ヒラリー・ハーンのシャコンヌを聴く

3.11で来日が取りやめになって以来,待ちかねたヒラリー・ハーンのリサイタルです.5月16日,兵庫県立芸術文化センター大ホール.

20130522.jpg


今回のプログラムの特徴は,ハーンが現代の作曲家に自分用として作曲を委嘱した作品(いずれも5分程度の短いアンコールピース)がちりばめられている点です.前半,それらの間にモーツァルトのヴァイオリンソナタ(K.302)が演奏されます.以前どこかで誰かが,ハーンのモーツァルトについて,ニューヨークの最新モードのようだと評していました.

そして前半最後がバッハのシャコンヌ.ゆったりと始まりますが,デビューCDでの演奏に比べると少しテンポが速くなっているようです.音の強弱もずっと強調されており,やはりこの十数年間にステージの場数を踏んでいるうちに少しずつ表現の幅が広がったのでしょう.

以前,ヒラリー・ハーンのシャコンヌについて,世界と和解している音楽だと書きました.きわめて厳しい曲ですが,ヒラリー・ハーンの演奏ではその厳格さが過度にならず,品位あるしなやかさを持って我々の胸に迫ります.今から思えば,デビューCDではその和解はともすればある種のはかなさを伴ったものであったのかもしれず,それに対して今回聴いた演奏では,知性と経験にさらに裏打ちされた堅固さが付加されたように聞こえます.

後半プログラムの中心はフォーレのヴァイオリンソナタで,その前後にハーンのための委嘱作品が演奏されます.いかにも現代音楽風の音のコラージュのような作品もあれば,誰にでもわかりやすいメロディをもったシンプルな曲もあり,初めて聴いても楽しめます.

ただ,今回のリサイタルで気になったのが,肝心のハーンのヴァイオリンの音色です.ヴィヨームを使っているのですが,過去に聴いたはずのある種の透明感が後退し,甘さのない硬質さが勝っています.この点の違和感が最後まで拭えず,「ヒラリー・ハーンを聴いた感」がいつもより少し不足した後味でした.3年ぶりくらいに聴いたので,勝手にイメージを拡大させていたのかもしれません.次回聴く時の課題ができました.

藤見ツアー -丹波白毫寺と大町藤公園

アップするのがいささか遅くなってしまいましたが,写真展に行った翌日の日曜は大変天気が良かったので,兵庫県北部の藤の名所を巡りました.最初は丹波の名刹白毫寺.舞鶴道春日ICからすぐです.一昨年に続いて二度目です.

20130512_1.jpg


ほぼ満開状態で,あたりは藤の花の香りが濃厚に漂っています.境内に隣接する長い藤棚の周囲はまだ朝8時半だというのにすごい人出です.三脚を構えたカメラマンもたくさんいましたが,皆人波が切れるのをずっと待っているような状態でした.私も来た証拠に撮ろうとしましたが,小さな花が房になっている様がなかなか上手くとらえられませんね.

20130512_2.jpg


しばらくここにいましたが,どんどん人が増えてくるので移動することにしました.次は朝来にある大町藤公園.春日から北近畿豊岡道を経由して山東ICから鯨峠を越えて到着.こっちはさらに混んでいて,駐車場に入るのに少し待たされました.ここは様々な種類の藤が植えられています.下は品種名はわかりませんが,赤みがかった花が珍しい.

20130512_3.jpg


青空に鯉のぼり.もうすっかり初夏の風情でした.

20130512_4.jpg


写真展を巡った週末 -その2 山初律子,北島敬三写真展

オリンパスプラザから今度はJR大阪駅前ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13Fのニコンプラザへ.二人の写真展が並行して開催されています.見た順番で,まずは山初律子の「はじまりの島」.

20130516_1.jpg


「オノコロ島(オノゴロ島)伝説」というものがあります.日本神話で神々が日本の島々を作ったとき,最初に生まれた島がオノコロ島です.私個人としては神話物語として受け止めるべきと思いますが,これが現実にどこの島かに関して諸説あるようです.

淡路島やその南にある沼島(ぬしま)にはオノコロ神社あるいはオノコロ島神社があり,人々は古くから自分たちの住む島こそがオノコロ島であると思ってきました.今回の山初氏の写真展は,足かけ4年にわたってこれらの島々の祭礼を中心に撮影した作品群です.

ケレン味なく見えたままを素直に撮影した印象のある作品が多いです.祭礼の準備をする島の人々の素朴な表情が記憶に残ります.記録としての写真という原点が大切にされている気がしました.山初氏も会場におられ,私たちにも「ていねいに見ていただいてありがとうございます」と挨拶してくれました.


続いて隣接するブースで開かれている北島敬三の「PLACES」.

20130516_2.jpg


こちらは3.11で破壊された地域の建物や残骸をストレートに撮影した重たいテーマの写真展です.裏返しになって家屋に覆い被さっている漁船.累々と積み重ねられた何かの破片や残骸.私の友人は震災の1年後に被災地をていねいに見て回って衝撃を受け,しばらくしてパニック障害を発症してしまいました.直視するのは誰にとっても厳しい体験でしょう.

本当は目を背けたいけれども決して忘れることはできない事々.北島氏の写真は被災した「場所」にストレートに迫りつつも,ある程度の距離感は保たれているという印象です.目を背けさせてしまわない程度のリアリティと言ったらいいでしょうか.記憶に残すためには,つらいけれども凝視しなければならないことを意識させる作品群でした.


写真展を巡った週末 -その1 金森玲奈写真展

雨となった休日の土曜日,写真展をはしごしました.一つ目は金森玲奈氏の「日々を紡ぐ」.場所は阿波座にあるオリンパスプラザ大阪.地下鉄御堂筋線の本町駅から歩いて行きます.

20130514.jpg


HPから知ったこの写真家の過去の活動としては,どうも街なかの猫ばかり撮ったりしている人のようで,最初あまり関心は持てませんでした.しかし今回の写真展のテーマは,日常的な光景を切り取ってそこに美しさを見いだそうという意図をもつもので,これならば共感はできそうです.

実際のところ,身の回りにはっとさせられるシーンが溢れているというのは,物事を観察する眼や態度が準備されていないと気がつかないことです.カメラを持って散歩をしても,これは写真になると思えるようなシーンは私にはなかなか見つけられません.それでも,人が撮った写真を見ると,ああこのような視点があったのかと眼を開かれることがあります.

金森氏の作品はあえて焦点を外したものや,白飛びぎりぎりの(あるいは白飛びしてしまっている)ものがあったりして表現の意図を感じる写真も多いですが,雨の日に乳母車を押す親子を引きで撮ったものなど,自分じゃこのような被写体にカメラを向けようとは思わないだろうという写真にむしろ感銘を受けます.「日々を紡ぐ」というのは良いタイトルでしたね.

予定外のラ・フォル・ジュルネ金沢2013

GW後半初日,新潟にある妻の実家への帰省のためにJR大阪駅に向かいました.こういう場合に車を使おうという気にはまったくなりません.荷物が重くても,乗り換えが面倒でも,高速道路の渋滞よりはマシです.新幹線を使って東京経由で行った方が早いのですが,北陸本線の方が旅行感があるので往きはいつもこちらを使います.

ところが大阪駅に着いて電光掲示板を見ると,乗車予定のサンダーバードに「遅れ」の表示が.1時間ほど前に福井のあたりで事故があったようで,結局列車が出たのは50分遅れ.金沢に着いたときには1時間遅れになっていました.金沢からはさらに『北越』に乗り換える予定だったのですが,定刻に出てしまっていたのでもう乗れません.仕方なく緑の窓口へ行って代案を探したのですが,結局金沢で2時間半待ちを余儀なくされることになりました.

金沢には共同研究等で過去何度も来ており,特に改めてここへ行きたいという場所もありません.それでも久しぶりに兼六園にでも行ってみようかと思ってJR金沢駅の中を歩いていたら,ラ・フォル・ジュルネのポスターが目に入りました.このクラシック音楽イベントも,日本国内では最初は東京でのみ開催されていましたが,その後金沢や新潟,大津などでも開かれるようになっています.そうだ,これがあったじゃないか.

20130510.jpg


たっぷりある時間を音楽を聴いて過ごすのはよい考えです.ラ・フォル・ジュルネの特徴として,レベルの高い音楽がかなり安い料金で聴けるという点があります.完全に予定外ではありましたが,早速金沢駅すぐ前の会場へ直行.

ラ・フォル・ジュルネには2008年に東京会場に行ったことがあります.このときのテーマはシューベルトで,交響曲『未完成』と『ザ・グレイト』を聴きました.今年のテーマはフランスとスペインの音楽のようです.

公演スケジュールを見ると,この時間から聴ける公演としては2種.フランスのピアノトリオとスペインのソロギターです.迷いましたがピアノトリオにしました.公演開始まであと5分,すでに座席はなく,立ち見席チケットだけが残っていました.なんと1000円です.こういうところがこの音楽祭のいいところですね.

曲目は,ドビュッシーとラヴェルのピアノ三重奏曲で,ドビュッシーはト長調,ラヴェルはイ短調です.奏者は,

ピアノ ジャン・クロード・ペヌティエ
ヴァイオリン レジス・パスキエ
チェロ ロラン・ピドゥ

となっています.いずれも私にとっては初めて聴く曲で,もらった冊子ではドビュッシーの方は10代後半の作品,ラヴェルの方は生まれ故郷のバスク地方の民謡をモチーフとした作品と説明されています.

チケットを受け取ってホールの前まで来たら,すでにドビュッシーの第1楽章が始まっていました.楽章が終わるまではホワイエに設置してあるモニターで演奏の様子を視聴することになりましたが,若さにあふれた清々しい曲です.2楽章からはホールに入って聴けました.ドビュッシーに比べると音楽の骨格がはっきりしたラヴェルを聴き終わるまで約1時間.

演奏が終わっても乗るべき列車の発車までまだ少し時間がありました.それでもオープンスペースで誰でも聴ける演奏があったり,リハーサルの様子が公開されていたりして飽きません.結局実家に到着したのは夜になってしまいましたが,初めての曲を聴く機会が得られて楽しい時間を過ごすことができました.

鯖街道を走る-京都から三方五湖へ その2

三方五湖レインボーラインは所々に眺望の良い駐車スペースが設けられた走りやすい有料道路です.しかし漫然と走っていると下の写真にあるような比較的タイトなコーナーが連続する場面もあり,油断は禁物です.と言いながら,前を走る大型二輪を追いかけたらあっというまに追いついてしまいました.えらいぞZ4.まあ向こうが本気じゃなかっただけだけどね.

20130503_1.jpg 


展望台駐車場まで来てZ4を置き,リフトに乗って頂上園地へ上ります.ここは「願掛けスポット」みたいな低俗な物があってもう一つ感心しませんが,眺望を得るためには上らざるをえませんね.海の色が美しいのは北側に見える若狭湾です.順光で真っ青な海の色.

20130503_2.jpg 

三方五湖は南面に見ることになります.逆光になるうえに,気温が上がってきて春霞で海と空の境界はぼんやりとしています.下の写真では,手前が水月湖(すいげつこ),奥が三方湖.

20130503_3.jpg


下の写真は頂上から東を見たもので,手前が日向湖,奥が久々子湖(くぐしこ).

20130503_4.jpg


レインボーラインを下っていったん小浜市内近くまで行き,昼になったので国道162号沿いの割烹料理店に入って寿司を食べました.さすがに小浜,出てきた箸が割り箸ではなく塗り箸でした.寿司は期待したほどではなかったです.

その後少し162号を戻り,久須夜ヶ岳エンゼルラインを登って展望所へ.エンゼルラインは快適に走れるものの,展望スペースからの眺望は障害物も多く,また午後になってさらに気温が上がったこともあって霞が強くなっていました.

国道162号線は小浜と京都を結ぶ重要国道で,周山街道と呼ばれていますがこれも鯖街道の一本です.天気も良く,また今回のドライブのテーマが鯖街道を走ることなので,舞鶴道には乗らずにそのまま162号を南下して自宅を目指します.美山の手前で大野ダム方面へ右折し,27号,9号,372号,477号と乗り継いで帰宅.終日好天で,往復で2本の鯖街道を走ることのできた楽しいツアーでした.


鯖街道を走る-京都から三方五湖へ その1

福井県小浜市から京都市左京区へ至る国道27号線や367号線は,いわゆる鯖街道として知られています.旧道もわずかに残されているようですが,道なりに走れば入り込むことはなく,全体によく整備された道を走れそうです.GW前半中日,近畿地方全域で好天の予報だったので,その鯖街道を走って若狭湾に出るドライブに出かけました.

まずは名神を走って大山崎ICから京滋バイパスへ入り,最後は阪神高速京都線で京都の中心へ出ます.367号に乗ったら後は大原三千院方面へ.つい先週に妻が寂光院と三千院へ行っていたので,この日はこれらの寺院はパス.こんなに晴れた日より,小雨でも降っていた方が訪れるにはいいのではないでしょうか.

大原を抜けると街道沿いは一段と鄙びてきますが,森林,小さな集落,渓谷,水田と風景が移って,なかなか味わいがあります.連休の日曜で車は普段より多かったのでしょうが,順調に距離をかせいで熊川宿に至ります.

ここは伝統建築物の保存が行われており,道路の舗装も土色で配慮されています.車で乗り入れる人は多くはないようでしたが,散策している人の迷惑にならないようゆっくりと走ってみました.

20130501_1.jpg

ここまで来れば若狭は間近です. 三宅の交差点で国道27号線へ乗り,さらに北上.三方五湖レインボーライン東側の料金所から入ります.しばらく上ると右手に日向湖(ひるがこ)が望める場所がありました.


20130501_2.jpg

正面奥の水路で外洋とつながっており,完全な塩水湖です.ハマチの養殖なども行われているようです.空はますます晴れてきましたが気温は15~16℃程度で,オープンで走るにはこれ以上ない条件です(つづく).

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター