2015年北海道ツーリング 4 日目(8月8日)後半 能取湖・能取岬

ワッカ・ネイチャーセンターから能取湖へ向います.R238を進み,常呂を過ぎたあたりで能取湖北岸を構成する半島へ左折.牧草地の中を進んでゆくと,能取岬を対岸に望む場所に出ます.


20150808_11.jpg


巻いてからしばらく天日に干された牧草ロールが散在しています.やや崩れた位置の規則性が心地よい感じ.その向こうは方角によってオホーツクの海が見えたり,能取湖が見えたり.時刻は15:30で,まだ陽射しは強いものの,それでも少し傾いて真昼に較べると柔らかくなりました.草の香りの中で風に吹かれ,何を思うでもなく,とりたてて何を話すわけでもなく.空には絹雲がかかり,おそらくはこの好天が束の間の贈り物であることを示唆していました.

20150808_9.jpg 
 
20150808_10.jpg 
 
20150808_18.jpg 20150808_17.jpg


再びR238へ戻り,能取PAへ.サンゴ草の色づきには1ヵ月以上早いんですかね.私はまだ見たことがありません.

20150808_12.jpg


R238をさらに進み,左折して美岬ラインへ.今度は左に能取湖を見ながら北上します.湖岸ぎりぎりを走る区間も多く,この日のような好天なら大変爽快なドライブができます.やがて道は右にカーブしてゆき,岬の先端とその上に立つ能取岬灯台が視界に飛び込んできました.

20150808_13.jpg


岬へのアプローチ.林の中を進んでゆくと,正面に灯台の上部が見えます.この先を左に曲がったところで,今日はどんな風景が見られるんだろうといつもわくわくします.

20150808_14.jpg


そして下ってゆくスロープの途中にZ4を停め,ここまで来ることができたことに感謝します.ここに長時間停めるのは他車に少し迷惑ですが,眼前に広がるオホーツクと右手の牧場,そして灯台を一目で俯瞰できるこの場所はすばらしい.陽が少し陰ってしまいましたが,それはそれとして受け入れましょう.

20150808_15.jpg 



多くの灯台が岬の先端,細いリッジの上に立てられていることが多いのに対し,この能取岬灯台の周囲は広い台地になっていて,どこかおおらかです.つい長居してしまうのはそのためでしょうかね.しかしこの日は夕日を待つのはやめ,早めに網走に入りました.


20150808_16.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター