秋の信州を巡る3日間-2日目(1)

1日目は林間を走って紅葉を愛でようという趣旨でしたが,2日目は火山です.浅間-白根火山ルート.鉄板と言えば鉄板なのでしょうが,関西人にとってはやはり魅力のあるエリアです.特に白根山は中学の修学旅行(!)で行って以来なので,私にとっては40年ぶりです.

松本から本当は下道を走りたかったのですが,浅間山周辺までの所要時間が読めず,安全策で長野自動車道,上信越自動車道を経由して小諸へ一気に移動.この日の宿泊は蓼科のオーベルジュに決めていたので,浅間-白根火山ルートに集中することにしました.

小諸ICから軽井沢方面へ向かうのですが,一旦R18に乗ってしまってなかなか先に進まず,こりゃいかんとしばらく行ってから1本北を走る県道80号(浅間サンライン)へスイッチ.上信越道からこのあたりまで空はどんよりと曇っていて予報と違い,かなりがっかりしていたのですが,サンラインへ入ってしばらくすると急に晴れてきて,北に浅間山が大きく見えるようになりました.

20141025_1.jpg


再びR18に出てからは忍耐を強いられますが,まもなく中軽井沢駅前をパスするために上ノ原交差点を左折,北上して突き当たったT字路を右折するとすぐにR146です.しばらく登ってゆくと登坂車線付きの2車線となり,進路を譲ってくれた先行車をパスするとあとは鬼押ハイウェー入り口まで自分のペースで走れて満足.六里ヶ原で眼前に迫る浅間山を眺めます.


20141025_2.jpg


浅間山へ来たのも30年ぶりですね.この時は軽井沢で友人達の集まりがあり,早朝まだみんなが眠っているときに起き出し,一人でヤマハSR400に乗ってこのあたりまで来てみたのでした.懐かしい.あの時はそのまま宿まで引き返したのですが,今日はもちろんさらに先へ進みます.鬼押出し園まで来て一応駐車場に入ってみて,またここから浅間山をバックに写真を撮りましたが,園内には入場せずそのまま先へ.


20141025_3.jpg


白根山方面へは万座ハイウェイを走ろうと思っていたのですが,県道59号線からの入り口に「全面通行止め」の看板が.またですか.どうやら先日の台風11号の豪雨による土砂流出が理由のようです.リサーチ不足にもほどがある.反省はあとでゆっくりするとして,走れないものは仕方ないので,そのまま59号を前進して草津温泉経由でR292に乗ることになります.

もっとも,この県道59号も,万座ハイウェイを走っていたら通過しなかった草津温泉からの登坂路もいずれもすばらしいルートで,紅葉した木々を頭上に仰ぎながらオープンで走るのは本当に至福の時間.日帰りでこのあたりにアクセスできる人はまったくうらやましい限りです.

さすがに日本有数の観光道路,自分のペースで走れるというわけにはいきませんが,登るにつれて荒々しさを増してくる風景を楽しみながらゆっくり進みます.こんなに大きな景色は近畿には無いんだなあ.

20141025_4.jpg


秋の信州を巡る3日間-1日目(2)

R361が快走路なのは開田高原をすぎて少し進んだ所までで,そこから先はやや狭くなって斜面をトラバースする山道になります.南側にはしばらくの間御嶽山が大きく見えていました.下ってゆくと再び2車線になります.このあたりの山里の風景も,秋ならではの彩りで退屈することがありません.やがて高根乗鞍湖に出て,鉄橋を渡ったところを県道39号へ右折.野麦街道に取り付きます.しばらくダム湖沿いに進むと,すぐに阿多野郷川にかかる丸山橋のたもとに出ました.

20141024_8.jpg


京都の寺院のような整った紅葉の景観ではありませんが,黄色と紅の乱調なグラデーションも見事というしかありません.橋を渡り,しばらく先へ進むと目の前に乗鞍の姿が望めるようになります.紅葉した林に遮られながらも,進路左手から正面にかけて見え隠れします.道は基本1.5車線ですが,狭いところでも待避スペースはあり,それほど離合に苦労することはありません.ダムの周辺ではあれほどの紅葉の盛りだったのに,高度を上げるにつれて木々は葉を落とし,林間の見通しが良くなってきます.


20141024_9.jpg


丸山橋から30分ほどで野麦峠に到着.様々な施設があってよく整備されています.北には乗鞍岳がその全容を見せています.ブリ街道の別名や,年若くして工場労働に従事した少女たちの苦難など,山深い地域の隔絶感や過酷な境遇を思い起こさせる野麦街道ですが,現在では人・モノの輸送路としての役割は終えており,峠はその歴史的意義を伝える場所となっています.


20141024_10.jpg


峠から木曽側への下りは,険しい印象があった飛騨側とはちがってやや穏やかな雰囲気です.秋の日は傾くのが早く,まだ2時半だというのにすでに日向と日陰でのコントラストが強くなってきて,カーブを曲がるたびにまぶしい思いをします.


20141024_11.jpg


カラマツの黄葉がずっと重なってすばらしい景観が続きます.空間自体が黄色い光を放っているような感じ.写真を撮りましたが,こういう林間の暗い場面では露出マイナス補正で,しかも感度アップが必要でした.シャッタースピードが遅くなってブレてしまってます.残念.

20141024_12.jpg


野麦街道を下りきって県道26号へ左折.奈川まで行って白樺峠へ向かおうとしたら何と.峠方面通行止めの看板が.目の前にあったスタンドで給油がてら確認しましたが,やはりダメとのこと.準備不足でしたね.しかしこの時点で3時.このような山間部ではもう夕方のような景色になっています.峠越えするにしてもあと1時間は早く到着したいところでした.

この日はそのまま梓湖の脇を走って松本へ.翌日も早く出発したいので松本駅近くのビジネスホテルに宿泊しました.


秋の信州を巡る3日間-1日目(1)

金曜日に休みを取り,3日間で信州をドライブしました. これまで信州には春夏と冬のスキーにしか来たことがなく,ぜひ秋に来たいと思っていました.好天に恵まれて自分としてはすばらしいツアーになりました.

初日.中央道中津川ICからR19で北上.距離を稼ぐに従って木々に彩りが加わっていきます.R361との分岐近くのそば屋で早めの昼.R361は金曜ということもあって交通量の少ない快走路で,開田高原までは10分少々で到着.入り口で白樺の疎林が出迎えてくれました.人の手が加えられた林だと思いますが,美しい場所です.

20141024_1.jpg


20141024_2.jpg


20141024_7.jpg


20141024_5.jpg


20141024_3.jpg20141024_4.jpg


牧場の方へ行ってみると御嶽が見えました.雲がかかっていますが,左手には噴煙がはっきり確認できます.まだあそこに残されている人がいると思うと,心が痛みます.

20141024_6.jpg


この日はここから野麦峠経由で白樺峠を目指す予定です.あまり時間を使っていると遅くなるので先へ.

Z4の任意保険料アップの件その他

Z4に掛けている任意保険の更新時期が迫り,ディーラーの営業さんが書類を持って訪ねてきました.あらかじめ送られてきた更新案によると,現状と同じ条件でも全体で10%近く保険料がアップするとのこと.何で? 車両保険の評価額は当然下がっているのに?

料率が理由だそうです.Z4-35iの車両保険料率の段階はこれまで6.それが次回から7に上がるそうです.ちょっとバンパーをこすっただけでも大枚を支払わされるので,じゃあせっかく加入している車両保険で修理しようとなるのですね.その保険金の支払いが当初の予想を上回ったのだと.

どうも最近毎年のように保険料が増額される気がします.逆にその車種でみんなが慎重に運転し,保険会社が支払う保険金が少ないとなったら料率下げてくれるんでしょうかね.不平の一つも言いたくなります.

ところで,その営業さんと来年3月以降に今のZ4をどうするか,少し話しました.次期Z4の発表はまだもう少し先だろうし,残額をまとめて支払って乗り続けるか,Z4を引き取ってもらって趣味的なクルマはもうやめるかの二択であると告げると,235iなんかどうですかと来ました.ありえません.まったく理解していない.235iはきっといい製品なのでしょうが,屋根の開かないクルマに数百万円も支払うつもりはありません.

このブログの最初の方に書いたように,クルマが「必要」なら実用性とコストで国産中古車がいちばんです.私にはそれで充分.これまではそうしてきました.でも,ゆっくり走っても自分を解放してくれるというくらい気持ちいいものとなると,何でも良いというわけにないかなくなります.

現時点でZ4の累積走行距離は3万キロ弱.オープンカーでドライブしている人のブログを見ると,10万キロはおろか20万キロでも走ってやるぞというのもあって,3万キロではいかにも何も体験していない感じです.やっぱりもう少し乗っていたいよな-.ぐずぐず言ってなかなか決められない日が続いています.



マルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー映画

ピアニストのマルタ・アルゲリッチ.このブログでもこれまで二度ほどCDの紹介をしたことがあります.その生活と言葉を追ったドキュメンタリーが公開中.シネ・リーブル神戸.

20141022.jpg

アルゲリッチの三女でプロの映像作家であるステファニーによる作品です.冒頭近くで,「私は母に育てられたが,今母は私の赤ん坊のように思える」といったステファニー自身の独白があります.世間が最高の芸術家として讃える母の,音楽以外の生活ではほとんど無防備で無力に見える側面を語ったものです.

数々の武勇伝で知られる若い頃のアルゲリッチですが,70歳を過ぎた今ではさすがに「触れれば火傷間違いなし」的な雰囲気はその容姿からも言動からも窺えません.部屋でくつろいでいるときは,そこらのお婆ちゃんとかわらない素顔を見せてくれます.

しかし,コンサートでこれから舞台へ立つ直前の映像からは,その日の体調に苛立ち,気分がすぐれないことで演奏がうまくいかないのではないかという不安に苛まれる一人の芸術家の苦悩が露わになります.コンサートをドタキャンすることで有名なアルゲリッチですが,こういった不安定さは最高のピアニストとしての評価が完全に定まって久しい今でもつきまとうのだなと,創造に生きることの過酷さを改めて思い知らされます.

このインタビューの主題は,この芸術家としてのアルゲリッチと,異なる3人の相手との間にもうけた3人の娘の母親としてのアルゲリッチが交差するポイントに焦点を当てることです.二女のアニーとステファニーは一緒に育てられましたが,一番上のリダとこの二人が会ったのはステファニーがある程度成長した後だったということです.

なぜリダをひきとらなかったかについて,ステファニーがアルゲリッチに尋ねるシーンがあります.アルゲリッチは少し考えますが明快な答えはなく,結局「言葉では説明できない」と言ったと思います.この「言葉では説明できない」というアルゲリッチの言明は本作品中様々な場面で何度も繰り返されます.自分の音楽表現について問われたときも,一旦は言語化しようと試みるようですが,結局最後はこの言葉になってしまいます.

表現をすべて音楽だけでやってきた人の,これは正直な告白かもしれません.音楽ならどんなに複雑で精妙なことでも伝えることができる.しかしおそらくは,言葉にして説明したとしてもそれは物事の本質を正しく伝達できているようには感じられないのでしょう.

「もうそろそろ静かな生活がしてみたい」という呟きがこちらの心に沁みます.認識があれば表現は絶対に欠かせないとはいうものの,あまりに高い表現能力をもった天才の心の深淵を垣間見る思いがしました.

モンテヴェルディ 『ポッペアの戴冠』その後

台風19号接近下で公演があった『ポッペアの戴冠』ですが,暴風警報が出る中外出は無理と判断し,観に行くのを断念したのでした.持っていたチケットは特例で払い戻しされるということなので,来年開催予定のある公演のチケットを受け取りに行くついでに,妻が手続きをすませてきてくれました.

来場できなかった理由を問い質されることもなく,使っていないチケットを差し出すと即座に払い戻してくれたそうです.観客の入りはどれくらいだったか妻が聞いてみたところ,半分くらいだったとのこと.公演者にとっても,会場にとっても,そしてもちろん公演を楽しみにしていた客にとっても残念な結果となりました.

どんな公演の前でもだいたい予習をしていくのですが,今回は初めてのオペラということで,次のCDを買って一応全編聴いてはおきました.


モンテヴェルディ:歌劇「ポッペアの戴冠」(4枚組)(Monteverdi:L'incoronazione di Poppea)

しかしこれは輸入盤で,歌詞や台詞の日本語訳は付いていません.ネット上にはあらすじは紹介されているものの,歌詞の全訳については(よく調べなかっただけかもしれませんが)見つかりませんでした.原典はイタリア語ですから,英訳なら見つかるのかもしれません.しかしたとえそれが手元にあったとしても,CDを聴きながら歌詞を追っていくのはかなりの難業だと思います.

そこでやはり字幕の付いた映像でとなるのですが,Amazonで探してみると見つかるのは次のものです.どれを選ぶべきかはわかりません.ヤーコプスやアーノンクールといったバロック・古楽の専門家のものがやはり良いように思いますが,いずれにしてもかなり高価ですね.まあチケット代も払い戻してもらったことだし,それでどれか買ってみようかなと思っています.


モンテヴェルディ:歌劇「ポッペアの戴冠」(ヤーコプス版・伊語歌詞) [DVD]

モンテヴェルディ:歌劇《ポッペアの戴冠》ネーデルラント・オペラ1994 [DVD]

モンテヴェルディ:歌劇《ポッペーアの戴冠》 [DVD]






35mm単焦点でコスモスを撮ってみる

買ってみた単焦点35mmを持って出かけました.

まずコスモスを撮ってみたのですが,さすがf1.8,背景がよくぼけてくれます.下の写真はすべて開放で撮ったものです.ただしコスモスは微風でも揺れてしまうので,開放でのピント 合わせはシビアですね.

10141011_1.jpg


10141011_2.jpg


10141011_3.jpg


10141011_4.jpg


いつもの黒川キャンプ場裏にも行ってみました.桜紅葉にはまだ早いだろうと思ったら,多くの葉が落ちてしまってすでに初冬のような雰囲気です.台風の影響でしょうかね.この写真もf1.8開放です.ピントは遠目のZ4に合わせているので,前後のぼけはあまり感じられませんが,こういう写真では当然ある程度絞った方が良いでしょうね.

10141011_5.jpg


断念したモンテヴェルディ 『ポッペアの戴冠』

兵庫県立芸術文化センターで本日上演されたモンテヴェルディの 『ポッペアの戴冠』.コンサート形式とはいえ,私にとって初めてのオペラ鑑賞だったはずなのですが,阪神間が台風19号の直撃を受け,暴風警報でJRはすべての路線で運航取りやめ,私鉄も状況によってどうなるかわからないというアナウンスがなされる中,ホールまで行けても帰りの交通が心配.結局見に行くのを断念しました.チケットは払い戻ししてくれるそうです.

20141013x.jpg

オペラは食わず嫌いと言われようが何だろうがこれまでまったくライブで観る気がせず,そういう意味ではクラシック音楽の半分を聴いていないことになるわけです.しかしもし最初にライブで観るとしたら,こういうバロック劇はいいのかなと思っていました.モンテヴェルディは美しい『聖母マリアの夕べの祈り』の作曲家です.こういう人のオペラならつまらないはずはない気がしていたので,今回観る機会を逸したことは大変残念です.またの機会を待つことにします.

単焦点標準レンズ入手

35mm単焦点のレンズを買いました.

20141012_1.jpg20141012_2.jpg

ドライブの時には望遠と広角の便利ズームに加えてマクロレンズを持ち歩いているのですが,以前から標準域のシンプルなレンズがほしいと思っていました.このレンズはニコンDXフォーマット専用のもので比較的安価なのですが,以前は2万円を切る値段だったのに最近は少し高くなっていて購入を迷っていたのでした.季節が良くなってきて出歩く機会も増えるので,思い切ってネットで買いました.

大学生のころ初めて一眼レフを手にしたとき,レンズは50mmと135mmの2本を持っていました.今回の35mmは換算で焦点距離52.5 mmとなり,現有90mmマクロが換算135mmであることを考えると,35年前の構成を再び得たことになります.単焦点レンズはファインダーをのぞいた瞬間から視界が明るく,写真を撮るのが楽しくなります.

鏡胴も短く,ボディとして使い続けている小型のD5000とも相性が良さそうです.まあ機材を揃えただけで気に入る写真が撮れるとは思っていませんが,これを持って外へ出ようという気にはなります.写真はまず「そこに居ること」が必須要件ですから,ファインダーを覗いただけで気分が良くなるというのは重要なポイントですね.

早見紀章写真展:Various Colors of IRIOMOTE ISLAND-西表島-

久しぶりのキャノンギャラリー梅田.

20141010.jpg


西表島水辺の風景写真です.海中の風景も多く,珊瑚や色とりどりの熱帯魚とウミガメなど.岩礁の狭間から海中へ射す日光.水中から魚群の向こうに見える海面に降り注ぐ雨粒.マングローブの森,シダの葉の上の雨滴.ホタルの乱舞.そしてサガリバナやハイビスカス,ハマボウフウの花々.

西表の「色」が主題の写真群.色調としてはしかし,あえて原色を画面一杯に展開することは避けたような意図を感じます.リアルな自然の色が好ましい印象でした.

荒天の丹後半島を走る

休日にZ4に乗るのは晴天が約束されているときに限られるのですが,先週土曜日の日本海側の天気予報は曇り時々晴れ.降水確率30%でした.どうしようか迷ったのですが,1日に100km以上走るドライブは5月からご無沙汰で,とにかくまとまった距離を走りたくて出かけることにしました.

兵庫県道12号線を北上してR372デカンショ街道に出て,舞鶴道の南丹篠山口ICへ.空はどんより曇っており,途中で気分がサガって来ましたが,初志貫徹でそのまま北上.綾部宮津道路終点の与謝天橋立まで行く間には晴れ間も見え始めて少しやる気が出てきたのですが,京都府道53号線を走っている間にまた次第に頭上は黒雲に覆われ,琴引浜に出たときにはとうとう小雨が降ってきました.

ええとワイパーのスイッチどこだっけ.去年夏の東北ツアーで小雨に降られて以来なので,どうやって動かすのか一瞬思い出せませんでした.雨では浜に降りる気もしないので,そのままR178を東へ走ってとりあえず道の駅に避難.ここで早い昼食をとって外へ出ると,少し青空が見えました.すぐに立岩に行ってみます.

20141004_1.jpg

立岩の真ん前にZ4を置いて外に出ましたが,風がひどく強いです.接近しつつあった台風18号の影響はまだなかったと思いますが,春に来たときのうららかな浜辺とは大違い.波が防波堤を越えてこちら側を濡らしています.とても砂浜に降りる気はしません.厳冬期には波頭がこの立岩を超えてくることもあると聞いていますが,日本海の荒々しさを垣間見た思いがしました.

20141004_2.jpg

雨はやみましたが,強風のために天気が刻々変化します.晴天と曇天が絶え間なく交替する不穏な空の下,オープンで走るのもなかなかいいじゃないかと思い始めていました.何でも引き受けてやるよ的無敵な気分になります.やっぱりやめられそうにないですね.

屏風岩の展望所でZ4を停め,海と岩礁とクルマを一緒に写真に収めるよう撮影ポイントを探しました.この位置からではあまり屏風らしくは見えません.本来舟に乗って海上から眺めるものなのでしょう.それでも荒れ気味の海が俯瞰できて海岸線ドライブ感が満喫できます.

20141004_3.jpg


20141004_4.jpg

ここからさらに進んで犬ヶ岬トンネルを抜けたところにある丹後松島展望所.雲はそれほど厚くありませんが,強い風に潮の飛沫が飛んで風景は霞んでおり,ほぼモノクロームの世界.

20141004_5.jpg

当初ここからまた経ヶ岬へ行って灯台へ登ってみるつもりでしたが,登っている最中に雨に降られたときの準備がなく,今回はパス.進路を半島内陸部に変更します.府道652号線を碇峠へむけて登坂.1.5車線の林間道を進むとやがて碇高原牧場に出ました.ここまで来ると海岸線の強風は嘘のようにおさまり,厚い雲に覆われてはいますが開放的な風景に出会えました.

20141004_6.jpg

牧草地を1周してまた652号に出て,そのまま伊根を目指すことにしました.途中で府道57号へ左折,621,652号(これらはすべて652との重複区間のようです)を経由して舟屋の道の駅到着.2階の喫茶バルコニーでコーヒーを飲みながら,曇天でやはりモノクロームに近い舟屋の風景を眺めます.半島の北側はあんなに強風が吹いていたのに,南に開けた湾の中は穏やかそのものでした.

20141004_8.jpg


プーランクのピアノ曲集

プーランクの室内楽曲を聴いたら,次はぜひピアノ曲もライブで聴きたいと思っています.私は次のCDを聴いているのですが,これもフェイバリット・アルバムの一つです.演奏はパスカル・ロジェ.先日芸文センターでチャイコフスキーの交響曲第4番とドヴォルザークのチェロ協奏曲を演奏したのは,パスカル・ロフェ.最初少し混乱しました.


プーランク:ピアノ曲集
クラシック音楽

プーランクは管楽器を中心とした室内楽曲も優れていますが,ピアノ曲の透明な美しさもまた格別だと思います.このアルバムのディスク1に入っているハ長調のノヴェレッテ.可憐で平明なメロディの間に垣間見える何とも言えない切なさに胸が痛くなります.最初期に作曲された常動曲や即興曲でも同様のプーランク固有の世界が展開します.

ディスク2に入っている穏やかな夜想曲も忘れがたいですし,最晩年に作曲され,古典的な主題を様々な感情を想定して11の変奏曲に展開した『主題と変奏』の苦みも,シリアスになりすぎず滋味をふんだんに含んでいて味わい深いものです.

村上春樹は(村上ばかり参照しますが,音楽に関する記述には心から共感できることが多いので),『意味がなければスイングはない』の中で「プーランクは朝の光の中で聴かれるべき音楽だ」という意味のことを言っています.確かに,穏やかに晴れた午前の微風が,窓のカーテンを揺らして室内に優しく入ってくるような印象があります.ただZ4が来てから光のある休日の朝はどこかへ出かけてしまっていることも多いため,なかなか体験できないのが残念と言えば残念ですが.

プーランクの室内楽曲集

ハインツ・ホリガーのプーランクがあまりに美しく,ホールで聴いたことの再確認のために家へ帰ってまたCDを聴いています.フランスを中心とした若手の腕利き演奏家たちによる次の作品です.


プーランク:室内楽全集
クラシック音楽

2枚組の比較的新しい録音でかなり高価ですが,それぞれにすばらしい演奏が鮮烈な音で録れていて,思い切って購入する価値は充分にあると思います.とにかくこんなに愉しくて美しくて軽やかで,しかも中身のしっかり詰まった音楽,他になかなかありません.

室内楽とは言っても,プーランクの場合弦楽器を用いた曲は多くはなく,フルート,オーボエ,クラリネットのソナタをはじめとして,ホルンやトロンボーンまで登場する管楽器曲が中心です.バスーン(バソン)の入った曲もあり,ディスク2の12-14曲目『ピアノ、オーボエとバスーンのための三重奏曲』はほとんど知る人ぞ知る曲であったと思われますが,『のだめカンタービレ』で採り上げられて関心を持った人も多いのではないでしょうか.

いずれの曲も,シリアスさを粋な軽みでくるんだような風情で,クラシック音楽というとすぐにロマン主義の重厚長大な交響曲をイメージする人には目からウロコ的な音楽かもしれません.哀しみや苦痛があってもそれを相対化することでどこか飄々の体.すごくかっこいいと思います.
プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター