キング・クリムゾンの海賊版LP

薄汚れた絵柄で申し訳ないですが,今日は「海賊版」レコードの話です.

キング・クリムゾン

先日ELPのことを書いたら,あの当時のプログレッシブ・ロックのことを色々と思い起こすことになりました.ELPのメンバーの一人,グレッグ・レイクが所属したバンドに,キング・クリムゾンがあります.

私の手元に,そのクリムゾンの海賊版LPが2枚残っています.たぶん,1970年代の末頃大阪の日本橋で購入したもののはずです.

1. 1974年アムステルダム録音,Side1:The Mincer/The Talking Drum/Lark's Tongue in Aspic Side2:Easy Money/Lament/Book of Saturday/21 Century Sc. Man/
2. 1974年テキサス,アーリントン録音,Lark's Tongue in Aspic/Easy Money/Fracture/Book of Saturday/

なぜこんなものを持っているかというと,これらのLPを入手した当時,渋谷陽一さんがFM放送でラジオ番組を担当されており,ある夜上の1. のアムステルダム公演から「Easy Money」を紹介されたのです.私はそれまでに「Easy Money」の入ったアルバム「太陽と戦慄」は既に持っていましたが,その夜聴いたライブ音源のあまりのすさまじさにぶっ飛んでしまいました.

ロバート・フリップのギターとジョン・ウェットンのベースがきわめて緊密な対話をします.いや,そんな言い方では静的すぎる.荒々しい暴風と,そのあとにくる神経をすり減らすような緊張の交替.第一級の音楽です.

考えてみれば,公共放送の場で正当な流通経路に乗っていない音源を平気で流していたのですから,何とも牧歌的な時代でした.今では到底考えられません.でもそのおかげで幸運にもすばらしいロックに出会うことができたのは皮肉なものです.

私は,翌日すぐにレコードを探しにでかけました(続く).

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター