Z4法定一年点検

Z4を定期点検に出しました.今回も特に問題はなく,オイルやフィルター関係で以下の定期交換だけ.基本料金ですんで助かります.

○エンジンオイル,フィルター交換
○エアコンフィルター交換
○ブレーキオイル交換
○ワイパーブレードゴム交換
○スパークプラグ交換
○エアフィルター エレメント交換

現在のデータは次の通りです.

  走行距離:26,168km
  Fブレーキパッド残量:L 13mm,R 13mm
  Rブレーキパッド残量:L 10mm,R 10mm
  Fタイヤ残量:L 7mm,R 7mm
  Rタイヤ残量:L 6mm,R 6mm

昨年3月に車検を通してから11ヶ月で7,170km走っています.やはり夏の東北ツアー全線を自走したことで,年間の走行距離としてはこれまでの4年間で最も多くなりました.

淡路島で春を探す

久しぶりに休日に天気が良かったので,淡路島を走ってみました.第二神明から垂水JCTを経て明石海峡大橋を渡り,淡路出口から一般道へ.まず近くのあわじ花さじきへ行ってみます.時刻は9:30.気温3.5℃.さすがに花さじきとはいってもこの時期の花はストックなど限られた品種だけで,ちょっと淋しいですね.

ここから淡路島の東海岸に出て南下.洲本近くの海岸線の風景を見ながらオープンで走ります.最近は冬でもエアコンの使い方をマスターしたので,5~6℃の外気温なら十分快適に走れることがわかりました.高速道路だってオープンで大丈夫です.

相変わらずのんびり道草を食っているので洲本で昼近くになってしまい,評判のいい「いたりあ亭」で昼ご飯.生うにのスパゲティの後でチキンと鯛.充実の昼食でした.

ここからR28を内陸へ向かって走り,昨年も訪れた広田梅林を再訪.早咲きの紅梅が咲いているほか,枝垂れはまだまったくのつぼみでしたが,梅祭りは翌日からということでこの日はBGMも無し.どこへ行っても聴きたくもないBGMが流れていて辟易することが多いのですが,この日はシーズン突入前日ということで人も少なく,また梅の木々も勢いに溢れた様子で気持ちの良い時間を過ごせました.

下草にはオオイヌノフグリとかホトケノザ.大雪の影響が残っている地域の方々には申し訳ないような気持ちがしますが,こういう花たちを見るとちっぽけですがとても春を感じます.菜の花はほんのつぼみでちらほらと開花状態でした.

20140223_1.jpg
20140223_2.jpg 20140223_3.jpg
20140223_4.jpg 20140223_5.jpg
20140223_6.jpg 20140223_7.jpg



Raspberry Pi を起動してみる

Raspberry Pi のOSとしてはいくつか選択肢があります.私は最も一般的と思われるRaspbianを選びました.DebianベースのLinuxです.OSイメージは

http://www.raspberrypi.org/downloads  Raspberry Pi Downloadサイト

から現時点の最新版 2014-01-07-wheezy-raspbian.zip をダウンロードしました.これを解凍してからSDカードへ書き込みます.書き込みは Win32 Disk Imager を使いました.ダウンロードは

http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

からWindows版を.

書き込みには数分の時間がかかりますが,無事終了.準備はこれだけなので,さっそくマウス・キーボードをUSBポートに挿し,OSをインストールしたばかりのSDカードをスロットに挿します.HDMI-DVI変換アダプタを介してディスプレイを接続し,LANケーブルも接続完了.本体には電源スイッチはなく,microUSBポートに電源ケーブルを挿し,スマートフォン充電用のACアダプタをコンセントに差し込めば,これで起動開始!  ・・・のはずだったのですが・・・ 

あれ? いつまでたってもディスプレイには何も映りません.基板上のLEDが点滅し,確かに起動作業を行っているようですが,どうもディスプレイに信号が行っていないようです.普段使っているDELLのデスクトップからディスプレイやキーボードを外してRaspberry Pi に流用しているのでこれは使えません.もう一台あるノートPCでトラブル対処の調査をしてみると,なんと.Raspberry Pi の基板をクリアケースに入れるとHDMIケーブルがきちんと奥まで挿入できないことがあるとの指摘が見つかりました.

ケースに入ったRaspberry Pi をよく見てみると,確かにHDMI-DVI変換アダプタがケースの側面に当たっているようです.仕方ないのでケースの上部カバーを外し,改めてアダプタを挿し直し,再度電源投入すると今度は起動メッセージがディスプレイに表示され始めました.ああよかった.でもせっかくケース買ったのにひどいじゃないか.

初期設定では pi という管理者アカウントで自動ログインしますがウィンドウシステムは立ち上がらず,かわりに地味な基本設定画面が開きます.ここで以下の項目を変更.

●rootfs拡張
●キーボードタイプ選択
●piアカウントのパスワード
●ロケールとタイムゾーン
●Xウィンドウシステムの自動起動(「する」に変更)

再起動すると今度はXウィンドウが起動します.何が入っているかあれこれ探してみます.デフォルトではDHCPでネットワーク設定を取得することになっており,ブラウザを開くと日本語のページもすぐ読めるようになっています.GNU Cコンパイラも入っていて,アプリケーションがバイナリで入手できなくてもmakeはできそうです.驚いたのはMathematicaが入っていることで,当然機能は市販の最新バージョンには及ばないのでしょうが,下図を見ていただければわかるように2変数関数の3次元プロットもできていますし,方程式を解くことだってできます.中学生・高校生の数学の宿題はこれでできてしまいますね.

20140220Pi.jpg

ポンピドゥー・センターの現代美術展 -兵庫県立美術館

先日国立国際美術館で抽象的な作品を見てかなり脳が刺激されたので,続けて現代美術を見に行くことにしました.今度は兵庫県立美術館で開催されているポンピドゥー・センター・コレクション.

20140210_1.jpg


とはいえ,そこは一筋縄ではいかないのがこの世界.入場してすぐ強烈な洗礼を受けます.遠目にはグレー一色とかくすんだ白一色にしか見えない作品が何点か.これは絵か? との疑問.横縞が何本か入っているものは確かに「描かれた」印象は持てますが,今度は逆に芸術と言うより商業デザインの一部のようにも感じられます.しかしまさに「これは何だろう」と鑑賞者に凝視を促し,絵画とは何かという本質的な問を問うことがこういった作品の存在意義なのでしょう.

映像と音声のある作品もいくつか.アンリ・サラの『入り混じる行為』は真っ暗な室内にディスプレイが置かれ,新年の夜空に上がる花火があたかも戦時のように不穏な空気を映し出します.一転してハンス=ペーター・フェルドマンの『影絵芝居(パリ)』ではあたたかく懐かしい幻想的風景に同化できます.そしてツェ・スーメイの『エコー』は,山岳風景の中でチェロを弾く人.単調な旋律に対してまるで自然が意思を持って応答するように山びこが返ってきて,これは感動的でした.

最後のセクションには,上の写真に示されたエルネスト・ネトの『私たちはあの時ちょうどここで立ち止まった』の展示.微かにスパイスの香りが漂います.垂れ下がった群衆の足のように見える先端部に,ウコンやクローブが詰められているようです.

私にとっては意味不明が支配する世界ですが,そこここに少しずつ作家の意図がうかがえる時もあってやはり刺激的でした.若い時にもっとこういうものをたくさん見ておけばよかったと思いました.

Raspberry Pi Type B 512MB

ARMプロセッサ搭載のシングルボードコンピュータ Raspberry Pi (ラズベリーパイ) のType Bを買ってみました.プログラミング教育などの目的に使用することを想定して開発されています.実際どの程度のパフォーマンスを持つのか,一度試してみたいと思っていました.

20140214.jpg

12cm×8cm程度の基板上に,700MHzのCPUと512MBのRAM,USB2.0ポート×2,HDMIポート,SDカードスロット,有線LANポート,電源用microUSBポートその他がレイアウトされています.このままでも使えますが,私が買ったのはクリアケース付きのものです. 名刺ケースを一回り大きくした感じですね.

20140214_1.jpg
Raspberry Pi Type B 512MB ケースセット (clear)
家電・PC

もちろんこれだけではインタフェースがまったくないので,マウス,キーボードはそこらにあるものを2つあるUSBポートに挿します.ディスプレイももちろん手持ちのものを使用しますが,ダイレクトにHDMIポートにつながらないので,変換アダプタを購入する必要があります.その他,電源供給用のACアダプタとケーブル,OS書き込みのためのSDカード(本来4GBもあれば十分のようですが,最近は安いので32GB)をamazonで注文しました.  買った周辺機器をまとめると以下です.

20120214_2.jpg 

東芝 SDHC カード 32GB クラス10
家電・PC

PLANEX DVI to HDMI変換アダプタ PL-DVHDAD
家電・PC

PLANEX 急速充電(2ポート合計2000mA)
家電・PC

ELECOM Micro-USB(A-MicroB)ケーブル
家電・PC



OSのインストールから自分でやらないといけませんし,プログラミング環境もどういったことが可能なのか調べないといけません.時間のあるときにぼちぼちやってみようかと思っています.結果についてはまた報告します.

アンドレアス・グルスキー展

ドイツ人写真家,アンドレアス・グルスキーの写真展.国立国際美術館.
20140211.jpg

ポスターにも用いられている上の写真は,岐阜県のスーパーカミオカンデの内部です.横幅が3メートルはあろうかという巨大なプリント.メンテナンスのために水を抜かれた際,中に入って撮ったものだそうです.内壁に整然と並べられた無数のホトマル-光電子増倍管が金色に輝く中,少し残された水の上にボートが二隻浮かんでいます.

「99セント」と名付けられた作品では,ディスカウントショップの棚に並べられた何万という商品が俯瞰的に捉えられています.きわめて多種の異なった商品が配置されているにもかかわらず,どれも同じ価格なところが現代の消費社会を凝縮しているかに見えます.この「99セント」も「カミオカンデ」と同程度の巨大なプリントです. 近付いてみると「カミオカンデ」で個々のホトマルの表面に周囲が写り込んでいるのが確認できるほどのディテールを持つのと同様,「99セント」も個々の商品パッケージの文字がはっきりと読み取れるほどの細部を持っています.

「パリ,モンパルナス」は大規模なアパルトマンを,窓に正対する位置から撮影した作品です.これも幅4メートルの大きなプリント. その大画面をぎっしりと覆うアパルトマンの窓の総数は数百におよぶでしょう.多くの窓にはカラフルなカーテンがかけられ, また開いたカーテンの奥には住人の姿とその生活ぶりさえうかがわれます.

いずれも人工物の圧倒的な集積を,その細部を保持したまま巨大な画面に撮しとどめた作品です.最先端科学を支える要素技術,消費財,そして人々の生活空間.それらが二次元的に高密度な集積を経て高度な抽象性が生み出され,見るものはそこに何らかの意味を探索するようにいざなわれます.

何を撮ったか不明で完全に抽象的な作品も多いのに,理解できた印象がもてる不思議で爽快な展覧会でした.



「Where is love?」 アイリーン・クラ-ル

葉を落とした冬木立の間を寒風が吹き抜けてゆくこの時期ですが,瀬戸内海型気候に属する阪神間では陽の射す日も多く,どこも行く予定がなくて特にプレッシャーのかかる仕事もない休日の午後など,部屋の中で窓際にいるとかなり暖かくてリラックスできるものです.

そうした,ちょっと外界から隔離された暖かい雰囲気を提供してくれるヴォーカル作品に,アイリーン・クラ-ルの「Where is love?」があります.1974年録音.


ホエア・イズ・ラブ?
ジャズ
1. I Like You, You're Nice
2. When I Look In Your Eyes
3. A Time for Love / Small World
4. Love Came On Stealthy Fingers
5. Never Let Me Go
6. Spring Can Really Hang You Up the Most
7. Lucky to Be Me / Some Other Time
8. Where Is Love?
9. Don't Look Back

ピアノだけをバックに,とても暖かい声で抑制されたバラードがメドレーのように歌い継がれます.それも,いわゆる有名スタンダード曲はほとんどなく,ジャズというくくりで聴こうとすると地味だと感じられて肩すかしを食うかもしれません.しかし静かな歌唱の奥に,それを達成するための苦闘が隠されていることを知ると,また違った風景が見えてくるようです.

クラ-ルはこの録音の4年後,アン・バートンと同じようにがんで亡くなりました.まだ46歳でした.この作品の録音をした時には自分の病気のことはすでに明らかになっており,ビジネスは少し脇に置いても自分の本当に歌いたいものだけを選んで録音し,残しておこうと考えていたようです.

流行と一切の外面性を排除して澄み切った境地の中に,ある種の諦念を湛えた希有な作品として,年をとるほどに良さがわかるアルバムだと思います.

「ブルー・バートン」  アン・バートン

理髪店で聴いたジャズ.今回はオランダの歌手アン・バートン1968年のデビュー作「ブルー・バートン」です. 


ブルー・バートン
ジャズ
1. I Can't Give You Anything But Love
2. Go Away Little Boy
3. He Was Too Good To Me
4. But Not For Me
5. It's Easy To Remember
6. You've Changed
7. Good Life
8. In The Wee Small Hours Of The Morning
9. Sunny


アン・バートンは日本で大変人気のある歌手でしたが,1989年にがんで亡くなりました.享年56.このアルバムはデビュー作とは言っても34歳の時のもので,すでに歌手としてはかなり確立されたスタイルをもって登場したと言えます.全編スローまたはミディアムテンポのバラードで通しており,母国語でないにもかかわらず大変しっかりとした英語で,歌詞を重視した情感表現の姿勢が強い内容です.

ベースだけをバックに歌い始める5.や,アルトサクソフォンが入って感傷が増す6.など,ビリー・ホリデイを強く意識したところのあるアルバムだと思います.もっとも,時に凄惨さすら感じるビリー・ホリデイの歌唱と比べるとずっと歌そのものを相対化した感じ.控えめではあるけれど味わい深く,今の時代にはよりフィットするだろうと思います.

このアルバムが甘すぎない音楽として聴けるのは,バックを務めるピアノトリオの演奏も大きな要因です.輪郭のはっきりしたジャクエス・スコルスのベースの弦が指板に当たる音は生々しくジャズ感満点で,その上をルイス・ヴァン・ダイクのピアノが対をなすように美しい間奏を綴ってゆきます.

悲しいラブソング集と言っていいアルバムですが,日常的に聴けて飽きることがないでしょう.誰にでも薦められる作品だと思います.

データに騙されないために-その6

最終回は,ここまで述べてきた平均値の差を統計的にテストする方法-t検定-についての実技編です.MicrosoftのExcel2010を用いて行います.Excel2007までは一括してt検定を行う機能はありませんでした.バージョンアップのたびに機能は上がるのですが,この会社のリリースするOSやアプリケーションソフトウェアに関する,悪意があるとしか思えない大きなユーザインタフェースの変更には憤りさえ感じます.OSというPCインフラを一民間会社に握られてしまった弊害は大きいですが,現状は認めるしかありません.

さて本筋の話.Excelを起動し,下図のように初回の「データに騙されないために-その1」のデータを入力します,そして,「データ」メニューから右端に現われる「データ分析」を選びます. もし「データ分析」が見あたらなければ,「ファイル」メニュー→「オプション」→「アドイン」と進んで,開いたウィンドウの一番下で「Excelアドイン」の[設定]ボタンを押します.開いたダイアログで「分析ツール」にチェックを入れて[OK]です.

20140202-2.jpg

データメニューの「データ分析」をクリックすると,次のダイアログが開くので,「t検定 等分散を仮定した2標本による検定」を選びます.二つのグループの分散に違いがあるとは言えない場合はこちら.違いがある場合はその下にある「t検定 分散が等しくないと仮定した2標本による検定」を選びます.t の定義の時に分母となった「平均値の差の分散」の算出法が異なります.分散が等しいかどうかを厳格にテストするには「F 検定」を用いますがここでは触れません.

20140202-3.jpg

分析法を選んで[OK]を押すと次のダイアログが開きます.ここでデータの場所を指定.変数1としてグループAの体重減少量のデータ5個,変数2としてグループBのデータ5個を指定します.グループごとのデータ数が異なってもかまいません.それから,「出力オプション」です.デフォルトは新規ワークシートになっていますが,ここでは「出力先」として同じワークシートの適当なセルを指定します.指定したセルが,出力される表の左上隅となります.これで準備OK.[OK]ボタンを押すと,結果が出力されます.

20140202-4.jpg

見るポイントは一番下から2行目.ここまで説明してきた考え方により,ここの値が0.05(5%)に達していなければ,「差がある」と判定します.今回の例に挙げたデータの場合,0.08ですから,「差があるとは言えない」と判定されます.

20140202-5.jpg

自分でいろいろとデータを変更してみて,どれくらいになれば5%を切るか調べてみるのも面白いでしょう.たまにはここに私の書いたものが人の役に立つこともあればいいがと願います.
(終わり)

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター