中川一政展

没後25年を経た画家中川一政の展覧会.香雪美術館.見に行ってからだいぶ時間が経ってしまいましたが,忘れてしまうにはあまりに惜しいのでメモを残しておきます.

20161030.jpg


香雪美術館は,朝日新聞社を創業した村山龍平の収集品を公開する目的で開設されました.阪急神戸線御影駅近くの住宅街にある小さな美術館ですが,木々に囲まれて落ち着いた雰囲気があります.本ブログには初登場だと思うので,もう6~7年は行っていなかったことになりますね.

さて,中川一政作品.絵は独学です.誰にも似ていないと言えると思います.処女作は1917年,深江にある酒蔵を描いた『酒蔵』.暗い色調で描かれた(おそらく)歴史ある建物がもつ独立自尊の風格は,まだ若かったこの画家の気概が仮託されたものなのでしょう.この作品が岸田劉生に認められ,画家として世に出ることになったとのことです.

「丁度良いときにゴッホとセザンヌを知った」という言葉を残しているように,『春の川』や『カーニュ(フランス)』などそれぞれの作風を採り入れた作品も今回見ることができました.しかしそれらが直截的に以反映された作品をどれだけ残したのかは,1950年代以降の作品が中心に集められた今回の画展ではわかりませんでした.

全作品中,圧倒的な存在感を示していたのは1973年に発表された箱根の『駒ヶ岳』.私などは箱根駒ヶ岳と言われても,「展望台から富士山を眺める山」という印象しかないのですが,この作品はとにかく画面構成とか色彩とか言う前に全体の力感・生命感に胸打たれます.画家の精神のみならず,肉体が息づかいをともなってそこに在るようです.

花瓶に生けられた椿やバラを描いた作品も多数ありました.特徴的なのは花瓶として用いられている壺で,人物像や天使などが絵付けされたマジョリカ陶器など,生けられている花々と同じかそれ以上に強い存在感をもって描かれています.最晩年になってもこの様式は一貫していますが,背景の群青が次第に濃くなり,主題をますます強烈に浮き上がらせています.

晩年にはそこへ飄逸が加わります.たとえば扇面に描かれた『鯰』には「我は山を動かす」と賛があって,これなど意図した軽みとも見えますが,あまりに力一杯なのがかえって可笑しみを誘うといった風でもあります.中川の書も異彩を放っており,門外漢の私には元祖ヘタウマみたいに見えますが,97歳になって『正念場』と書いてサマになる人も稀でしょうね.これが亡くなる2年前です.

自分の創り出したものが“生きていること”に一生を賭けた芸術家.どの作品も力強い生命感の塊でした.

マリオ・ブルネロと関西フィルの演奏会を聴く

マリオ・ブルネロが関西フィルをバックにハイドンのチェロ協奏曲を演奏しました.それも1,2番両方とも.後半はドヴォルザーク.デュメイ指揮.ザ・シンフォニーホール.

20161117.jpg


ライブで音楽を聴くのは5ヵ月ぶり.しかもオーケストラの演奏となると,昨年12月にいずみホールへいずみシンフォニエッタのモーツァルトを聴きに行って以来です.もとより地味に暮らしてきたけれど,この1年くらいは生活がさらに殺風景でイケナイ.

そうした鬱屈を,最初のハイドン・チェロ協奏曲第1番が一気に吹き飛ばしてくれました.私がこの曲をものすごく好きなことは,このブログを始めてすぐに書いたとおりです.ブルネロのチェロが出す音色は高音成分が少なく暖かい響きで,第1番第1楽章の明るい序奏に導かれて入ってきたときには,一瞬日なたの匂いを嗅いだ思いがしました.どちらかというと前ノリなタイミングでソロが進むのですが,決して慌ただしくはなくゆったり聞こえるのも,この音色に依るところが大きいように思えました.

一方で,速いパッセージが連続する場面や強奏が要求される箇所などでは,多少の破綻を畏れないライブな姿勢が顕著でした.もちろん好ましかったという意味です.この方向は陰影ある典雅な楽想をもつ第2番でも変わりません.私自身の好みから言って,世評の高い2番より若々しい1番推しということもあるかもしれませんが,今回のソリストの個性には1番の方がフィットしていたように感じました.

アンコールは2曲.最初はバッハの無伴奏チェロ第3番から『ブーレ』,そして2曲目が古謡『アルメニアの歌』で,これかとても印象的.チェロで笛のような音を出し,広大な大陸風景の中を風が吹き渡るかのよう.アルメニアには行ったことないけれど,かわりにモンゴルの草原を思い出しました.ブルネロの公演を聴くのはこれが4度目ですが,こうした一般にはあまり知られていない曲の美しさを教えてくれるところが,ある意味この人の真骨頂だと思います.

休憩をはさんで後半はドヴォルザークの交響曲第7番.ドヴォルザークの交響曲ではやはり8番と9番の知名度が高いと思うのですが,私はいずれも実演では聴いたことがないのに,どういう巡り合わせかこの第7番は2度目です.ドヴォルザークは,私の乏しい知識の範囲内では交響曲第9番第2楽章とかチェロ協奏曲など,やはりアメリカ時代に書かれたボヘミア(チェコ)への郷愁感あふれる作品から受ける印象が強いです.

しかし,ブラームスの交響曲第3番に触発されて作曲したとされるこの第7番は,表面上ボヘミア色がそれほど強く打ち出されておらず,その意味でかえって普遍性を持ちうる作品なのかもしれません.確かに,同時代の作曲家という以上にブラームスの影響を感じます.デュメイの指揮はティンパニや金管の存在感が大きくてリズムか強調されていました.全体にやや生硬な感じに聞こえたのはそのためかな.とはいえ,昨年のモーツァルトは編成が小さかったし,久しぶりにフルオケの生音を堪能できて楽しい夜でした.

近郊は秋色いまだ浅く

11月ももう半ば.相変わらず休めても日曜だけでドライブもせず,コンサートホールへも美術館へも映画館へも行く余裕のない日々が続いております.それでもやっと久しぶりに時間のある日曜.近郊の公園を散策しに行きました.晴れて風もなく暖かく,大阪の最高気温は22℃ほどになったようです.山間部ではせいぜい19℃ほどで,Z4の屋根を開けて走るには絶好の日でした.

平地でも紅葉が始まっていますが,今年は10月がやたらに暖かかった(暑かった)せいか,公園の木々の色づき具合も例年に較べると少し遅いようです.その中で,散歩しながら秋らしいシーンの写真も何枚か撮れたので,メモとして貼っておきます.

20161114_0.jpg


20161114_2.jpg20161114_5.jpg
  

20161114_6.jpg

  

  
20161114_7.jpg

  
20161114_1.jpg20161114_3.jpg

20161114_4.jpg


プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター