天才の極印

モーツァルトの音楽は長いこと苦手でした.音数が少なく,単純すぎ,楽天的に過ぎる.早い話が子供っぽく,大人が真剣に聴くようなものではない気がして,いくら聴いても世のクラシック音楽ファンが褒めるほどには良さを理解できませんでした.

モーツァルト音楽の要諦は何なのか? それが知りたくて,若いころ最初に読んでみたのが小林秀雄の評論『モオツァルト』です.


モオツァルト・無常という事 (新潮文庫)
書籍

モーツァルトの作品ではきわめて数の少ない短調作品ばかり偏って採りあげているとか,オペラをほとんど無視しているとか,様々な批判は可能でしょう.しかしこの文章が,作曲家に対する敬意と愛情に満ちていることだけは確かです.

しかし小林秀雄の『モオツァルト』は,当時の私の疑問には応えてくれませんでした.モーツァルトとしてはシリアスな曲ばかり採りあげられていて,美しさや哀しさを説かれても「そりゃあそうでしょう」という感想しか持てなかったからです.むしろこの評論で,もっとも強く私の興味を惹いたのはモーツァルトが自分自身の作曲過程について語ったとされる手紙でした.そこにはたとえば以下のように驚くべきことが述べられています.

   構想は,宛も奔流の様に,実に鮮やかに心の中に姿を現します.然し,それが何処から来るのか,どうして現れるのか私には判らないし,私とてもこれに一指も触れることは出来ません.』
   それは,たとえどんなに長いものであろうとも,私の頭の中で実際に殆ど完成される.私は,丁度美しい一幅の絵或いは麗しい人でも見る様に,心のうちで,一目でそれを見渡します.』
   だから後で書く段になれば,脳髄という袋の中から,今申し上げたようにして蒐集したものを取り出してくるだけです.』

だから,自分は家族と無駄話をしながら作曲できるし,2曲を並行して作り出すこともできるのだというわけです.これはまったく信じがたいことですが,しかし確かにモーツァルトの自筆楽譜を見ると本当に美しくて修正がなく,作曲に伴う苦闘の過程がそのまま表われたようなベートーヴェンの楽譜などとは大きな違いがあります.

私は初めてこれを読んだとき,今で言うQRコードのようなものを思い浮かべました.当時はもちろんQRコードなどまだこの世に存在していなかったわけですが,シャノン流の符号理論は多少知っていたので,頭に浮かんだ抽象絵画的なイメージを復号して機械的に楽譜に起こしていくプロセスがぼんやりと思い浮かんだわけです.

この手紙にいたく感心した私は,これこそモーツァルトの天才の証だと思いました.モーツァルトの音楽を理解できるようになったわけではありませんでしたが,信じられないような才能を与えられた正真正銘の天才であることは間違いないと思ったのでした.
(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター