「Where is love?」 アイリーン・クラ-ル

葉を落とした冬木立の間を寒風が吹き抜けてゆくこの時期ですが,瀬戸内海型気候に属する阪神間では陽の射す日も多く,どこも行く予定がなくて特にプレッシャーのかかる仕事もない休日の午後など,部屋の中で窓際にいるとかなり暖かくてリラックスできるものです.

そうした,ちょっと外界から隔離された暖かい雰囲気を提供してくれるヴォーカル作品に,アイリーン・クラ-ルの「Where is love?」があります.1974年録音.


ホエア・イズ・ラブ?
ジャズ
1. I Like You, You're Nice
2. When I Look In Your Eyes
3. A Time for Love / Small World
4. Love Came On Stealthy Fingers
5. Never Let Me Go
6. Spring Can Really Hang You Up the Most
7. Lucky to Be Me / Some Other Time
8. Where Is Love?
9. Don't Look Back

ピアノだけをバックに,とても暖かい声で抑制されたバラードがメドレーのように歌い継がれます.それも,いわゆる有名スタンダード曲はほとんどなく,ジャズというくくりで聴こうとすると地味だと感じられて肩すかしを食うかもしれません.しかし静かな歌唱の奥に,それを達成するための苦闘が隠されていることを知ると,また違った風景が見えてくるようです.

クラ-ルはこの録音の4年後,アン・バートンと同じようにがんで亡くなりました.まだ46歳でした.この作品の録音をした時には自分の病気のことはすでに明らかになっており,ビジネスは少し脇に置いても自分の本当に歌いたいものだけを選んで録音し,残しておこうと考えていたようです.

流行と一切の外面性を排除して澄み切った境地の中に,ある種の諦念を湛えた希有な作品として,年をとるほどに良さがわかるアルバムだと思います.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター