『怖い絵』展

「怖い絵」シリーズで有名なドイツ文学者・中野京子監修による,恐怖をテーマとした絵画展.兵庫県立美術館.

20180819.jpg


展示は肉筆画と版画で,次の6部に分けられていました.

1.神話と聖書4.現実
2.悪魔,地獄,怪物5.崇高の風景
3.異界と幻視6.歴史

1.は古代ギリシャ神話と旧約聖書.ルドンによるオルフェウスの首は怖いと言えば怖いテーマだけど,描写はリアルではなく神話の霞に覆われて想像力を刺激します.オデュッセウスとキルケーやセイレーン.エロティックな美女は古今東西を問わずいつでも怖ろしいもののようで.同じセイレーンでも,20世紀に入って描かれたドレイパーの作品はまるでルネサンス期の画風だし,同時代のモッサのセイレーンは猛禽の足爪を持ち,口からは船乗りを食った血を滴らせています.

2.ではフューズリの『夢魔』やダンテの『神曲』からの題材など.ギュスターヴ・ドレの『神曲』挿絵など見ていると,映画『エイリアン』の最初の方のシーンを思い出しました.キリスト教圏の人々が不気味と感じる造形として,感受性の奥底に沈殿しているイメージなのかもしれません.あとはゲーテの『ファウスト』やオスカー・ワイルドの戯曲によって現代的な意味を強化されたと言っていい『サロメ』など.

3.は何と言ってもムンクの『死と乙女』,『マドンナ』の2点.虚ろな眼をしたマドンナの周囲に精子が描かれているのは知りませんでした.アンソールの作品も3点.この画家については,ちょうど1年前,姫路で見たベルギー近代美術の精華展で初めて知りました.やはりどこかひねくれているというか,権威に対する反骨・反発といった態度が感じられます.ピラネージの描く廃墟のような牢獄や建築物は,エッシャーの無限階段をさらに荒廃させたようで陰鬱です.また,ルドンのリトグラフが3点.この画家の幻想を好んだ故・武満徹が,モノクロのリトグラフに惹かれると語っていたことを思い出しました.

4.では一転して戦争や貧困による惨禍をリアルに.芸術作品と言えるが微妙な気がしますが,写真がまだ発明されていない時代,絵画による現実の告発活動として意味があったのだろうと思います.驚くのはセザンヌ.後に色彩や構図,タッチといった,絵画の基本要素のみに着目して近代絵画の基礎を築く画家の一人となったあのポール・セザンヌが,殺人のシーンを描いています.もちろんまだ自身の画風を確立する以前の作品ですが,こんな闇もあったのだと再認識.また,ムンクの版画がここでも2点展示されていました.

5.は今回私にとって最も“気づき”のあったパートです.絵画を見るのは好きでも,美術史や体系的な美学にはまったく疎い私は,「崇高(Sublime)」という概念が,美術において重要なカテゴリーを構成していることにこれまで気付きませんでした.もっとも崇高という訳は本質の一部しか示しておらず,雄大とか荘厳,荒々しさなども含んだ語のようです.人間にとって危険で,であるからこそ畏怖を感じるような対象.考えてみれば,整って安心できる風景よりも,荒涼としてこちらを寄せ付けないような景観に惹かれて怖いもの見たさで近寄りたくなるようなところは誰しもあるのではないでしょうか.

ここでは,英国王室における権力闘争の沈鬱を象徴的に描いたターナーの『ドルバダーン城』,火山の噴火によって滅亡した『ポンペイ』,ギュスターヴ・モローによる旧約聖書の『ソドム』などが眼を引きますが,もっとも印象的だったのがクリンガーのエッチング『死の島』.この原画はベックリン作で,アドルフ・ヒトラーが好んで別荘に飾ったとのことですが,前衛芸術を退廃と断じてあれほど嫌ったヒトラーが,こんなテーマを好んだのはどうしても受け入れられず不思議でした.ラフマニノフの交響詩『死の島』もまさにこのクラインガーの作品からインスパイアされて作曲されたとのことで,非常に興味深い画題です.

そして「史実」がテーマの6.ここはやはり上のパンプレットにも一部が採用されている,ポール・ソラルーシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』が圧倒的です.250×300cmの大作.英国王室の政争に巻き込まれ,16歳で女王に即位して9日後に処刑されるという,まさに斬首直前のシーンです.光沢のある白い衣装,それにもまして若々し姿態とつややかな肌.美しい両手が首を置く台を探しています.まだギロチンが発明される前のことで,パンフレットではトリミングされていますが,画面右端には屈強な執行人が巨大な斧を持って待機しています.

陰惨さと無垢な美しさの対比が痛々しい.夏目漱石もロンドン留学中にこの絵を見て感銘を受け,小説『倫敦塔』にジェーン・グレイを登場させています.私は昔見た『1000日のアン』という映画を思い出しました.ジェーン・グレイ処刑のほんの20年ほど前,イングランド王妃であったアン・ブーリンがやはりこのロンドン塔で斬首されています.こちらは処刑時30代後半で,グレイにくらべてアン自身にずっと深い闇があります.

中野京子は,文学者としての立場から感性のみに訴える美術教育は間違っていると考えたことが,『怖い絵』を書いた動機の一つであるとしています.今回見たような絵画は,神話,文学,歴史上のコンテクストを知って初めて理解できる作品ばかりで,鑑賞者は時間・空間をはるかに隔てられていることにより相対化された危機や恐怖をある意味愉しむという側面が強いでしょう.もちろん,そうした文脈を一切排したところで追及される純粋絵画も軽視されるべきではない.そんなことは氏にとっては自明であるということでしょうね.

蛇足ですが,鑑賞に来ていた人の少なくとも7割は若い女性でした.いつにも増して女性比率の高い美術展であった印象です.

甲山大師・神呪寺の蓮

六甲山の東側をクルマで走っていると,時々この寺の名を見かけました.何しろインパクトが強い名前なので以前から気にはなっていました.今夏,境内に蓮池があると聞いて行ってみることに.ただしもう3週間も前の話です.自宅からは遠くありません.

ところで神呪寺は「かんのうじ」と読みます.この「呪」という字にひっかかるわけですが,これは寺のHPから由来を引用させてもらいます.要するに「呪」はマントラを意味するようです.

 「仲哀天皇の御代(時代)、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられた」という説が有力だが、他にも「(山の)形が甲に似ているから」という説もある。
 また、当山の寺名の神呪寺は「かんのうじ」と読む。これは、「神の寺」→「かんのじ」→「かんのうじ」となったようだ。神呪は本来「じんしゅ」と読み、「神秘なる呪語」「真言(仏様のお言葉)」という意味であり、「じんしゅじ」の時代もあった。
 ただ、開山当時の名称は「摩尼山・神呪寺(しんじゅじ)」で「感応寺」という別称もあったようだ。山号も後に「武庫山」と変わり、先代・光玄のときに現在の「甲山」となっている。


阪神間,特に六甲山東部ならそのカブトに似た山容がどこからでも見えるので「甲山」は子供でも知っています.たぶんほとんどの人が「形が似ている」からカブト山だと思っていて,上記のような伝承を知る者は少ないのではないかと思います.私も恥ずかしながら今まで知りませんでした.

広い駐車場から階段を数段上がったところに小さな蓮池がありました.カメラをもった人が何人か.私もそのうちの一人です.撮った写真を何枚かメモとして貼っておきます.

さらにそこから階段を数十段上ると,本堂や寺務所のある境内に出ます.この寺のご本尊はとても有名な秘仏らしいですが,詳しいことは私の知識の外です.眺望が良く,西宮市街からその向こうの大阪湾までがよく見渡せました.

20170816_1.jpg

20170816_3.jpg

20170816_4.jpg20170816_5.jpg

世界報道写真展2017

第60回世界報道写真コンテストの結果を受けて開催されている報道写真展.大阪梅田・ハービスHALL.

20150815_1.jpg20150815_2.jpg


毎年お盆休みの時期に開催されていることが多いこの写真展.興味はあったのですが,比較的開催期間が短いことに加えて,この時期は用があったり旅行に出かけたりしています.そんなわけでこれまで見たことはなかったところ,今年は諸事慌ただしい中遠方へは行けず,そのおかげでというべきか初めて会場へ.

「一般ニュース」,「スポットニュース」,「現代社会の問題」,「日常生活」,「人々」,「自然」,「スポーツ」,「長期取材」という8部門に対して,約5千人のプロカメラマンによる8万点の作品の応募があり,そこから審査を経て選ばれた45人,62点の作品を今回見ることができました.

その中で今回の「大賞」となったのは,アンカラの美術展で註トルコ・ロシア大使が当日非番であったトルコ人警察官に射殺されたシーンを撮影した写真です.あまりにクリアに撮れていて,かえって現実感がないほどです.到底信じがたいことが実際に目前で起こったときには,誰しもこんな感じを持つのかもしれません.

パンフレットの表側に使われているアカウミガメは,放置された漁網に絡まって動けなくなっているところを撮影されました.これも非常に美しい写真でしたが,美しすぎでウミガメに起こっている悲劇がかえって伝わりにくいのではとさえ思えました.

すべてに感銘を受けたわけではなく,たとえば「スポーツ」の部でウサイン・ボルトがゴール間近で首を曲げて笑いながらこちらを見ている図.流し撮りでボルトの表情がしっかり捉えられており,写真として一級なのはわかりますが,私自身が持っている快さの感覚からははるかに遠いです.

やはり報道写真展ということで,世界各地で起こっている社会問題に焦点を当てた作品が多く,見所もそこにあります.ただ,8万点の中からの62点ということで,被写体に偏りがあるのは致し方ないとは思います.イラク,シリアなどでの難民の状況,ウクライナの状況を捉えた作品も選ばれていました.ただ,アジアからはフィリピンの麻薬犯罪取り締まりの状況くらいで,深刻な状況はあちこちにあるにもかかわらず採り上げられていないのは,やはり民主的な報道が欧州に偏っているためだろうと思います.

特に,21世紀になっても国内10億人以上の人権を抑圧し,そうした状況に異を唱えた人々(ノーベル平和賞受賞者含む)を拘束して間接的に処刑しているといっても過言ではないような国家がいまだ存在するにもかかわらず,そうした状況を伝える作品が皆無であったのは残念です.

1956年から続いているというこの報道写真展.今後も報道にかかわる人々の視線が困難な状況に公平に注がれ,かつ受賞作品の選考にも中立性が維持され続けることを願います.

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター