モンゴル騎馬旅行のこと(続き)

「こんな時節にのんきに馬になんか乗ってていいのか」との声はツアー参加者から上がりましたが,あわてて出国するほどのことではないという主催者の判断でツアーは続行されました.結果としてはもちろんクーデターは失敗に終り,ゴルバチョフは無事にモスクワに戻りました.

私はとりあえずほっとし,つぎにモンゴルの人々のことを思いました.はるか草原のかなたの異国人による権力闘争が,日々のつつましい暮らしに破壊的な影響を及ぼすかもしれないのです.私としてはあれは当初から求道的な旅のつもりはありませんでした.しかしすべての体験が,今大きく変わろうとする国家に属する人々の希望や痛みとつながり,痛切な思いをしました.

そういう状況にあってモンゴルの人たちの頭にあったのは,何といっても民族的英雄であるチンギス・ハーンです.1991年当時,ウランバートルの書店は,事実上のソ連統治下ではその使用を制限されていたモンゴル文字の書籍で溢れかえっていました.通訳によれば,その多くは民族主義的論調を持つものであるということでした.当時まで長く統治者であったソ連にとっては,大モンゴルの誇りを想起させるチンギス・ハーンはモンゴル人民の記憶から消し去りたい歴史的要注意人物の筆頭でした.旧ロシアにはモンゴル帝国によって蹂躙された苦い民族的体験もあり,チンギス・ハーンの名を口にすることさえはばかられたという思想弾圧が行われていたようです.当時の民族思想の活況はその揺り戻しであったろうと思います.

あれから20余年,モンゴル経済は豊富な鉱物資源を背景に急成長し,おそらくはウランバートルの風景も大きく様変わりしていることでしょう.日本の大相撲はモンゴル人力士に席巻され,彼らは本国では英雄です.モンゴル出身横綱の活躍を見るにつけ,そして彼らの活躍に熱狂するというモンゴルの人々の話を聞くにつけ,チンギス・ハーンの現代的意味や1991年夏のウランバートルの状況が生き生きと思いだされます.
 


モンゴル騎馬旅行のこと

写真展を見て思い出した自分自身のモンゴルの旅のことを書き留めておきます.

1991年8月の夏休み,わたしは妻とともにモンゴルの首都ウランバートルに滞在していました.ある団体の企画したツアーに参加したのです.旅の目的は,馬に乗ることでした. 何か込み入った事情があったというわけではなく,単に遊牧民族のまね事をして,アジア大陸の草原を馬を駆ってただ思いきり走り回ろうというだけの旅行でした.

そんな酔狂なことが可能になったのは,ベルリンの壁崩壊後,なだれをうったように進行する当時の東側諸国の自由化の例に漏れず,モンゴル人民共和国(当時の国名)でも解放へ向けた歴史的な変化が進みつつあったためです.

しかし,ソ連への過去の経済依存が極めて強かったため,首都に到着した私たちはすぐに,物不足に象徴されるモンゴル経済の沈滞が想像以上に深刻であることをまのあたりにすることになりました.巨大な建造物がいくつも建設途中で放り出されたままになっています.東欧からの技術者が皆帰国してしまったために,自前の技術ではプロジェクトを完遂できないのだということでした.

市場に行っても本当に物がありませんでした.そもそもそのツアーのために,私たちは食料の多くを中国から持ち込んだのです.あるとき市場の風景を撮影しようとした私は,横から現れた中年の婦人に強く制止されました.苦しい現状を見せたくないという意思の強く表れた表情に,この国の人の誇りの高さを見た思いがしました.

ツアーも中盤にさしかかったとき,私たちは当時のソ連のゴルバチョフ大統領がクリミアの別荘に幽閉されたというニュースを,日本からの国際電話で知りました.結果的にソ連邦の解体を早めたいわゆる「三日間クーデター」に,ウランバートルで遭遇することになったのです.もしゴルバチョフが失脚すれば,その影響は遠からずモンゴルにも及ぶでしょう.しかしそれがどの程度の重大さを持つ事件なのか,そのときはあまり実感がありませんでした. (続く)

アラタンホヤガ写真展 「草原に生きる -内モンゴル・遊牧民の今日」

最近は大きなサイズにプリントされた写真に魅力を感じ,写真展によく通っています.今回は日本在住の内モンゴル自治区出身写真家アラタンホヤガの作品展.ニコンプラザ大阪.

20130622.jpg

90年代の初めにモンゴルへ行ったことがあります.あの時自分の眼で見た国が現在どのようになっているのか.そんな興味があって写真と対面しました.そこには草原で草を食むたくさんの羊たち.遊牧に適した住家である移動式ゲル.正装した男たち.身体に飾りをつけて組み合うモンゴル相撲.昔からずっと変わっていない彼らの営みが活写されていました.

しかしよく見ると,ゲルの脇には馬のかわりに四輪駆動車が置かれ,正装した男は携帯電話で話をしています.そして雪原には風力発電の風車群.年に一度の大祭ナーダムでは,少年による長距離の騎馬競走が行われるのが習わしでしたが,最近では馬に乗れる子供が減ってしまって競馬が成立しない由.ゲルを捨てて都市周辺のアパートに住む人々も増えているようです.

かつてモンゴルの旅の途中,偶然行き会った遊牧の民に本物のゲルの中でふるまってもらった馬乳酒の味を思い出しつつ,彼らのその後を考えました.いわゆる近代化は果たして彼らを幸せにしたのでしょうか.

2011年8月 夕暮れの道道106号線

2年前の2011年8月,Z4で初めて北海道の旅をしました.小樽から1日かけて天塩にたどり着き,夕刻に走った道道106号線の光景が忘れられません.私にとっては天塩川の橋を渡って異界に足を踏み入れたというような感覚にとらわれました.


20130619.jpg


下の動画は夕来PAから浜勇知のPAへ北上する5分間の行程です.風の強い日でした.夕方になっても気温は24℃あって快適でした.道沿いの灌木が所々途切れると,左手に白波の立っている日本海が見え,大いに旅情をかき立てます.左からの横風と強い夕日を浴びながら,この荒涼と豊穣がないまぜになったような風景の中でオープンのZ4をゆっくり走らせると,もう本当にこの時間がいつまでも続いてほしいと感じました.

ドライブレコーダーで撮ったものなので当然のことながら画質は良くありませんが,それでも見るたびにあの時の感動がよみがえります.これをまた体験したくて昨年再び北海道に渡りました.何度でも訪れたい場所です.




オーディオにのめり込むきっかけの話

私ではなく,私が通っている理髪店店主の話です.

このお店では散髪が終わるとコーヒーを出してくれます.先日行ったときは次のお客さんがいなかったので,カウンターで向かい合って二人でコーヒーを飲みながら話すことになりました.ちょうどかけてくれていたのがこの「レイ・ブライアント・プレイズ」. B面1曲目の“ドゥードリン”が鳴っていました.


レイ・ブライアント・プレイズ
ジャズ


店主 「これはね,ボクがオーディオ始めるきっかけになったレコードなんですよ」

私  「ほう.『ワルツ・フォー・デビィ』の地下鉄の音聴きたいとかじゃないんだ」

店主 「まさか.確かにオーディオマニアにそういう人多いですけどね.いやこれはちゃんと音楽の話ですよ.
    そのころボクが使(つこ)てた装置では,このトップシンバルが全然聞こえへんかったんです.
    それで何とか鳴らしたろと」

私  「んー・・・ 今はよく聞こえてる」

店主 「そうでしょ.鳴っとったら当たり前や思うけど,これが鳴ってなかった」

私  「そんなもんですか.でも,聞こえてないものが鳴ってるって,何でそう断定できたんです? 
    聞こえてないんだから気づかないでしょ普通」

店主 「この曲で,シンバル叩いてないわけないやないですか.聞こえへんでも,絶対コツコツ叩いてますよ」

私  「大胆な推論だ.しかしなるほどね.ジャズとはそういうもんだという確信か.
    ジャズをマトモに鳴らすためには,ジャズの素養が必要ってことですね.
    ところで,ちょうど今ゴーンときた,このピアノの低音弦が,うちじゃこんな風にうまく出ないんだよな」

店主 「レイ・ブライアントの左手は再生上大事ですね.ジャズが聞こえるかどうかのキモです」

私  「こういうのがきっかけでスピーカー換えたほうがいいんじゃないかとか考え始めると沼だね」

店主 「そんなことせんでも,高級ケーブルやめてごく普通のものに戻すとか設置とか,なんぼでもやりようは
    ありますよ.まあぼちぼちやってください」


まあこんな感じだったですかね.大まじめに話してはいるのですが,あえてこうやって会話をそのまま書いてみるとおそろしく他愛ないものです.


菅井日人 「天国の窓」

菅井日人(にっと)写真展.梅田のキャノンギャラリー.

20130614.jpg


写真展の案内には,「窓から見える風景に自らの心情を重ねて・・・」とあります.展示されている写真は必ずしも窓を通して撮影されたものばかりではないと思いますが,窓から顔を出す女性たちだったり,キリスト教会のステンドグラスであったりと,確かに「窓」を意識させる作品が多く含まれています.

あえて少しのぶれを与えて撮影した作品があるかと思えば,植物の種が飛び散る一瞬を捉えたシャープな一枚もあります.いずれも何を撮りたかったかは大変明確な写真ばかりで,一枚一枚の作品のテーマは判りやすい反面,全体としてのテーマが何であるのかは把握が難しかったです.

作者本人の言葉によれば,いずれも自分の心象風景であるとのことですが,プロの写真家の写真にはタイトルをつけないのが普通のようですから,写真そのものから読み取ってくださいということなのでしょう.これらの写真は,昨年出版された同名の写真集に収められているもので,その本は写真だけでなくキリスト教の神父さんによる詩との合作であるようです.この本が理解の手がかりになるのでしょう.

長谷の棚田にて

梅雨入りが宣言されてからさっぱり雨の降らない近畿地方.休日に晴れてくれるのはいいのですが,陽が高くなると暑くなるのでオープン走行を楽しめるのは午前中.早起きしていつもの北摂巡り.里山の急坂狭路を登ってゆくと,茅葺き屋根の農家が点在する棚田に出ました.

田をわたる風が6月とは思えないほど乾いていて,気持ちの良い日でした.

20130611.jpg


チョン・キョンファ 15年ぶりの日本公演を聴く

どうしても一度生で聴きたかったチョン・キョンファのヴァイオリン.15年ぶりの来日で願いが叶いました.兵庫県立芸術文化センター大ホール.

20130605.jpg


今回の来日では国内5会場で公演の予定で,プログラムの数は3つ.芸文センターではプログラム2が演奏されます.曲目は以下.

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第35番 ト長調
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調
バッハ:シャコンヌ
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

まずはモーツァルト.チョンは演奏の直前,自分の楽器を裏返しに両手で捧げ持つようにして精神を集中させます.演奏が始まって一聴,これがモーツァルトかと表現の濃厚さに圧倒されます.主部がト短調であることもあってモーツァルトらしい愉悦感はほとんど感じず,厳しい緊張感に貫かれています.

プログラム1と3ではホ短調の28番を演奏しており,やはりこの作曲家の作品を演奏するにも,チョン・ワールドが反映されやすいだろうと思える曲を選んでいることに深く納得.演奏中,フレーズの合間に時々キッと観客席の方を見るのが,かなりこわかったです.

続いてプロコフィエフ.私にとっては初めて聴く曲ですが,プロコフィエフのチェロ・ソナタは愛聴曲なので大変期待していました.厳粛で幻想的な曲です.第1楽章と第4楽章の弱音で演奏される音階風のメロディは「墓場にそよく風」だとされていますが,音階を上がったり下がったりするだけでこれだけの劇的効果を与えうるのです.音楽と演奏の力を思い知る瞬間でした.

ここまでが前半.休憩をはさんで,シャコンヌを弾きます.私にとっては,戸田弥生,ヒラリー・ハーンときて今年3回目のシャコンヌです.特に意図したわけではありませんが,こんなこともあるのですね.

演奏を聴く前まで,この人ほどバッハのこの究極の名曲を深々と解き明かしてくれる人はいないだろうと思っていました.しかし聞こえてきた音楽は,驚くほどあっさりしたものでした.テンポはどちらかというと速かったように思います.そう感じたのは,先月にゆったりとしたハーンを聴いた後だからかもしれませんし,1月に熱っぽい戸田を聴いたせいかもしれません.

いずれにしても,私にはこの曲に関して,ここだけは聴かせてくれというポイントがいくつかあって,戸田もハーンも十分にそれに応えてくれました.しかし今回のチョンの演奏には戸田の渾身,ハーンの清冽に比すべき印象が持てず,前にも書いた「最後まで聴くと一生を生ききった感」がありませんでした.

もちろん,私の知らないシャコンヌがあるはずで,これだけの大家の演奏が悪かろうはずがないと思います.ただ,私自身の未開発の感情を刺激することはなかったというのが正確なところなのでしょう.

さて,リサイタルの最後は私も大好きなフランク.この優美な曲を,チョンは本当に夢見るように弾いてくれました.こういったフランス音楽(フランク自身はフランス人ではない)はあまりチョン・キョンファのレパートリーに似つかわしくないようなイメージがありますが,今回の来日公演のすべてのプログラムに配置されていて,力の入れようが察せられます.年齢を重ねた大ヴァイオリニストの新境地なのかもしれません.

アンコールはシューベルトのソナチネを2曲.いかにもクールダウンという曲選択でした.


義仲寺から比叡山延暦寺へ

もう2週間前になりますが,比叡山/奥比叡ドライブウェイを走りに京都方面へ向かいました.途中,大津にある木曾義仲の墓所・義仲寺へ.義仲がこの付近で討たれた後,義仲の側室であった巴御前とされる女性が供養を行ったのが寺の由来とされています.

小さな寺です.門をくぐると通路脇すぐに義仲の墓.その前にいくつかの庵が構えられています.そして義仲の墓のすぐ隣には,松尾芭蕉の墓があります.理由はよく知りませんが,この寺の庵に滞在していたこともある芭蕉は,自分の死後義仲の墓に隣接して墓所を設けてもらうことを熱望していたとされ,その遺志に沿ってここに墓石が置かれています.下の写真では手前左が義仲,その奥が芭蕉の墓所です.

20130601_1.jpg


境内奥には翁堂とよばれる小さな建屋があり,その天井に伊藤若冲筆になる「四季花卉図」が描かれていることで有名です.ただし傷みはひどく,若冲の絵画なら一目見てわかりそうなものですが,入口から見上げてみた限りではそれとは確認できません.実は現在の天井画は,木目まで忠実に再現されたデジタル画像を板材に直接印刷したコピーたそうです.

20130601_2.jpg


一通り見て外へ出ようとしたら,本堂の前でスケッチをしている女性がいました.何を描いているのかと見ると,初めて見る植物が.聞けば芭蕉の花だとのこと.

20130601_3.jpg


義仲寺を出て比叡山に向かいました.ドライブウェイからの眺望を期待しましたが,琵琶湖大橋もこの通り霞んでいました.春にクリアな大気を求めるのはやはり時間帯を選ばないと難しいようです.

20130601_4.jpg


延暦寺はあまり時間をかけませんでしたが,標高が高いためこの時期でもまだ新緑が目に鮮やかでした.

20130601_5.jpg



プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター