モルゴーア・クァルテットが演奏したプログレ曲

しつこいですが再びこの話題です.先日,録画したこのカルテットのビデオを見ました.メンバーのインタビューもあって裏話がいろいろ聞けました.一番可笑しかったのは,そもそもプログレ好きなのは第1ヴァイオリンの荒井だけで,他の3人は荒井とレコード会社スタッフにまあいわば引きずられるような形でプログレに付き合わされているようだということです.

荒井が編曲を終えると,その曲が入っているCDが他の3人に配布され,強制的に聴かされるのだそうです.楽譜だけでは伝わらないことはもちろんあるので,オリジナルを聴いてくれと.ずっとまじめにクラシック音楽をやってきて,音楽家として充分以上の社会的地位を得た人たちなのに,こんな羽目になってほんとお気の毒です.

その原盤ですが,私先日ライブで聴いた曲の入ったアルバムは,すべて昔LPで買いました.懐かしいですね.該当するのは以下の3枚です.


原子心母/ピンク・フロイド
1. Atom Heart Mother
2. If
3. Summer '68
4. Fat Old Sun
5. Alan’s Psychedelic Breakfast



Red

1. Red/キング・クリムゾン
2. Fallen Angel
3. One More Red Nightmare
4. Providence
5. Starless



危機/イエス
1. Close To The Edge
2. And You And I
3. Siberian Khatru


これらのうち,「Red」と「危機」は今でも手元にありますが,「原子心母」は20歳になったころ中古レコード屋に売り払ってしまいました.私がロックを熱心に聴いたのは十代後半の3年間程で,当時誰もが聴いたディープ・パープルやレッド・ツェッペリンをはじめ,くだんのプログレ,あるいは少しさかのぼったところでブルースロック系のいくつかのバンドが中心でした.

高校から大学に入るころで当然レコードをたくさん買う金はありません.当時聴いていたロックよりもずっと古いジャズやもっと古いクラシック音楽が新鮮に感じ始めた頃,ほとんどのロックLPを売ってしまい,ジャズやクラシックのLPを買う資金の足しにしました.「原子心母」もそのように売ってしまった1枚です.

今考えれば,売ったところで大した額にはならなかったのだからあのまま持っていれば良かったのにと言いたいところですが,まあ当時はそれほど窮していたということではあります.下宿に閉じこもってレコードばかり聴いているわけにはいきません.ライブも聴きに行きたいし,持っていたバイクの維持費だってあるし,人並みに合コンだって行かなければ.

というわけで,イエスのLPも何枚か持っていたのですが,結局手元に残したのは上の「危機」だけでした.ただクリムゾンだけは売る気になれず,当時リリースされていた作品のほとんどはいまだにそのまま手元に残っています.今聴くとさすがに初期のものはちょっと苦しい面もありますが,後になるほどタイトで,特に海賊版で聴けるライブがすごいことは以前も書いたとおりです.
キング・クリムゾンの海賊版LP
キング・クリムゾンの海賊版LP (続き)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター