チャイコフスキー 交響曲第4番

先日聴いたチャイコフスキーの交響曲第4番のCDです.

いつも言っているようにチャイコフスキーは苦手で,好んで聴いてはいません.したがって持っているディスクも限られたものです.1つめは,この曲の名演奏として定評のあるムラヴィンスキー.


チャイコフスキー:交響曲第4-6番
クラシック音楽

4番だけでなく,5,6番を含めた3曲が2枚のディスクに収められています.5番が2枚のディスクにまたがっていることについて,アマゾンのレビューではかなり否定的な意見が多いようですが,私は全然気にしません.何より安価なのはありがたい.LPではいずれにしても第2楽章が終わったところでアームを上げ,ひっくり返していたわけですから.

1960年のステレオ録音で,優秀とは言えないまでも音はそれほど悪くありません.ただ,ステレオ初期の録音にありがちなことですが,音が左右のチャンネルから分離されて出てくる中抜け型の音場が若干気になります.まあ聴いているうちに気にならなくはなりますが.

もう1枚は先日聴いたN響をアシュケナージが指揮した演奏です.

20140831.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
クラシック音楽

こちらは新しく,2004年の録音.EXTONレーベルで,まずは優秀録音と言っていいですが,やや素っ気ない印象もあります.もうすこし豊かな響きを録ってもいいと思います.響きがありすぎて大時代的なチャイコフスキーになることを避けたのかもしれません.

素っ気なく感じるのはアシュケナージの指揮にも起因すると思います.あまりウェットな表現にならないように意図したことは感じられますが,小節ごとに区切りが入るようにリズムが刻まれ,楽想が寸断されて集中できない箇所があります.率直に言って先日のパスカル・ロフェによる演奏の方がずっと良かったように思います.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター