丹後半島・経ヶ岬から間人へ

丹後半島をほぼ海岸沿いにトレースする国道178号線.険しい地形を縫って付けられているため,しばしば通行止めになります.今回3年ぶりに半島を周回できました.

中国道から舞鶴若狭道を通り,綾部宮津道の宮津天橋立ICから無料区間をへて与謝天橋立で一般道へ.すぐにR178へ合流.市街地を抜けると快走路になり,前走車もなかったのでいいペースで走っているとケイマンGTSに追いつきました.しばらく後について走りましたが,やがてケイマンは伊根の道の駅の方へ左折.ここからはまた単独走行.次第に高度が上がり,ロックシェッドが連続する区間を経て経ヶ岬駐車場への取り付け道へ右折.

20170505_01.jpg20170505_03.jpg


20170505_02.jpg20170505_04.jpg


Z4を駐め,経ヶ岬灯台への山道を登っていくと,やがて展望が開けてきます.岩礁風景を眺めながら少し下り始めると,灯台が木々の若葉の間に見えてきます.

20170505_1.jpg20170505_2.jpg


気温は季節外れの28℃.途中で杖をついたおばあちゃんがゆっくり登っていくのを追い越しました.かなりの年齢のように見えたので,この高温の中少し心配でした.灯台まで来ると風が涼しく感じられます.それほどアクセスが良い場所とは思われませんが,最近はこんなところにも外国人の姿か.彼女らはドイツからのようでした.

20170505_3.jpg


少し戻り,頂上の展望所へも行ってみました.気温が高くて霞んではいますが,袖志の棚田が遠望できます.

20170505_4.jpg20170505_5.jpg


山を下り始めたところで,巨木の枝に仰向けになって寝ている猿を見つけました.カメラのシャッター音がうるさかったのか,面倒くさそうに起き上がり,向こうへ行ってしまいました.

20170505_6.jpg20170505_7.jpg20170505_8.jpg


(大したことない後編へ続く)


プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター