経緯その2-新しいZ4

マツダロードスターで「目覚め」た私ですが,前にも書いたように「ロードスター」とはマツダの商品名である以前に,「座席が2つでルーフが開けられる(閉じられる)自動車」のことを言うのです.そこで,この形式をもつクルマをあれこれ調べてみました.国産と輸入車あわせて結構な数の車種が販売されています.その中で,私の心を最もとらえたのがZ4だったのです.昨年(2009年)の春頃から,現在の型が日本でも販売されています.

今はほとんど使われなくなった形式である直列6気筒エンジンを積んだFRで,長さのあるエンジンを誇示するようにノーズがとても長いです.クラシカルと言ってもいい姿をしています.でも,外観も内装も今回は女性がデザインしたそうで,私には旧型に較べて優しく親しみやすいカタチになったように思えました.

最初はもちろん国産車から探しました.ホンダからは大変な力作のS2000が出ていましたが,2009年夏には生産停止予定とのことでした.ニッサンからはフェアレディZのロードスターが出ていますが,新型は一段と横幅が大きくなり,自宅の狭い駐車スペースでは出し入れに苦労しそうです.レクサスから販売されているものも,同じようにやや大きい感じがしました.

やはり国産ではマツダがもっとも私の好みに合うようです.ところが,たまたま神戸に行ったときに元町界隈で見かけた新型Z4の外観,ボディを構成する面の重なりと,それらが不連続となる稜線がうまく組み合わされているのにすっかり惹き付けられてしまいました.ラインで量産されるクルマのボディとしては非常に美しいと感じました.

輸入車などというものはそもそも考えたこともなかったのですが,これはとてもいい.しかし,帰ってから調べてみると,当然のように私にとっては非現実的な値札がついています.無理だね.そりゃ無理だろう.よほど経済に恵まれた人でない限り,誰もが通る自問自答ですね.第一段階で,ほぼあきらめました.だんだん年を取ってくると,不可能と思えることにいつまでもこだわっていられなくなるものです.

こうして結局何ら進展のないまま2009年は暮れました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター