映画 『ターナー』

英国の風景画家ターナーの後半生を描いた作品.テアトル梅田.

20150627.jpg


ターナーの作品については,昨年神戸市立博物館で開かれたターナー展で主要作品のいくつかを観ました.また,ロンドンのナショナル・ギャラリーに関するドキュメンタリー映画にも多くの作品が登場したので,昨年は比較的触れる機会の多かった画家です.

弱冠27歳にしてロイヤル・アカデミー会員となったターナーは,間違いなく画家としての成功者です.この映画ではすでに大家として認められた後のターナーの生活を描いています.自身を美化して描いたとも言われる青年期の自画像とは異なり,ターナーはずんぐりした身体の無愛想な醜男という設定です.おそらくそれが正しいらしい.しかし映画では芸術家としての優れた言語表現能力を与えられており,疲れた友人や親しい女性にかける言葉には揺るぎのない堂々とした風格があります.

そんなターナーですが,晩年の作品には批判もあったとされ,彼をなじる芝居さえあったようです.悪評の原因は,描かれる事物の形態が年々朦朧としたものになっていったことにあるのでしょう.このことに関しては,昨年観たターナー展のメモでも書いたように,光と色彩の画家であるターナーによる野心的な実験であったと見るのが定説のようです.この当時としては前衛的とさえ言える表現だったと思われますが,こうした試みが後の印象派絵画への潮流を形成したと思うと感慨深いものがあります.

映像はまさにターナーの絵画のトーンを再現したもので,荒涼として湿度の高い原野や海岸の風景が大変美しく撮られています.挿入されるトピックスはほぼ事実として判明している事柄に限定されているとのことで,過剰な演出がない分やや素っ気ない部分もありますが,イギリス人監督マイク・リーの画家へのリスペクトが表された作品で好感が持てました.

Z4にレーダー探知機設置

恥ずかしながら,私は20代に二輪の速度違反で免停を何度も食らっていました.やはりスピードを出したかったんですね.モータースポーツ観戦には昔も今もまったく関心がないのですが,鈴鹿サーキットの二輪走行ライセンスは持っていて何度か走りに行きました.しかし,サーキットへ行って骨身に沁みてわかったことは,自分には速く走る能力はない,公道で速く走ろうとすべきではないということでした.

鈴鹿で特に苦手だったのがスプーンです.ヘアピンを立ち上がって,右,右と曲がったとたん,急にだだっ広い砂漠みたいな景色が広がります.何とか最初の左コーナーをクリアしようと車体をバンクさせますが,視点が低くなって益々自分がどの位置を走っているのかわからなくなりました.スプーンは2つめのコーナーの方がRがきついので,さらにアタフタすることになります.まったく手も足も出ませんでした.

その私の横を,みんなが次々と抜いていきます.中にはフルバンクしたまま裏のストレートへ向かって全開で加速し,その後に数十メートルにわたって黒々とタイヤ痕を残していくというハイパワーマシンもいました.これも怖ろしい130Rを何とかし,シケインをよたよたと曲がって最終コーナーに出る頃には,もういいやという気分になったものです.

そんなわけで30歳手前で改心し,それ以後むやみにスピードを出して走ることはなくなりました.二輪を降りてからは実用四輪を乗り継いできたことは以前書いたとおりで,そもそも四輪で走って楽しいなんて思ったことはありませんでした.

マツダ・ロードスターでオープンドライブに開眼し,Z4が来てからもこの手のクルマに乗っているドライバーとしてはかなり大人しい運転をしてきたと思います.しかし最近ふと気付くと結構無自覚に走っていることがあり,これはまずい兆候ではないかと気付きました.

ずいぶん前置きが長くなりましたが,購入後5年を経過したZ4にレーダー探知機を設置したのはそうした理由からです.レー探が速度違反の取り締まりから救ってくれたという話は実はあまり聞いたことがなく,メーカーの言うとおり安全運転のための機器だと考えるのが適切でしょう.警告してくれると多少自覚的になれるような気がします.

20150621.jpg


メーカーには特にこだわりはなかったのですが,地図の表示などは不要だし,とにかく小さいものということと,GPSデータの更新が無料でできるということで,コムテックのZERO 33Vにしました.設置場所は最初ダッシュボード右端にしようとしたのですがZ4の場合ここが狭すぎ,結局ディスプレイの右横に置かざるをえませんでした.

写真でも見えているドライブレコーダーは,BLW  FDR5000-W120-IR という機種です.Z4を買って1年ほどして付けました.一応フルHDの映像が撮れます.32GBのSDカードを挿しておけば,だいたい8時間分くらいは録画ができます.時々ここに走行動画を載せていますが,いずれもこれで撮影したものです.

ただし,Z4は足が固くて振動がひどく,このドラレコについてきた片持ちのマウントでは揺れが多すぎたため,リヒターのデュアル・サクション・マウント(HR-1573)に交換しています.ちょっと大柄になりますが,揺れはだいぶ軽減されました.

2つが設置されるとちょっと鬱陶しくなりましたが,視界が遮られるということは特になく,しばらくはこの態勢で走ってみようと思っています.


写真展 『能登の風』他

梅田で写真展をまわりました.

まずはキャノンギャラリーの宮田敏幸『能登の風 さとやま・さとうみ物語』.阪神間住まいですが能登は意外に遠い感じがしていて,25年ほど前の真夏に一度行ったきりになっています.Z4があるうちにまた行ってみたいと思っているのですが,じゃあ季節はいつがいいのか?

会場におられた宮田さんと少しだけ話しましたが,「自分にとってそれは冬だ」ということでした.日本海に突き出した半島の厳しい冬.そこに暮らす人々の様々な表情がモノクロで表現されています.撮られていることに気付き,こちらを向いて破顔一笑のおばちゃんが可愛らしい.上でも書いたように,私はくっきりとした真夏の風景が印象に残っているので,岩礁に縁取られた碧い海や人々が年月をかけて守ってきた深い緑がカラー写真で見たかった気がします.

続いてニコンプラザへ.まずオカダ・キサラ の『ⓒTOKYO 出会い頭の点動刹』.タイトルの意味はよくはわかりませんが,都会におけるスナップ写真集です.肖像権やプライバシーの問題があって,特に人物のスナップ写真は難しさがあるとのことで,そうした写真家側の問題提起もあるようです.とはいえ,鑑賞する側からすれば,撮影者がはっとした瞬間を受け取れるかどうかだけが関心の対象で,そうした観点から若々しく面白い作品が多くありました.

続いてyuigaの『傾がずの原』.兵庫県出身で「実家の近くの」前方後円墳を撮ったということです.具体的にどこかはわかりません.奈良の古墳群を見て歩いていると,時間スケールが日常からかけはなれている不思議な感覚にとらわれることがあります.古代の化石と異なり,ずっと人間の営みがそこにあったという点が重要なのです.若い写真家の意図は,その感覚を留めておきたいというところにあるのではないかと感じました.


20150621_1.jpg


20150621_3.jpg

20150621_2.jpg


映画 『画家モリゾ マネの描いた美女』

フランス印象派勃興期の女性画家ベルト・モリゾの物語.テアトル梅田.

20150615.jpg


パンフレットにも用いられているエドゥアール・マネの『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』.私はこの絵を,2006年に神戸市立博物館で開催されたオルセー美術館展で観ました.大きく開いた眼の黒い瞳が意志の強さを物語っていて印象的です.画家として身を立てることを望みながら,19世紀初頭の旧弊な女性観に苦しめられた人生であったようです.

映画ではやはりこうした側面に焦点が当てられ(たとえばマネとの間の恋愛感情についてなど)ていましたが,モリゾの絵画そのものへのアプローチをもっと描いてほしかったというのが率直なところです.ともに画家になろうとしていた姉のエドマが断念し,結婚して移り住んだロリアンを訪ねたモリゾは,海に面したこの地方の光に触発されて多くの作品を描き,その後の突破口を開いたことになっています.この辺のプロセスがもう少し掘り下げられていたら,芸術そのものを対象とした映画作品としてさらに厚みのあるものになっただろうと感じます.

タリス・スコラーズの無伴奏合唱を聴く

兵庫県立芸術文化センター大ホール.

20150614.jpg


無伴奏の合唱をコンサートホールで聴くのはこれが2度目です.前回は2011年にやはりこの芸文センターでケルトのコーラスグループANUNAのコンサートを聴きましたが,曲によってはギターやヴァイオリンが入ることもあったと記憶しているので,完全なアカペラは今回が初めてと言えます.ずっと以前に仏教の声明(しょうみょう)を聴きに行ったことがありますが,古い古い宗教曲ということもあって,もしかしたら今回は案外それに近いのかもしれません.曲目は以下.

J. デ・プレ : 喜びたまえ,キリストのみ母なる乙女
G. P. ダ・パレストリーナ : 教皇マルチェルスのミサ曲
- 休憩 -
G. アレグリ : ミゼレーレ
A. ペルト : 彼は誰々の息子だった
A. ペルト : ヌンク・ディミッティス(主よ,今こそ御身のしもべを)
A. デ・トレンテス : ヌンク・ディミッティス(主よ,今こそ御身のしもべを)
G. P. ダ・パレストリーナ : ヌンク・ディミッティス(主よ,今こそ御身のしもべを)

プログラムのハイライトはやはり,彼らの得意とする『ミゼレーレ』でしょう.システィーナ礼拝堂における特別な礼拝に際して用いられていたとされる無伴奏の合唱曲です.合唱隊は2部に分かれ,5人が正面舞台,4人が3階席左後ろ奥,そしてテノールが観客席を横切る中央通路の観客から舞台に向かって右端扉前に立ち,この2部+1が互いに唱い交わす構成が採られます.

シンプルな旋律が延々と繰り返されますが,こうした循環構造は聴き手を宗教的に「開いた」状態へ持って行くのに有効なのだろうと思います.まさに天から降り注ぐというにふさわしい超高音のソプラノがホールを満たし,次第に瞑想的な精神状態に導かれるようでした.余計な話ですが,「瞑想」は「集中」とはまったく正反対の精神活動であって,意識をある対象を定めようとする集中に対し,瞑想とは次々と心に浮かんでくるものにとらわれず,未知なるものを受け入れる準備をすることだと私は思っています.

さて,個人的に今回のコンサートでもっとも印象的だったのは,『ミゼレーレ』の次に唱われたアルヴォ・ペルトの2曲,特に初めの
『彼は誰々の息子だった』です.おかしなタイトルですが,英語では“Which Was the Son of... ”となっていて,和訳は確かに難しいかも知れません.イエス・キリストの父系を延々と遡ってゆき,最後はアダムが神の息子であったというところで終わります.

ペルトは20世紀の作曲家であり,この日演じられた他の曲がすべて16世紀のルネサンス音楽であるのに対して興味深い選択となっています.躍動的といっていいくらいのリズムが導入され,不協和音は苦みを宿して解決されないまま空間を漂います.『ミゼレーレ』の直後に唱われたこともあったかもしれませんが,何とも鮮やかで痺れてしまいました.かといって,全体の構成を乱すものではまったくなく,実にしっくりと他の曲となじんでいました.400年を隔てたこれらの曲に,どのような音楽理論上の共通点があるのかは私の理解するところではありませんが,この現代作曲家の中に確かにルネサンス音楽の血が流れていることを確信しました.

アンコールは次の2曲.
ホアン・グィティエッレ・デ・パディーア : おお神よ,助けに来て下さい
トマス・タリス : おお,光より生まれし光

今年の夏は北海道へ

2011年8月.浦幌から道道1038号線を南下し,印象的な呼称をもつ霧止峠のダートを越えて昆布刈石海岸に辿りついたときには,小雨が降っていました.海岸沿いの厚内トンネル近くにZ4を停め,暗い空の下に立って太平洋を見ました.海岸段丘に寄せる波がこの間にも浸食を続けているように感じます.われわれ以外にクルマは通らず,打棄てられた廃船がかえって人里からの隔絶を強く感じさせていました.


20150622.jpg


北海道のドライブは,豊穣と荒涼の間を行きつ戻りつする過程を体験することがその醍醐味のように感じています.広々と開放的な景観を愉しむのと同時に,こうした風景の前に立ち,寂寥に退屈してしまうのではなく,自分の心のどこかにあるものとして親和性を感じることができるかどうか.これで味わいははるかに深くなるのではないでしょうか.

山海塾 『UMUSUNA』

山海塾の結成は1975年.私が高校から大学にかけての年齢で何にでも興味があった時代,この怖ろしげな白塗り前衛舞踏集団の舞台もぜひ見たいものだと思っていました.しかしなかなか機会がなく,活動の中心をフランスに移してからはますます縁遠くなり,今回やっと長年の念願叶ってナマの舞台を見ることができたというわけです.滋賀県のびわ湖ホールまで行くことになりましたが.

20150607.jpg


今回の演目は,2012年にフランス国立リヨン歌劇場で初演された『歴史いぜんの記憶―うむすな』.人々の営みや彼らを取り巻く自然の姿が言葉によって書き留められる以前の認識をたどり,それを身体表現によって表出しようとする試みと言えるかと思います.全体は以下の七景で構成されています.

Ⅰ. 跡形(アトカタ)  あとに残ったしるし
Ⅱ. たち現われるものたち
Ⅲ. 水からの記憶
Ⅳ. かなたへ吹き去る風の中で
Ⅴ. 樹の鏡
Ⅵ. 限りない堆積と浸食
Ⅶ. うぶす

舞台には砂を敷きつめた2枚の大きなプレート(砂場のように見える)が設置され,細い隙間を空けて左右に分割されています.通路のように用いられるその隙間の奥には天上から間断なく砂が降り注ぎ,時間とともに舞台上に堆積していきます.そしてその背景に,プレート間の隙間と同程度の幅で赤い帯がライティングされています.その色彩は景によって変化します.また,両方のプレート奥の上方には砂時計が配された天秤がつり下げられ,舞台の進行にともなって上下する仕掛けになっていました.

まずはテーマ設定が秀逸だと思います.音楽でも彫刻でも文学でもなく,舞踏という動的な身体表現によってしか表現し得ないものは何かということを,彼らはずっと考え続けているはずです.我々の海馬の奥底にひっそりと眠っている原初の記憶を呼び覚まし,言語の仲介なしにそれを姿勢の連続的変化として構成していく・・・

彼らの動きはときに荘重であり,またときに滑稽でもあります.即興性の要素はそれほど強くなさそうで,舞台の雰囲気もきわめてシリアスだし,観客が声を出したりする余地はありません.彼らの出自を考えると,ややスクエアな感じもしました.ここらあたりはやはり西洋芸術なのかも知れませんね.

終演後のアフタートークで,主宰者の天児氏が興味深いことを話していました.自分たちの舞台は,ビルドアップするというより,不必要な要素を削っていく過程の後にできあがるのだというのです.そしてどのコンポーネントが残るかで,最終的に演目のタイトルが決まるのだと.たいてい初演一週間前だそうです.

彼らの舞踏には強い印象を与えられたと同時に,若い頃にこれを見ていたら一体どんな感想を持っただろうとも考えてみました.こうしたものを自分に受け入れる素地が,この数十年で形成されたとしたら悪くないことですが,逆にカラッポならもっといろいろなものをくみ取れたかもしれません.ああ結局いつものジレンマですね.

ところで,音楽についてはあまり感心できませんでした.特に冒頭,天児氏のソロのバックに二胡が聞こえてきたときにはかなり失望しました.二胡自体がわるいというつもりはありませんが,この楽器の音色を,いかにもな耳なじみのいい旋律に乗せて使用するというのは,コンテンポラリーとは言い難い.舞踏自体が目指す高みにくらべ,言い方はキツいですがちょっと志が低いのではありませんかと言いたくなりました.その後も,容易に雷鳴や暴風をイメージさせる「効果音」に近い音響が多用され,音楽というにはかなり物足りないものでした.アフタートークでもこの点が少しだけ触れられ,こうした「効果音」はこの『うむすな』に特徴的なのだそうです.ぜひ他の演目も観てみたくなりましたね.



シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番&第2番

戸田弥生のリサイタルで聴いたシューマンのヴァイオリン・ソナタ第2番.CDを持っていなかったので,芸文センター小ホールで売っていた戸田とエル=バシャが共演した録音を買おうと思ったのですが,エクストンの新譜CDはちょっと高い.3000円を超えると躊躇してしまい,amazonなら少し安いかもと思ってその場では手を引っ込めてしまいました.

家へ帰ってから注文したのは結局これ.フランクの録音はいくつか持っているし,シューマンの第1番も聴いてみたかった.戸田さんごめんなさい.阪神間でのリサイタルはこれからも必ず聴きに行きます.


シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番&第2番
クラシック音楽

クレーメルとアルゲリッチの共演作はこれ以外にも数多く残されており,私も何枚かを持っていますが,この録音はこれまでノーマークでした.第1番,第2番とも短調で,ロマンの香り溢れる点が逆に胃にもたれると感じる向きもあるかもしれませんが,いずれも翳りのある情熱に満ちた魅力的な作品であることがよくわかりました.

第1番の方は3楽章構成とコンパクトで,しかも中間楽章の美しさ・高潔さで到底2番には及ばないとは感じますが,それでも繰り返し聴いていくと次第にその控えめな表現の中にある種の強靱さを感じ取ることができるようになります.

第2番は感情表現の幅が1番にくらべてはるかに拡がっており,悲嘆,自分への鼓舞,祈り,勇気というような感情や態度が聞こえてくるように思えます.もっとも音楽にとってこんなコトバを当てるのはあまり意味のないことなのでしょうが.クレーメルとアルゲリッチの表現は戸田とエル=バシャの演奏に較べるとやや明るめな印象ですが,これこそ表現者の個性であって,私はどちらも好ましく受け入れられます.それにしても第3楽章は美しい.素朴で,懐かしい.


但馬海岸道路(浜坂-城之崎)を走る

期待通り清冽な姿だったバイカモを見た後,浜坂まで行って少し早めの昼にしました.前回は渡辺水産だったので,今回は隣の隆栄水産へ.ホタルイカづくしだとさすがに最後はちょっと食傷しましたが,新鮮であることは間違いないです.食後は,山陰海岸ジオパーク館の脇を通って浜坂海岸へ.浜にはハマヒルガオがたくさん咲いていました.

20150517_6.jpg



ここからは但馬御火浦を経由して余部埼灯台へという極狭路コースも趣があっていいのですが,前回崖崩れで不通となっているのを知らず,現場の直前まで行って気付いた(右写真,2011年10月)ものの,Uターンもできずに延々バックしたトラウマがまだ残っていて今回はパス.20111008.jpg  

素直にR178を東進,余部橋梁を見上げてそのまま通過,香住海岸でちょっと停まってからまた先へ.ここからはもちろん海岸沿いのK11を選びます.今子浦の浜の方へ下りてみると,黒島や白石島が見えていますがそれほど風情のある場所でもないので,そのまま先へ進もうかと思っていたら,「大引の鼻展望台」への遊歩道があるのを見つけました.

登っていくと最初はそうでもないのですが,次第に遊歩道の右側が切れ落ちてきて,やがて大迫力の岩礁風景が眼に飛び込んできます.海岸からそんなに上がった感じはなかったのですが,高度感もあって山陰海岸の荒々しさを満喫できます.このあたりの海岸風景は海から見ないと真価がわからないとのことで,確かにその通りでしょうが,この展望台は陸から海側へ細長く突き出た場所にあるため,なかなか凄い眺望です.

20150517_9.jpg

20150517_7.jpg


20150517_8.jpg


今子浦からしばらく進むと,佐津に着きます.ここから少し登ると佐津海岸の砂浜がよく見える木製高床構造の展望所があります.階段(ハシゴに近い)を上がって見るこの浜は,いつもとてもキレイですね.さらに進んで,大浦湾の方へも下りてみました.スノーケルセンターのカヌーが何艘か浮かんでいました.

20150517_10.jpg20150517_12.jpg

20150517_11.jpg

20150517_13.jpg


山陰海岸のK11は走って楽しいので素通りしてしまいがちですが,荒々しい岩礁と美しい砂浜の風景が交代して現われる,まさにジオパークにふさわしい場所を繋いでいます.近くまで行っていない海岸がまだまだあるので,こののんびりしたツーリングを繰り返すことになりそうです.

田君川のバイカモ(梅花藻)を見にいく

バイカモは私の中では「清流」,「初夏」という言葉と直結していて大変爽やかなイメージがあるのですが,これまで機会がなく,ぜひ一度直に見てみたいと思っていました.たまたまTVニュースで兵庫県新温泉町の田君川バイカモ公園が満開状態と聞き,行ってみることに.

しかし同じ兵庫県内とはいえ,東南隅の自宅から西北隅の新温泉町まではけっこう距離があります.中国道から舞鶴道→北近畿豊岡道と乗り継いで,R9→K47へ.田君川とクロスする橋の手前を鋭角に上流方向へ左折して公園着.2回の休憩を入れて2時間50分のドライブでした.

他の群生地は知りませんが,ここはすぐに河原へ下りていくことができ,花を間近で見ることができます.ちょっとした川遊びですね.河石の上に乗って不安定な姿勢で写真を何枚か撮りました.一応載せておきます.ここから日本海は目の前.当然この後は但馬海岸のドライブということになります.

20150517_1.jpg


20150517_2.jpg20150517_3.jpg

20150517_4.jpg20150517_5.jpg
プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター