周防大島

今年も友人の墓参りに山口県の柳井へ行ってきました.亡くなって37年が経ったことになります.今年も私を含めて3人が参加しました.実家には90代半ばになられたお母さんが一人で暮らしておられます.こちらの年齢が外見に顕著に現われるようになってきたのに対し,ここ数年お母さんは年を重ねているように見えません.それどころか,夏の盛りに体調を崩した娘(友人の姉)を見舞って手伝いに行っていたとのことで,まったく畏るべしというほかありません.

10年ほど前までは,我々の夏の訪問を待ち構えていてご自分で計画を立て,岩国や宮島の老舗旅館に一緒に宿泊するのが常でした.さすがに現在では外泊はもうちょっと辛いということですが,それでも柳井市内での夕食では2時間近くを我々と一緒に過ごして帰って行かれます.最近はさすがに友人の思い出話をすることもほとんどなくなり,お母さんの関心の対象は我々や我々の家族の近況のようで,酔っ払った我々の話を注意深く聞いておられます.

一泊した後,今年は天気が良かったので周防大島をドライブすることにしました.お母さんもクルマで景色を見るのはお好きなので,当然お誘いします.レンタカーの新型プリウスで大島大橋を渡り,海岸沿いをクルーズ.実はお母さんはこの周防大島の生まれで,むしろ島内のことは我々よりよくご存じです.

周防大島にはいくつかの見るべきスポットがありますが,その中で印象に残る場所の一つはやはり陸奥記念館です.昭和18年,大島沖停泊中に原因不明の大爆発を起こして沈没した戦艦陸奥に関する記念館です.館内には引き上げられた船体の一部なども展示してあります.戦艦の装甲などというものはまったく途轍もないものであって,こんな構造をした鉄塊がそもそも水に浮かんでいたこと自体に残酷な痛々しさを感じます.

お母さんは爆発があった時に聞いた轟音や,見聞きした遺体収容の様子などを何度か話してくれたことがあります.思えばこの地域は先の戦争の記憶というか気配のようなものが濃厚な場所だといっていいと思います.岩国はほんの20km北だし,同じく重要軍事拠点の呉も近い.それに何より広島.

今回も,ドライブ中の海岸線で,自分は戦時中工場労働に徴用されていて,工場近くのこの海岸から広島原爆のキノコ雲を見たと話してくれました.その時は弾薬庫の大爆発だと思ったとのことでした.また,岩国方面上空で,戦闘機同士の空中戦も見たことがあるとも.複葉機(という言葉をそのまま使って)が盛んに上下するんです,と仰ったのは,たぶん実戦ではないのではないかと思いましたが,お母さんは譲りません.太平洋戦争当時に小型複葉機がどういう使われ方をしていたのか,私にはまったくわかりません.しかし,これもお母さんには戦争の記憶としていつまでも忘れがたいようでした.

しばらく走って,高台にあるカフェに立ち寄りました.ちょうど昼時で,店は若い女の子達で混んでいました.私はかつてお母さんがあれらを見た方角に目を遣ってみました.この日はまだ夏の暑さが残り,瀬戸内の島々の陰が穏やかに霞んで浮かんでいました.


20160930.jpg


松方コレクション展

川崎造船初代社長で,神戸に縁の深い収集家である松方幸次郎の美術コレクション展.神戸市立博物館.

20160922.jpg


松方が1916年から1927年にかけての数回の渡欧で収集し日本に運んだ1300作品ほどと,購入したものの関税の問題でフランスに留め置かれた370作品ほどのうち,101点が展示されています.またこれ以外にも,フランスに流出していたものを松方が一括購入した浮世絵などもありました.会場の構成は以下.

1.旧松方コレクションの古典絵画・西洋家具
2.旧松方コレクションの近代絵画・彫刻 ―19~20世紀
3.松方コレクション形成時代のフランス絵画の名品
4.旧松方コレクションの浮世絵

作品点数でいえば,2.の近代絵画が会場の多くを占めていました.古典絵画では私が知っている画家の作品はありませんでしたが,ヤン・ファン・ホイエン1651年作の『オランダ風景』では,反射的にフェルメールの『デルフト眺望』を思い出しました.また,ゴッドフリー・ネラーの肖像画『カサリン』には,描かれた女性の高い品格がとても印象に残りました.

近代絵画の部はコローからスタート.何点かあったドービニーはたぶん初めて見る画家ですが,これらもちょっとコロー似です.少し他と肌合いが異なる作品として,モローが羊飼いの姿をしたジョットを描いた水彩画がありました.ジョットという画家は実を言うとこれまであまり意識して見たことがないのですが,一度きちんと押さえておかなければと思っています.

印象派や印象派風の作品も数多く展示されていました.ゴーギャンの『水飼い場』も粗いタッチが用いられていましたが,その中で牛(だったかな)はフラットな面で描かれています.生気を感じさせたい対象を際立たせるための工夫だと思います.また,とても小さな作品ですが個人的にはマリー・カザンの2点,特に『月光』が印象的でした.月の光の中でわずかに識別できる木々や家屋の色があたたかい.

ピカソの『読書する婦人』はこのコレクションの目玉の一つかもしれません.新古典主義時代の作品で,鼻や手足の指ががっしりと描かれた女性像が,まるで彫像のようです.この作品は松方が購入したにもかかわらず,重要作品と考えたフランス政府が国外に出すことを許可せず,結局現在はポンピドゥー・センターの所蔵になっっています.

同様の経緯で同じくポンピドゥー・センターに所蔵されているのが,シャイム・スーティンの『つるされた鶏』.羽根をむしられて吊されたまま放置され,腐臭を放っている鶏を描いた作品です.幼少期に目撃した体験から描かれた作品で,それを聞けば陰惨な気もしますが,絵画として見る限り美しいと言えなくもない.画家は痛々しい体験をこうした作品を描くことで乗り越えられたのでしょうか.

初めての画家の作品にも数多く出会うことができ,京都でのダリ展のハシゴの後遺症も癒えたようです.松方が収集を行っていた当時のフランスでは「マツカタは甘く通俗的な作品を数多く収集した」と陰口をきかれたこともあったらしい.確かに保守的作品が多いとは言えるかもしれませんし,まあ2000点も選べば,中には感心しない作品も入っていたかもしれません.でも,仮に私が無制限にお金を使っていいから100年後に立派な美術展を開ける作品を収集しなさいと言われたら? そんなことを考えながら博物館をあとにしました.


長谷の棚田初秋

本当に久しぶりに北摂地域を走りました.思えばこの夏はほとんどZ4に乗らなかった.5月中旬に但馬海岸を走って以来,4ヶ月ぶりのオープンドライブ.どこへ行くあてもなかったのですが,思いついて長谷の棚田に寄らせてもらいました.ヒガンバナが咲き,色づいた稲穂が刈り入れの順番を待っています.とはいえ気温は30℃で湿度も高く,ドライブ中にはミンミンゼミが盛んに鳴くのを聞きました.真昼にその場に立っていると「秋」はまだちょっと先のようにも感じられ.

20160918.jpg


ソナス・ファベール・クレモナのすだれ(ストリング)張り替え完了

クレモナのバッフルストリングスが張り替えられて戻ってきました.ビフォー・アフターが下.やはり落ち着きますね.凡そゴムひもというものは,使われている場所にかかわらず緩んでいるのは大変に具合が悪い.

Cremona2016_1.jpg20160914.jpg


それにしても,3~4年に1回ゴムのメンテ費用が発生するなんて,タイヤ交換じゃあるまいし.オーディオなんて,壊れない限りは当面買い換えるつもりもありません.こういうサポートをいつまで続けてくれるのか,不安ではあります.

「ダリ版画展」と「アートと考古学展」@京都文化博物館

ダリの版画展が開かれている京都文化博物館までは,京都市美術館から2kmほど.季節のいい時ならまったく躊躇なく歩いていく距離ですが,残暑の京都ではちょっとつらい.大鳥居の下でタクシーを拾って楽をしました.

20160902_2.jpg


展示の最初はダンテ『神曲』の挿絵集.高校時代にハードバックの立派な平川祐弘訳『神曲』を買って読み始めたものの,早々にギブアップした経歴があります.したがって挿絵のシーンも,一部は何となく知っている程度のことで,「絵柄」を見ていくしかないところが残念です.

死後の世界の話で,各場面ともダリにかかると陰惨と滑稽がないまぜになった表現が多く,また油彩画でしばしば登場するダリ的モチーフも所々で現われます.ダリ絵画の特徴であるくっきりと明確なコントラストはここにはなく,水彩原画の柔らかさが印象に残ります.

マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』16点はどれもエロチックでとてもいい.ダリ作品には宗教的テーマが多いのだけれど,個人的にはやはりこういうテーマがしっくりとはまる気がします.『イスラエルの12部族』は予想に反して静かな表現.同じテーマはシャガールのリトグラフにもありますが,原色がちりばめられたシャガールに対して,ダリの淡さが印象的でした.

最後に,どことなくいい加減な『日本民話』を見て会場を出ました.京都市美術館のダリ展と併せて300点以上の作品に触れたことになり,さすがに疲れました.今回は開催期間ぎりぎりになってしまったので1日に2カ所をハシゴしましたが,やはり基本的にこんなことはすべきでないですね.たくさん見たのに,どうも全体の印象が薄くなってしまった感じ.

それなのに,ダリ版画展の会場を出たところで,下の展示会に吸い込まれるように入ってしまいました.遺跡から発掘される器の断片など古物の修復に,芸術の観点を導入しようといった試みがあったり,整理を待つ発掘物の山を見たり.主宰者には申し訳なかったですが,こちらの眼の処理能力がもう限界に達していました.全体をさっと見て,そのまま帰宅しました.

20160902_3.jpg


ダリ展@京都市美術館

サルバドール・ダリの肉筆画展と版画展が,それぞれ京都市美術館と京都文化博物館で並行して開催されています.残暑がそれほど厳しくない休日を狙って,まずは岡崎へ.

20160902_1.jpg


構成は次のようにかなり細かく分かれていました.

1. 初期作品
2. モダニズムの探求
3. シュルレアリスム時代
4. ミューズのしてのガラ
5. アメリカへの亡命
6. ダリ的世界の拡張
7. 原子力時代の芸術
8. ポルト・リガトへの帰還-晩年の作品

初期作品を見ると,やはりダリだって最初から完全な独自性を持っていたわけではありません.『ラファエロ風の首をした自画像』は私にはこの異様に長い首意外,新味はそれほど感じません.ブラックやピカソのキュビズムの強い影響下にあった作品も多数あることも知りました.ただ,面白かったのはキュビズムとは無関係な『ルイス・ブニュエルの肖像』で,いかにも粗暴そうな面構えが印象的.展示の最後まで進むと,ダリとブニュエルの名高い『アンダルシアの犬』が上映されていました.ちょうと女性の瞳をカミソリで真っ二つにする場面.あちこちで悲鳴が上がっていました.

ちょっと逸れてしまいましたが,それでもやはり中核はシュルレアリズムの時代でしょう.ハムのような時計,脚が異常に細長い人やゾウ.引き出しのあるヴィーナス.この時代に盛んに用いられたモチーフが様々な形式で提示されます.

この美術展でちょっと問題を感じたのは,「ダリ的世界の拡張」と題されたセクションです.オペラの舞台装置関するスケッチがかなりの数集中して展示されているかと思えば,『ドン・キホーテ』や『不思議の国のアリス』,ファリャがバレエ音楽にした原作の『三角帽子』などに関する大量の挿絵.作品の数が多すぎてちょっと消化不良でした.専門家なら楽しめたでしょうか.

さらに,「原子力時代の芸術」における,素粒子や動的平衡といった当時の先端科学の導入.それらはすべて“ダリ式”に行われていて,現代人の目から見ると,かなり幼稚な解釈であることも確かです.シュルレアリストに限らず,芸術の側からこうした科学的仮説に接近することは,悪いとは言いませんが,扱い方には注意しないと噴飯物と堕す危険がありますね.

人気のある画家の展覧会で,とても混んでいて集中して鑑賞できたとは言えませんでした.集中できなかったのは,美術展のハシコをしようとしていた私自身のせいでもあります.京都文化博物館のダリ版画展へ続きます.
(続く)


ジャズと落語の旧知の関係

POPEYEなんて雑誌は普段まったく気に留めていないのだけど,9月号のテーマが『ジャズと落語。』だと教えてくれる人があって,買って読んでみるとこれがなかなか面白い.


POPEYE(ポパイ) 2016年 9月号 [ジャズと落語。]
書籍


冒頭で立川志の輔が言っているように,「ジャズと落語」というのは大昔からある話題で,私達の世代にとっては特に新しい切り口ではありません.でも,「似ている」というのはちょっと違う.

もちろん,即興性の重視や主題アレンジの柔軟性など,共通点は多いと思いますが,それは他の芸術芸能でも見られること.鑑賞者の立場から言えば,ジャズが基本的にはプレーヤー間で相互に交わされる感応を味わうのに対して,落語は一人芸の中でそれを実現しようとするという決定的な違いがあって,芸の姿としてはやはり似ているとは言えません.

それでもこうして古くから繰り返しセットで採り上げられてきたというのは,たとえば洒脱・飄逸といった特質がジャズにも落語にも重要な要素としてあって,それを愛する人々が多いということなんだろうと思います.黒人音楽をルーツとして持つジャンルの中で,とりわけ日本でジャズが聴かれている理由でしょうね.

面白かったのは,志の輔が初めて買ったジャズのアルバムがコルトレーンの『至上の愛』で,まったく理解できずにすぐ売ってしまったというエピソードです.結局何年かしてまたこのLPを買うことになり,記事の冒頭では志の輔がそのアルバムを手にとって見ている写真が掲載されています.

コルトレーンの,しかもImpulseレーベルの録音というのは,ジャズの歴史全体を見てみても,最も洒脱から遠い音楽だと言えます.特にこの『至上の愛』は,ジャケットからしてコルトレーンの厳しく苦しげな表情がモノクロで捉えられていて,落語との距離感は最大ですね.ロリンズも苦闘しましたが,作品として現われる時にはその形跡は薄められていることが多かったのに対し,コルトレーンの苦闘はそれがナマのまま盤面に記録されているようで,これを嫌うジャズファンが実は日本には結構いることを私は知っています.

志の輔が,たとえばサッチモのアルバムを手にしていたらこれはわかりやすいし,チャーリー・パーカーでもまだわかる.白人の破滅型プレーヤー,たとえばアート・ペッパーとかチェット・ベイカーだとどうかな? でも「最初にこんなの買っちゃいけませんよ」と言いながらコルトレーンの,何度も言うようですが『至上の愛』.意外でしたが,こういう結びつきはすごく興味深いですね.

私は関西人なので,当然上方落語の文化圏です.言葉の深いところでの理解度で言うと,江戸落語は本当には理解できないかもしれません.しかし,あまり大きな声で言いたくはないのですが,鳴り物が入ったりする上方落語にもちょっと抵抗があります.それに,関西ではスーパースターだった枝雀がああいう形で亡くなってからというもの,コルトレーンではないけれど落語をきくと芸の背後にある苦闘を意識しすぎるようになってしまいましたね.

なお,ジャズ側からは,山下洋輔が登場します.確かにこの人は落語と親和性高いですね.「ダメなものとか,ヘンなことほといい」みたいなことを言って,例の炎上ピアノのパフォーマンスを正当化しています.可笑しいのは山下洋輔が初心者に薦めるアルバムとして紹介している9枚.アコースティック楽器のみで時代的には結構まんべんなくカバー.必然的にオーネット・コールマンもセシル・テイラーもちゃんと入っています.こういうのを聴いた「ジャズ初心者」がどういう感想を持つか,聞いてみたいものです.

以上,ヘンな視点だったかと思いますが,幅広いスタイルを生み出してきたジャズと落語の特質に免じて許してもらいたいと思います.

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター