伊藤 恵 ピアノ・リサイタル

これも3週間が経ってしまいましたが,すばらしい演奏会でした.川西市・みつなかホール.

20170715.jpg


ここ何年か,シューベルトのピアノソナタが胸に染みるようになってきました.わずか31歳で世を去った若者の音楽が私のように高齢者の仲間入りに近い年齢になってから理解できるようになるというところに,芸術の持つ不思議な力を感じます.

私の妹は十代の頃までピアノを習っていて,モーツァルトやベートーヴェンのピアノソナタを練習していました.その頃の教則本がまだ家に残っているのですが,最後のほうのページに印刷されているリストを見ると,シューベルトのピアノソナタなんて1曲も見当たりません.たぶん40年以上前には一般人が練習用に弾くという需要などほとんどなかったのかなと思われます.

しかし最近では日本人ピアニストでも内田光子のような大家がシューベルトのピアノソナタ選集(完成曲全集)を録音したりして,現代にも通用する普遍的音楽としての認識は完全に定着したと言えます.今回聴いた伊藤恵もまた,とりわけ熱心にシューベルトの音楽に取り組んでいる演奏家の一人です.この日はそのうち,第20番のピアノソナタが聴けるということで出かけました.演奏曲目は以下.

シューマン:アベッグ変奏曲 op.1
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第20番 D.959
- 休憩 -
ショパン:24の前奏曲 op.28

1曲目のシューマンは作品番号1番.まだ20歳のシューマンが書いた若々しく開放的な曲です.架空の伯爵令嬢の名をタイトルにしたというだけあって,若い女性の屈託ない笑い声が聞こえる気がしました.15年後,精神障害に悩まされて交響曲第2番の苦しいアダージョを書く人の片鱗はまったく見えません.

そしてシューベルト.この作曲家はとりわけベートーヴェンを意識した人であり,生きた時代もそれを意識せざるをえなかったわけですが,ピアノソナタで言えば特に第19番とこの第20番はベートーヴェン的な香りが濃厚な作品のように感じます.作曲されたのはシューベルトが亡くなる2ヶ月前.病状が進行し,絶望的といえる状況の中でシューベルトは後の時代に傑作と見なされるようになるピアノソナタを3曲完成させました.そのうちの一曲がこの20番です.

第1楽章は雄々しく立派に始まります.出だしからベートーヴェンの影響は明らかなようです.時折シューベルトらしい憂愁が顔を出す場面もありますが,それが支配的になることはなく,私には絶望の音楽には聞こえません.第2楽章アンダンティーノはさすがに沈痛で足取りが重く,このままどこへも行けないのではないかという無力感に苛まれます.

しかし第3楽章のスケルツォでは,苦難に満ちた状況においてユーモアのもつ力に気づき,精神の力を得て再スタートを切る意思を明確にするような音楽となり,そのままフィナーレへ.伊藤はゆったりめのテンポで,句読点のはっきりした演奏.前を向いた主題で,切迫感を持ちつつも生きようとする意思が伝わってくる気がしました.特に後半では間をたっぷり取って,今まで私が録音でこの曲を聴きながら聞き逃してしまってきたことをたくさんわからせてくれました.感動的で,終曲部分では涙が出ました.

休憩をはさんでショパン.前奏曲については,第15番の「雨だれ」が有名ですね.私はといえば,あまり言及されているところを見たことがない第13番嬰ヘ長調一択で,特にこの曲の後半部は身を固くして聴きました.ショパンがこの曲集を書いたのは30歳頃で,すでに肺疾患による体調悪化が深刻になっていました.軽い曲も多く含まれますが,込められた想いの痛切さではこの13番が一番だと思っています.

アンコールで登場した伊藤の話は,人柄の誠実さも感じられてとても好感が持てました.興味深かったのは,シューベルトの20番を絶望の歌と呼んだことです.上にも述べたように,私にはこの曲がそんなふうには聞こえず,特にフィナーレは憂いを含みながらも表明された生への賛歌のように響きました.私が楽天的すぎるのか,耳がおかしいのか,まあ両方なのかもしれないけれど,なんていい曲なんだろうと感じたことは確かです.弾き手の意図とは違っても,聴き手がハッピーになったのだから,すばらしい演奏だったに違いありません.

海北友松展

これももう一月以上前に見に行ったのですが,メモを書きかけのまま放置していました.桃山期,武家出身の絵師として権力者たちからも重用された海北友松の作品展.京都国立博物館.

20170531.jpg


同時代の絵師にはライバルとも言える長谷川等伯がいます.2010年春にここで等伯の『松林図屏風』を見ました.今回の友松展は,あの時見た国宝『松林図屏風』の価値に匹敵するとさえ言われる,友松最晩年の最高傑作『月下渓流図屏風』がアメリカから60年ぶりに里帰りして展示されているのが話題になっています.

展示の構成はかなり細かく分割されていました.

1.絵師・友松のはじまり -狩野派に学ぶ-
2.交流の軌跡 -前半生の謎に迫る-
3.飛躍の第一歩 -建仁寺の塔頭(たっちゅう)に描く-
4.友松の晴れ舞台 -建仁寺大方丈障壁画-
5.友松人気の高まり -変わりゆく画風-
6.八条宮智仁親王との出会い -大和絵金碧屏風-
7.横溢する個性 -妙心寺の金碧屏風-
8.画龍の名手・友松 -海を渡った名声-
9.墨技を愉しむ -最晩年期の押絵制作-
10.豊かな詩情 -友松画の到達点-


友松は近江の大名・浅井家の家臣であった海北綱親の五男でしたが,その父の戦死を契機に出家することになります.しかし,兄たちも次々に信長との戦で亡くなるに及び,家名再興を夢見て還俗しました.しかしその夢はかなわず,絵師としての道を歩むことになります.武門の生まれであることから,絵師としての生業にはまったく満足しておらず,自ら「誤まりて芸家に落つ」とさえ言っています.

このような経歴から狩野派の絵師として遅い出発をしますが,やがて頭角を現し,京都・建仁寺の塔頭や方丈に描けるまでになります.禅居庵『松竹梅図襖(梅図/松に叭々鳥図襖)』は,たっぷり取った余白による叙情性と鋭い筆致による厳しさが同居しています.大方丈障壁画の『竹林七賢図』も,人物や衣服の輪郭線を描く運筆の冴え冴えとして見事なことと,前景の樹木の穏やかさとに感銘を受けます.これ以外の方丈障壁画四点もすべて重文です.

貴族,特に八条宮智仁親王との交わりの中で生まれた諸作品の中では,『浜松図屏風』が美しいと思いました.浜に打ち寄せる波は銀で描かれていて,現代ではその部分はもう酸化して茶色っぽく見えますが,描かれた当時はきっとキラキラ輝いていたことでしょう.まったく違った絵に見えるでしょうね.

京都・妙心寺に残された晩年の作品四点は,うち三点が重文です.『花卉図屏風』は絢爛豪華な金碧の背景に彩られています.一転して『寒山拾得・三酸図』は清々しい水墨画.この辺りまでくると,まさに自在の境地です.

友松が得意とした『雲龍図』はこれだけで一つの区画が与えられ,照明も落として雰囲気満点でした.個人的には日本画の龍や虎は,絵師がいかに達者であってもマンガみたいで感心したことはなく,海外でも評価の高いとされる友松の龍でもそれは変わりませんでした.ただ,墨が垂れるがままにして背景とし,それが凄みある空間を構成しているところはさすがに秀逸と感じました.

しかし,以上の作品をずっと見てきて,最も美しく,かつ愛すべき作品はと問われたら,やはり最後の『月下渓流図屏風』ということになります.早春の夜明け,月が渓流を照らしている光景を,六曲一双の屏風に描いています.右隻は雪解け水なのか,やや速い流れの左岸に老梅が描かれ,上部に置かれた鋭い葉をもつ松の印象を川岸の土筆が和らげています.左隻では川幅の広がりとともに流れがやや緩くなり,丸みを帯びた岩とともに,色づけされた白梅の葉が何とも鮮やかです.それらに取り囲まれた中央部には大きな空間が置かれ,水音が響き合っているかのよう.

武家出身の絵師として若い頃,「誤落芸家」と自嘲した自意識はもはやなく,穏やかで澄んだ境地がうかがわれます.全体の構成もゆったりとよく考慮され,最後はこちらも暖かい気分で見終わることができましたが,この『月下渓流図』が米国にあるのはやはり残念です.

1980年代のバブル期,日本企業は盛んに海外の名画を買い込みました.特に日本人に人気の高い印象派画家の作品は大いにその経済的価値を高められたわけです.もちろんそれらの作品群は私も大変好ましく感じているわけですが,翻ってこの『月下渓流図』のことを知ると,こうした作品群こそ第一に買い戻すべきであったと思わざるを得ませんね.

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター