伊丹stageで聴いたジャズ -「静かなるケニー」 ケニー・ドーハム

JR伊丹駅の近くにstageというジャズのライブハウスがあって,ライブのないときはジャズ喫茶として営業しています.先日久しぶりに立ち寄ったときにかかっていたのがこのディスクです.平均すると年2回くらいしか足を運んでいないと思いますが,昨年もここでこのディスクを聴きました.きっと店の方のお気に入りなのでしょう.


静かなるケニー
ジャズ

1. Lotus Blossom
2. My Ideal
3. Blue Friday
4. Alone Together
5. Blue Spring Shuffle
6. I Had The Craziest Dream
7. Old Folks
8. Mack The Knife


もっともこのディスクは日本のジャズファンに昔から大人気で,「一生モノ」という人も大勢います.この時代(録音は1959年)のトランペットのワンホーンアルバムというのは数が少なく,日本のラッパ好きはそれらを虎の子のように大切に大切に聴いてきたわけです.このアルバムではスタンダードな歌物を中心にブルースが織り交ぜられ,選曲も嫌みがない上に,ピアノはトミフラです.人気があるのは当然だろうと思います.

そうは思いつつ,私自身は正直このアルバムをそれほど愛聴してきたわけではありません.かなり哀感にかたよった表現と,どうにも細くヒョロヒョロと聞こえるラッパの音色で,もう少しジャズらしい飄逸が潜んでいてほしいというのは無理な注文なのでしょうかね.

レーベルはニュー・ジャズ.バリバリのバッパーであったケニー・ドーハムにこういう穏やかな演奏をやらせたという点で,逆にかなりな挑戦だったのかもしれません.音楽として緊密な内容を持っていながらお風呂上がりのようなリラックスした気分になれるディスクで,日本のジャズファンに愛される条件を充分に備えているとは思います.


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター