教会でクリスマス・コンサート

今年のクリスマスも昨年と同様,テレマン室内オーケストラと室内合唱団のクリスマス・オラトリオを聴きに,カトリック夙川教会へ行ってきました.今年は前半にヘンデルのメサイアが演奏されるのも楽しみです.

20151230_0.jpg


教会も電飾されています.キリスト教の教会ですから,クリスマスを祝うのは自然です.去年ほど寒くありません.東の夜空には満月が煌々と輝いていました.

20151230_1.jpg

20151230_3.jpg    20151230_2.jpg


手続きを済ませてチャペルへ.席は自由です.着いたのが去年よりだいぶ早かったので,今年は真ん中あたりのいい席に座らせてもらいました.しばらく待つと,ほぼ定刻に前半の『メサイア』が始まりました.合唱やアリアのパートでは,オケと合唱隊が並ぶ頭上に和訳された歌詞が投影されます.ときどきそれを見上げて,物語の進行状況を把握します.

ソロ歌手では,昨年も感じたとおり,テノールとバスが大変立派でした.たぶん私は男性歌手のリサイタルは聴いたことがないと思いますが,今回は比較的近くで聴けたので,歌手の身体全体が楽器の働きをしていることが納得できた気がします.

メサイアは第1部だけが演奏されましたが,終わり近くで現われるソプラノとアルトの二重唱『神は羊飼いのようにその群れを養い』は,先日エマ・カークビーも歌ってくれました.

後半は本題のバッハ『クリスマス・オラトリオ』.これは昨年同様第3部までの演奏です.ティンパニが入り,管楽器も前面に出てきて祝祭的雰囲気が高まります.これも去年書いたことですが,第1部と第3部で活躍するトランペットの首席奏者がすばらしいですね.よく作り込まれた大排気量エンジンが軽々と回っている感じ.音の立ち上がりが最高です.これだけでも,音楽を聴く愉しみが満たされる思いがします.

最後はクリスマス・キャロルを一緒に歌います.『諸人こぞりて』の歌詞も部分的にしか覚えていないので,頭上に投影された字句を追います.ふと,昔綾戸智恵が,「上を向いて歌えば何でもゴスペルになる」と言っていたのを思い出しました.もちろんこれは本物の賛美歌です.

やっぱりクリスマスの夜に教会で音楽というのはいい.今回も去年と同じく妻と私の母と3人で聴いたのですが,キリスト教自体には何の関心もない85歳の母が毎年一緒に来たがる理由がなんとなくわかる気がします.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター