再び四国へ: 1日目・高知県立牧野植物園

ここのところ休日はフルに出かけているのに平日は忙しい状態が続いていて,見てきたものをまとめる時間がなかなかありませんでした.

さて,3月に続いて再び四国へ行ったことを書いておきます.前回素通りした高知市内でしたが,新緑の季節になったので以前から一度行ってみたいと思っていた牧野植物園が最初の目的地でした.

20150425_14.jpg


言うまでもなく,高知県出身で日本植物学の始祖・牧野富太郎(1862 - 1957)にちなんだ植物園です.牧野の学歴は小学校卒ですが,ほぼ独学で研究を続けて帝大(東大)講師となりました.しかし博士の学位を持たなかったため,その業績に対して相応の地位を与えられたとは言えません.

現在でこそ学位を持たない東大教授も存在するわけですが,当時はそうした例外は到底認められませんでした.65歳でやっと博士号を取得しましたが,結局教授にはなれませんでした.こうした境遇,経済観念のまったくない破天荒でアクの強い人柄などが,かえって在野の人々からは支持され,人気があったようです.

ちょっと南方熊楠に通ずるものも感じます.権威の中枢からは少し離れたところにいるスーパー実力者.博覧強記.膨大な量の観察と収集を積み重ねると,人間は似てくるんでしょうかね.園内には記念館もあり,牧野が音楽活動をしていたことも初めて知りました.妻をはじめとして彼を支えた人たちは苦労が絶えなかったでしょうが,本人は苦悩とはあまり縁がなかったように感じます.

植物園としての規模はそれほど大きくはないと思いますが,園内は起伏に富み,眺望があって歩いて楽しい場所です.また,育てられている植物のことごとくにきちんと標識が付けられ,「これは何だろう」とわからないままになることがほとんどありません.

観察し,写真を撮りながら歩き,木陰でおやつを食べながら休んでいると,あっという間に2~3時間が経ってしまいます.実に居心地の良い植物園.巨大な温室も整備されていますが,もう一つ行きたい場所もあったので,結局入れずじまいでした.メモとして何枚かの写真を載せておきますが,意味不明はご寛恕のほど.


20150425_11.jpg20150425_12.jpg


20150425_1.jpg 20150425_4.jpg

20150425_2.jpg 20150425_5.jpg

20150425_3.jpg 20150425_8.jpg

20150425_6.jpg 20150425_7.jpg

 
20150425_9.jpg 20150425_13.jpg

20150425_10.jpg



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター