「水辺」の印象派展

セーヌ河畔とノルマンディ海岸という二つの水辺をテーマとした印象派絵画展.京都文化博物館

20140505.jpg


上の案内には印象派的作風であった時代のルノワールの名作が載せられていますが,本展の主役はシスレーとモネだと言っていいと思います.光のたっぷりある川岸のなんでもない風景を描いたピサロやシスレー.エトルタ海岸の風景を様々な視点から描いたモネやヨンキント.モネの睡蓮は当然水辺の絵画です.

今は5月の新緑の季節.阪神間から少し離れた郊外をZ4で走っていても,こうした印象派画家達が描いた風景をふと思い出させるようなシーンに出会うことがあります.写真が下手なのは目をつぶっていただくとして,たとえば下の田舎道のようなまったく何の変哲もない場所で,ふと立ち止まってしまうのがこの時期です.こうした明るい風景を,点描や点描に近い手法で描こうというのは,今になって思えばごく自然のように感じられます.

20140508.jpg



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター