2013年東北ツーリング 5日目(8月13日) 後半:十和田湖から八戸・種差海岸へ

樹海を縫って走るワインディンゴロードを堪能した後は,一気に太平洋岸を目指します.目的地は種差海岸.若き東山魁夷がその作品「道」のイメージを得たということで,行ってみたかった場所です.

R103和井内交差点そばにある観光案内所で,八戸へ抜けるルートについて尋ねてみました.R454を走るつもりだったのですが,400番台ということでちょっと警戒.しかし,案内の女性によれば,離合の困難があるような道ではまったくないようで一安心.途中の新郷という場所から岩手県道216号線に分岐した方が集落を避けられてよいとのアドバイスももらいました.

R103からR454へ右折すると登坂が始まります.ちゃんとセンターラインの引かれた道を進んでいくと,15分ほどで峠.これを越えてしばらく下ってゆくと県道216への分岐の看板が出ます.ここを右折しようと思ったら,[5km先通り抜け不可]の看板が立てられています.あきらめてそのままR454を直進.

西に進むに従って,空が次第に青さを増してきました.自宅を出てからずっと高い湿度による霞んだ風景を見てきたので,このクリアな明るさが感動的でした.夕刻少し日が傾きかけた頃,八戸を通過して種差海岸に到着.空も海も真っ青です.

聞いていたとおり,芝が海岸線近くまでを覆っています.3.11地震による津波はこの海岸にも押し寄せ,8mの高さに達したそうです.当然芝は被害を受け,退色が進んだ時期もあったようですが,地元の人たちの努力によって今見ているような以前の姿に戻すことができたとのこと.

20130814x_1.jpg 

20130814x_2.jpg 

所々に芝が薄くなったり岩礁の付近が丈の高い草に覆われたりしているのが以前からなのでしょうか.よくわかりません.

20130814x_3.jpg 

20130814x_4.jpg
 


一帯を少し歩いてみましたが,東山魁夷の白い「道」の印象は持てませんでした.もちろんあの絵は画家の目に映ったものを画家が高度に抽象化した作品であり,そのままの風景がここに広がっているわけではありませんね.

この日は八戸のホテルサンルートに宿泊.フロントが3階にある上,契約駐車場が2ブロックも離れていて大変でした.夕食はホテル近くの寿司屋で楽しめました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター