金聖響のドヴォルザーク(続き)

そして2曲目のチェロ協奏曲です.ソリストはアントニオ・メネセス.これを待ってました.メネセスはカラヤンに見いだされ,私が持っているディスクで言えば,ベルリンフィルをバックにブラームスの二重協奏曲をヴァイオリンのムターと共演した録音があるなど,大変な実力者です.


ブラームス : ヴァイオリン協奏曲ニ長調
クラシック音楽

この人は2年ほど前にも来日してN響とエルガーのチェロ協奏曲で共演しており,その模様は「N響アワー」で放映されました.私は本編は見損ねたのですが,年度末の「この1年のソリスト」の企画でその演奏の一部を聴き,派手さはないがとてもていねいな演奏と美しい音色に好感を持っていたので,今回も期待していたのです.

演奏されたドヴォルザークのチェロ協奏曲の特徴は,とにかくこれでもかというくらいの名旋律の宝庫であることです.この作曲家特有の民族性の風味もありますから,人によってはちょっとクサいという人もいるかもしれません.こんな感覚は私がジャズファンだからかかもしれません.あまりに真っ当だと照れくさくなるというか.

しかしそんなひねくれたジャスファンの心をも震わせるところが,この曲にはあります.特に第2楽章の第2主題.緩徐楽章の途中でトゥッティが来たと思ったら,その圧力に押し出されるようにしてチェロの独白が始まります.

ここの旋律は,すべてのクラシック音楽(私が知っている狭い範囲ですから)を探しても,「望郷度(?)」ナンバーワンではないでしょうか.三代続く江戸っ子でも,思わず行ったこともないボヘミアへ帰りたくなりそうなくらいです.

しかもこの旋律がそのまま演奏されるのはこの時一回だけで,二度と登場することはありません.後に出てくる時はいずれも変奏されていて,「頼むからもう一回お願い」と思い続けているその感情そのものが,実は望郷の念と相通じるという巧妙な構造.

まあこれは私が勝手にそう思っているだけなのでアテにはなりませんが,こういった若干後ろ向きの感情を表現するのにチェロほど適した楽器はないだろうと感じる場面です.

アンコールはバッハの無伴奏組曲からブーレ.オケがバックにいる時の音色とは違って,比較的小音量で柔らかい柔らかい音.同じバッハの無伴奏でも,超然としたヴァイオリン曲とは違ってチェロの場合は人間の声が聞こえます.

後半の交響曲第7番は私にとって初めて聴く曲です.ディスクも8番と9番は持っていますがそれ以外は未聴.確か「のだめ」にも,音大生が7番だったか5番だったかを聴いたことないというシーンがあったようにも思います.

音大生でも知らないくらい演奏機会の少ない曲.確かに後期の交響曲やチェロ協奏曲のような魅力的な主題に欠ける分,強いインパクトはないかもしれません.しかし私は初めて聴くシンフォニーをすぐ理解できるほどの耳は持っていませんので,はっきりしたことをここで言うのは無茶というものです.

ただ,しっかり作られて滋味を感じる音楽であることは間違いありません.この曲の入ったディスクは必ず何か買って聴いてみることになるでしょうし,好き嫌いを言うのはそれを何回も聴いた後にしましょう.

金聖響のドヴォルザーク

12月19日(日),兵庫県立芸術文化センター大ホールで金聖響指揮のドヴォルザークを聴いてきました.

金聖響のドヴォルザーク


演奏曲はすべてドヴォルザークで,
  1.謝肉祭
  2.チェロ協奏曲
  3.交響曲第7番
です.

オケのメンバーが席についてまず驚いたのはその配置です.弦楽器は左から第1ヴァイオリン,チェロ,ヴィオラ,第2ヴァイオリン.そしてコントラバスは左手の奥です.これだけなら対向配置で時々見るものですが,そのコントラバスの右手にはホルンがいます.そしてその隣には木管の最後列としてバスーンが.そしてその右手,指揮者から見ても右側にティンパニです.それからさらに右方向へ,トランペット,トロンボーン,そしてチューバでこれが右端.金管の中でホルンだけ反対側に離れて配置されています.

以上の配置が一般的なものなのか,名前がついているのか等,私は知りません.しかし初めて見るものでした.金聖響さんはピリオド奏法での演奏にも熱心なので,どちらかというと古風な配置なのかもしれません.

1曲目の「謝肉祭」,アインザッツが揃わなかったり,速いパッセージでバラバラしかけたりと,やや雑な出だしのように聴きました.金管も,どれとは言いませんが音程が少し不安定な楽器があったようです.交響曲の練習に時間を取られすぎたのでしょうかね(続く).

クリスマスソング集

この時期,町に出るとどこへ行っても年末商戦のBGMとしてクリスマスソングがかかっています.あまりにもあちこちで聴かされることになるのでうんざりするのですが,この国においてすでに季節の風物詩となっていることは確かだし,それにとやかく言うつもりもありません.

世の中には色々なモノにこだわる収集家がいるもので,もしかしたらクリスマスソング集のレコードやCDの収集家なんていう人もいるのかもしれませんが,私はこれだけ外で聴かされているものをわざわざ自宅でまで聴こうとは思いません.といって,1枚も音源がないかというと,そんなこともありません.ビング・クロスビーの大定番もちゃんと持ってます.


ホワイト・クリスマス(紙ジャケット仕様)
ジャズ

もっともウチにあるのは母親が40~50年ほど前に購入したとおぼしきLPです.テイチクレコードが販売していたもので,1800円の値札がついています.これ,当時は結構高かったんですね.現在,自宅で一応LPも聴ける態勢にはなっているので再生可能です.しかし町で流れているのは大抵この手のクリスマスソングなので,私にとってはあえて聴こうという気にはならないレコードです.

それでも聴いてみるとやはり立派なもので,TVが一般的になる前,クルーナーとしてラジオ音声だけで全米スターになった人の実力がよくわかります.なお,LPでは収録の曲順が現在のCDとかなり異なっており,決定版の「ホワイト・クリスマス」がA面1曲目に来ています.

次のCDも超有名盤ですが,この時期になると一度は必ず聴いてみるのは,どちらかというとこっちです.


Cantate Domino (Hybr)
クラシック音楽

プロポリウスというスウェーデンのレーベルで1976年に録音された合唱曲集(一部ソロ曲)です.とにかく録音が優秀で,合唱団の歌手一人一人を特定できそうなくらいの細部と,教会ホールの残響音の豊かさが両立して,まったく素晴らしいの一言です.一曲だけと言えば9曲目の“Julsang”でしょうか.パイプオルガン,ソプラノ,合唱とすべての要素が楽しめます.

ミシェル・ペトルチアーニのこと(続)

ピアノを含むトリオ編成中心でのアルバムを何作か出した後,ペトルチアーニの音楽は古典的なジャズのフォーマットから離れていきます.ペトルチアーニの他にもう一人のキーボード奏者を入れ,ベーシストもエレキを持った時代のライブが以下のディスクに収められています.


Live
ジャズ

他のメンバーは伴奏に徹し,リーダーはその上を縦横無尽.過去にこんな音楽,ありそうで思いつかないという無二のピアノ音楽を展開しています.帝王のように振る舞った60年代のマイルスでさえ,バンドの各メンバーにはソロパートを与えていました.これだけ一人で弾きまくったピアニストは過去に例がないような気がします.

中でも私は4曲目の Bite,5曲目の Rachid,そして6曲目に配された名曲 Lookig up という一連の曲想に共感します.いずれもペトルチアーニのオリジナル曲で,突き抜けるような楽天性の陰に痛切な懐かしさが去来して胸打たれます.

痛々しさを感じるのは,彼のその後の運命を知っているからということもあるでしょう.ペトルチアーニは1999年1月,持病である肺疾患を悪化させ,36歳で亡くなりました.直後には来日公演が予定されていました.当然私も公演チケットを持っていたので,訃報は主催者から電話で受けました.

幼い頃には,20年は生きられないと言われたそうです.ペトルチアーニのアルバムを聴くとき,彼には限られた時間しかなかったのだということを必ず思い出すことになります.彼はその時間を音楽を通して十分に生きたと思います.私はそのことに最大限の敬意を表します.

ミシェル・ペトルチアーニのこと

チャールズ・ロイドに見いだされたフランス人ピアニスト,ミシェルペトルチアーニのブルーノートレーベルからのデビュー作が「ピアニズム」です.


ピアニズム
ジャズ

欧州のジャズピアニストというと,ビル・エヴァンス以来脈々と受け継がれてきた耽美的演奏の系譜に連なる者,というイメージが強いかもしれません.ペトルチアーニにもそういった一面はもちろんあります.たとえば1曲目の「Prayer」の演奏などはその典型でしょう.

しかし,そこはラテンの血を色濃く持ったピアニストのこと,むしろリズミックな特質が伺える曲の方で才気を見せています.実際,ペトルチアーニのタッチに繊細さはあまり感じられず,ジャズピアノらしく打楽器的といってよいと思います.残されたビデオ映像を見ても,指を伸ばし気味にして強烈に打鍵しているのがよくわかります.

先天的疾患によってペトルチアーニの背丈は1メートルほどだったと言われています.ペダルを踏むにも彼専用の補助器具が必要でした.しかし腕の長さや手指は健常者とあまり違いはなく,これがピアニストとして生きていく上で大変に幸いでした.そのしっかりとした指から,あいまいさの全くない,粒がそろってきわめて明晰な音列が紡ぎ出される様子に大変興奮したことを今でもよく覚えています(続く).

出石手袋 オーダー停止

先月,11月27日(土)に出石手袋に行ってドライビンググローブのオーダーをしたことは先に書いたとおりです.本日,ちょっと出石さんのブログを見たら,11月29日付で「定番商品のオーダーを年内停止します」との告知がありました.

よっぽどお忙しいのだと思います.私が行ったときも,「はっきり言って今はパニック状態だ」と仰ってました.私のオーダーは27日でしたから,オーダーリストの最後尾かそれに近いところに位置するはずです.オーダーを予定していた方には大変申し訳ありませんが,どうぞどうぞ,最初から「年内は無理」と聞いてましたので年越しで待ちますから.じっくりよろしくお願いします.

なお,問い合わせに関しては随時受付るとのことです.

ナイト・ブルーミング・ジャスミン

チャールズ・ロイドのライブCDを米国アマゾンのマーケットプレイスで購入しました.

Night in copenhagen
Night in Copenhagen
ジャズ


すでに廃盤となって久しいディスクで,これまではLPからカセットテープに録音した音源から聴いていました.CDをずっと入手したいと思っていましたが,アマゾンのマーケットプレイスでは中古品に相当な値がついていて手が出せませんでした.それがこの夏,日本円で2500円ほどの出物があったので,迷わず買ってしまったわけです.

新生ブルーノートレーベルの最初期の録音で.一見,1960年代に登場したチャールズ・ロイドに再び光を当てる企画のように見えます.しかしブルーノートの真の意図は,ロイドが見いだしたピアニストのミシェル・ベトルチア-二を世界に紹介することでした.ちょっと見にくいですが,ジャケット写真でロイドに抱き上げられているのがペトルチアーニです.

改めて聴き直してみて,アルバム全体としてはそれほど注目すべき内容はないと思いました.なかなか再発されないのも無理はない.やはり原因は,唯一のボイスであるロイドの演奏が,どこを切っても何となく脳天気でユルいことにあると思います.長く第一線から退いていたためでしょう.

一方リズムセクションは優秀で,特にベースのパレ・ダニエルソンとベトルチアーニは強力です.このディスクのハイライトは,LPでは最後に収められていた「Night blooming jasmine」でしょう.ここでのペトルチアーニはまさに「天翔る」という形容がふさわしいソロを聴かせています.これに関してはロイドオリジナルの曲も良く,亜熱帯の夜のなまめかしい空気の中で各奏者のパッションが炸裂します.

ロイドと言うより,その後ブルーノートで多くのリーダーアルバムをリリースすることになるペトルチアーニの,これは記念すべきメジャーデビュー録音というのがふさわしいと思います.

屋島で源平の古戦場を遠望する

香川まで行ったついでに,屋島へ寄ってみました.瀬戸内海沿岸の源平古戦場の中でも名場面の多い場所です.


大きな地図で見る大きな地図で見る

出石手袋を出てナビの設定をすると,県道10号を走るように指示されます.てっきり国道11号に乗るものと思っていましたので意外でした.実際に走ってみると県道10号はバイパス道路のようで非常に快調に流れており,これなら交通量の多いR11より早いかもしれないと納得.ただし,距離的にはだいぶ遠回りになります.

近づくにつれて,台地状の屋島が見えてきます.

屋島

この角度からだと左端のピークがかなり低く見えますが,奥にあるための錯覚で,手前の岩塊と標高はさして変わりません.もう少し左方向から見るとさらに台地状になっていることがよくわかるのですが,移動しながらだったのでうまく撮影できませんでした.

ちょうど昼時だったので,ここはやはり讃岐うどんだろうということで屋島ドライブウェイ入口料金所のすぐ手前にある「本家わら家うどん」へ.食事を終えてドライブウェイを駆け上がります.あちこち行くつもりはなく,檀の浦を俯瞰できる談古嶺だけが目的です.下がその眺め.言わずもがなですが,扇の的とか弓流しとかの舞台になった細い海峡が一望できます.

源平古戦場

義経はあっちから来たんだよなあとか,裏からここに登って駆け下りたら一ノ谷の再現だなあとか,まあ誰でもここに来たら思うようなことを一通り考えてみるわけです.屋島は遠くから見てもはっきりと屋根の形をした印象的な台地なので,いかにもこの台地の上も源平戦記の重要な舞台にふさわしい感じがします.しかし実際にはあまり重要なことはこの台地の上では起こらなかったようです.見張りくらいは当然いたでしょうけど.

なお,この後平家滅亡の地となった下関のは「壇ノ浦」で,ここは「檀の浦」.間違いますね.

しばらくここにいて,帰ることしました.途中眺望がよいのではと思って立ち寄った大串自然公園は,いろいろな施設が整備されていたものの瀬戸内海の眺望はもう一つでした.

高松自動車道に乗り,神戸淡路鳴門自動車道の大鳴門橋を渡る頃には暗くなっていました.淡路島北端の淡路SAに着いた時にはちょうど18:00.毎定時には虹色にライトアップされる鳴門海峡大橋.D5000で夜景を撮ったことがなかったので挑戦.シャッタースピードは4秒です.ISO感度を変えようと思ったのですが,何せ寒くてあきらめました.手持ちなのでまあこんなものかもしれません.それでも水面に映った虹色がなかなかキレイした.

ライトアップ
プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター