写真甲子園2013

キヤノンギャラリーで今年の写真甲子園本戦の作品展を見ました.


20131130.jpg

写真甲子園はその名の通り高校生による写真選手権で,今年は20回の記念大会でした.本戦には全国から予選を勝ち抜いた20校が参加し,北海道の上川郡東川町をベースとした周辺地域で8月上旬の3日間のうちに設定されたテーマで撮影を行います.

今年の審査委員は立木義浩,竹田津実,米美知子等です.米は風景写真家として好きな作家の一人ですし,またキタキツネの写真家として有名な竹田津は10年ほど前からこの東川に自宅を構え,ここを拠点として悠々とした撮影活動を行っています.自宅の近くにはキトウシ森林公園が拡がり,竹田津本人の言葉によれば自宅を中心とした半径100メートルから動かずに写真を撮っているのだとか.

一帯は北海道内有数の稲作地域ですし,大雪山系や十勝連峰へもアクセスが良い場所で,被写体には事欠かないでしょう.今年のテーマ(毎年ほぼ同じ?)は自然・人間・風土です.1stステージは「自然」.フィールドは旭岳姿見の池周辺.夏の道央地方は本州並みの暑さになる日も多い地域ですが,今年の夏の北海道は雨がちの日が多く,この日もあまり天気が良くなかったのか各チームとも雨滴に濡れた草花などの写真が多く見られました.

2ndステージは「人間」.各チームのアプローチにも差が出てきます.老人や子供達といった「ひとびと」を被写体にする者,一人の農夫や作業者を追い続ける者など様々です.モノクロ作品も目立ちました.そして3rdステージは「風土」.テーマの抽象度がぐっと上がり,撮影にもきちんとした立脚点が求められるようになります.稲作風景や町の情景など,人と自然の関わり方を写し取ろうと試みた作品が多くなります.優勝した埼玉栄高校のチームの作品はけれん味がなく,対象をシンプルにまっすぐに見る姿勢が印象的でした.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター