経緯その4-試乗(Z4 sDrive35i)

23iの試乗を終えて戻ると担当営業さんが声をかけてきました.「エンジンと車体のバランスは23iがいいと思います」と仰います.いいも何も,私にとっては比較対象が無いので何とも言えません.30分ほど待って,35iでの私の番が回ってきました.

オリオン・シルバーカラーの車体に乗り込むと,さすがにさっきより気持ちに余裕があります.ここはぜひオープン状態を体験しておかなければ.これが最初で最後になることも十分予想されます.コンソールにある「開け」ボタンを押し続けると,金属製の分割ルーフが開いていきます.狭いキャビンが,空に向かって開かれていくのは本当に気持ちいい.

さて23iの時と同様,エンジンをかけ,「行っていいです」と隣の社員さんに促されて出発です.やはり発進時には,踏み込んだ量に較べてのろのろとしか動かない感じがしました.慣れでやや気持ちに余裕が出て強気になっていた私は,左折して公道へ出るなり,少し強めにアクセルペダルを踏んでみました.その途端です.クルマは信じられないような勢いで加速し,私は思わず「ををを!」と叫んでしまいました.

なにせこれまで2000cc未満のファミリーセダンしか運転したことがないので,広い道へ出る信号までのわずか20mほどの区間で,私は35iのエンジンの低速トルクの強烈さにのけぞってしまいました.試乗コースに出てからも,前のクルマとの距離を空けてはアクセルペダルを踏むことを繰り返しました.他の特性の確認などほとんどそっちのけでした(繰り返しますが私には無理ですし).

会場に戻っても興奮冷めやらずだったのですが,担当営業さんにはできるだけ平静なふりをして,「トルクがすごいね」くらいのことを伝えました.いや確かにすごい.カタログに出ているトルクカーブは,1500回転未満から5000回転を超えるくらいまでまったくのフラットです.自然吸気のエンジンでこんな特性の実現は不可能でしょうから,過給の設定ということになるのでしょうね.自由自在ですね.

しかし,スポーツカー(スポーティカー)のエンジンとしてこういうのを好きかどうかも含めて,この動力性能は余りに過剰な気がしました.23iと35iの中間ってないのかなあ? 

実はあるんです.Z4には3000ccの自然吸気エンジンの設定があるのです.ただし,日本には入ってきていない.うーん何で? それがあったらすぐそれに決めるのになあ(本当はもちろん決められません).

いやちょっと待てよ.3000ccの自然吸気エンジンだったら,決定版のロードスターがあるぞ.
あれだよ.あれ.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター