金村 修写真展:Ansel Adams Sturdust(You are not alone)

ニコンプラザ大阪.

20150115.jpg

先日,橘野 栄二の写真展『命の森 九州』をキャノンギャラリーで見た後にニコンプラザ大阪に立ち寄ってこの展覧会を見ました.『命の森 九州』とはあまりにも異なる作風で,正直何も書けそうにありません.メモだけ残しておきます.

会場の壁いっぱいに,大判の印画紙に現像されたモノクロ作品が額にも入れられず無造作にピン留めされています.ほとんど隙間なく貼られていて,壁面は見えません.画面は現像液のムラのようなもので汚れたままになっており,四隅も裁断されないまま残されています.

会場の第一印象は,消火後の火災現場です.どの作品も焼け焦げたように見えました.何かとんでもなく陰惨なものが写っているような錯覚にとらわれましたが,被写体となっているのはどこにでもありそうな,雑然とした都市の裏通りのような景観がほとんどです.

そこには,私が普通感じる美しさの一片もなく,また感動的だと思えるコンテクストもありません.一生懸命意味のある物語を探そうとするのだけれど,あたかもそれ自体が無意味な行為であるかのような無機性に進路を阻まれます.

私たちをとりまく状況が大きく変わる直前の不穏さのようなものを味わい,思わず知らずその気配を嗅ぎ取ろうとする行為を促されることが,この展覧会全体のもつ意味なのかもしれません.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター