はじめに-クラシック音楽

クラシック音楽は,子供のころからずっと聴いてはいるものの,体系的なとらえ方をしていないので知識のレベルは義務教育の段階を超えていません.でも大好きなのです.ジャズもそうですが,クラシック音楽も自分にとってはないと困る.いや大いに困る.


モーツァルト:交響曲第25番&第38番&第39番
クラシック音楽

上に示したのはマリナーによるモーツァルトの交響曲集で,映画「アマデウス」にも使われた25番や後期3大交響曲のうちの一つである39番が入っています.

でも,私がずっと惹かれているのは,間にはさまれた第38番「プラハ」です.モーツァルトといえばやはりオペラの大作曲家という位置づけになるのでしょうし,ピアノ曲といろいろな楽器のための協奏曲作家としての重要度がそれに続くのでしょうか.そういう観点からすると,モーツァルトの交響曲は,41曲もあるわりに,聴かれるナンバーはあまり多くないのかもしれません.

それだけに,よく知られた曲は何度も耳にすることになります.自分で手垢を付けてしまっているというか,耳を洗ってもう一回となりにくい面がありますね.曲たちには何の責任もないのですがね.上でも言ったように,私は「プラハ」の祝祭的な表情に断然一票です.厳格さと歓喜が,目のくらむような鮮やかさで交替する様が本当にすばらしい.

1980年の録音で,決して新しいとは言えませんが,小編成オケの透明感がよく出ています.個人的には大変好みのタイプの音ですね.

上にあげたアルバムは,「これが一番」という意味ではまったくありません.たまたま自分が持っていて普段聴いているから挙げたまでです.以後,いちいち断りませんが,すべて同じです.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター