ポルシェ911(991)カレラSカブリオレ試乗

今年もポルシェセンターから案内のダイレクトメールをもらったので,芦屋浜での試乗会に行ってきました.10月というのに,朝9:00に自宅を出るときにはZ4の温度計で27℃になっています.最高気温は30℃を超えそうですが,今日は私一人なので当然屋根を開けて名神・阪神高速を乗り継いで芦屋ICから会場の芦屋マリーナへ.


20131006_1.jpg


9:30に到着,10:00から受け付けるというのでしばらく待ってから行くと,もう列ができていました.昨年は素のボクスターに乗ったので,今度はボクスターSに乗ってみようと思っていたら,残念なことに今年は試乗車を用意していないとのこと.そこで選んだのがこれ.カレラSのカブリオレです.


20131006_2.jpg


試乗順は6番目で11:40から.あんなに早く来たのにな.しかしこれは予想していたので,Z4の運転席に座って窓を開け,ペットボトルに入れたお茶を飲みながら時間まで持参した本を読んで過ごしました.さすがに真夏とは違い,30℃近いとは言っても比較的乾燥しているのでまだ楽です.

さて試乗.いつもの通り,最初は若い担当者の運転で.コースはと尋ねると高速を走るというので,下道にしてくれと頼んでコース変更.往路は担当さんが運転しながらいろいろ説明してくれます.小さなコーナーをS字に見立てて曲がってもくれました.帰りは私が運転.やはりよく曲がります.ホイールベースはボクスター/ケイマンより25mm短い2450mm.ちなみにZ4が2495mm.やはりリアアクスルの後にエンジンを置くため,ミッドシップのボクスター/ケイマンより短くなるのでしょう.

エンジンは自然吸気の3.8Lで,400psの440N・m.車重は1500kgあるそうです.スペックだけ見るとやはりZ4に較べて二回りくらい強力そうですが,最大トルクは5600rpmまで回さないと発生しないので,静止状態から全開加速してみた感じでは,400N・mが1300rpmで出てしまうZ4-35iなら一般公道の速度域であればまったくついて行けないということはなさそうな気もします.ともあれ私にとっては35iのエンジンでも過剰性能なので,これ以上のものは望みません.

リアエンジンによるフロント軸重の小ささが,向きが変わる時の軽やかさに直結しているのでしょうね.ここはZ4が太刀打ちできないところで,素のカレラ,新旧のボクスター,そして今回のカブリオレと,どれに乗ってもそれは共通して感じられました.

ただ,私にはやはり横からのシルエットが気になります.エンジンが車体後端に置かれているせいで,そこがふくらんで見えます.屋根を開けた状態のカブリオレではさらにそのラインが強調され,これではどう見てもハチのお腹です.911もフォルクスワーゲンビートルも昆虫になぞらえて呼ばれるのは,やはりこのエンジンレイアウトに依るもので,私にとっては姿かたちがどうしても・・・  しかも車体後部には羽根まで生えています.

いずれにしてもこのクルマの価格は1700万円で,所有することはあり得ません.しかし911系がやたらに高い値付けになっているおかげで,ボクスター/ケイマンという現実的かつ本物のミッドシップスポーツカーが半額で射程に入るのはうれしいことです. もっとも半額でもそう簡単に手は出ませんけどね.

ボクスターSに乗れていれば911のことなど考えなかったと思います.どうもこのクルマ,私にとっては雑念のもとです.天気も良かったし,Z4で日本海でも見に行けば良かったかな.



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター