梅雨明けて慣らし完了

梅雨が明けました.週初めからの予報で土曜には明けそうだったので,春に行ってススキの焼け野原状態だった砥峰高原を再訪しました.

高原は長い雨と高温ですっかり緑で覆われています.湿地帯の池の向こうの草原に雲間から夏の日差しがスポットライトのように当たっています.
砥峰高原1
砥峰高原も梅雨明けです

同時に,ここまででやっとZ4の累積走行距離が2000kmを超えました.慣らし運転は一応終了です.朝早かったこともあって訪れている者は我々だけ.ステージ前での記念撮影も気兼ねなくできました.
砥峰高原2
Z4は慣らし明け

前回,ここまでは播但道の神崎南ICから来たのですが,今回は一旦生野ICまで行って県道39号線に乗り,そこから長谷まで南下してから砥峰をめざすルートにしました.

砥峰高原から紅葉で有名な福知渓谷への道路は,昨年の大雨で起こった土砂崩れのためにずっと不通になっていました.今回行ってみると通行止めの看板はすでに撤去されていましたが,どういう状態なのかよくわかりません.

ここまではルーフは閉じて来たのですが,さすが標高900mの高原地帯,気温は22℃です.ここで初めてオープンにし,前回と同様峰山高原方面へ.相変わらずカーナビにもGoogle mapにも表示されない快適道路を行きます.ただし峰山高原ホテル方面には向かわず,そのまま南下して県道8号線へ.

急坂をどんどん下り,コーナーをいくつかクリアするごとに温度計の表示が0.5℃ずつ上がっていきます.JR播但線を渡るあたりで助手席が我慢の限界.左に寄せてルーフをクローズ.

ここから県道404号線,国道312号線を乗り継いで福崎へ到着.福崎は柳田國男の生地で,記念館や保存されている生家があるので寄ることにします.昔から一度来てみたかったのですが,なかなか機会に恵まれませんでした.

柳田國男記念館
柳田國男・松岡家顕彰会記念館

医者の家に生まれた松岡家の兄弟は,いずれもそれぞれの分野で足跡を残しています.教育を重んじる家風を持っていたのでしょう.また,祖母の小鶴さんという人の優秀であったことに感銘を受けました.

14:00から東京芸大教授の講演会があり,展示物を見ていた私たちに記念館の係員の人が参加を勧めてくれました.しかし開始までまだ1時間もあったのでそのまま外へ.この記念館近くには「もちむぎのやかた」があり,レストランも併設されています.ちょうど昼時で我々もそこで食事をしたのですが,結構な混雑ぶりでした.それに対して記念館は我々だけ.財団法人ということですが,当日の講演会の入りも含めて運営が少し心配になりました.

記念館の隣にある生家です.
柳田国男生家
柳田國男生家

柳田自身が言っているように,本当にここで5人の兄弟が両親ともに暮らせたのだろうかと疑わしくなるくらい小さな家です.ぐるりと一回り.すると隣には鈴の森神社が.「鈴」は「すず」への当て字で,「神々の聖地」の意味とのことだそうです.柳田の生家を保存する場所としては大変ふさわしいところですね.

今日はこれで終わり.福崎ICから中国縦貫道に乗ったのは14:00前.宝塚トンネル付近もさすがにこの時間だと混雑はなく,1時間足らずで帰宅できました.

琵琶湖東岸ドライブ(つづき)

水生植物公園を出るころには陽が高くなってかなり暑かったので,クローズドのまま走ることにしました.湖岸を走る県道559号線は快適な2車線道路ですが,少なくはない交通量が60~70km/hで流れているので,ちょっとクルマを停めて記念撮影,のようなことがしにくい道です.ということで,写真はなし.1時間ほどで近江八幡に到着.門構えの古風なお蕎麦屋さんに入りました.

日牟礼庵
近江八幡 日牟礼庵

庭の見える座敷でいただきます.11:30頃でやや早かったためか,お客さんは多くはなかったですが,評判のお店のようです.帰りに玄関で靴を履いているときにふと見ると,田辺聖子さんの色紙がかけられていました.

近江八幡はもう少しゆっくりしたかったのですが,今日はさらに湖岸沿いを彦根まで走るつもりだったので,水郷めぐりなどはパス.再び湖岸道路に戻ります.ここからは県道25号線.さざなみ街道というそうです.

地図で見ると長命寺あたりから道路は湖岸のすぐ脇を通っており,さぞかし眺望もいいだろうと期待していたのですが,すでに木々が茂りすぎていてジャングル状態,ここのところの雨続きで枝が道路の方まで伸びてきており,とても景観を楽しむというものではありませんでした.

1時間ほど淡々と走って彦根着.彦根城の駐車場に停めます.ここが本日の目的地です.お城自体にはそれほど関心はないのですが,一応一通りまわってみます.天守閣の写真を撮ろうと思ったのですが,私のカメラの最大画角では撮影できるポイントが限られました.以下は黒門側から.

彦根城天守閣
彦根城天守閣

最後に博物館に入ります.ここで桜田門外事変関連のいくつかの史料を見たかったのです.しかし残念ながら,関連の絵巻や関わった人物たちの処分等を記した史料は常設されておらず,今回は見ることはできませんでした.案内の人に聞くと,あらかじめ学芸員に問い合わせてくれとのこと.こういった分野の研究をしているわけではないので,私に特段の知識があるわけではありません.それらの展示をしている時にまた再訪するしかないようです.

ちょうどひこにゃんの登場時刻となり,周囲が騒がしくなったこともあって博物館を出ました.少しがっかりしましたが,今日見た史料の中でも,井伊直弼という人物の「細かさ」がよくわかるものもあり,こういった性分があの強権的で徹底的な弾圧を可能にしたのかもしれないなどと感じました.行った甲斐はあったと思います.

駐車場まで戻りがてら,井伊直弼の銅像に立ち寄りました.脇にある碑文には,お膝元らしくこうありました.
「・・・この大偉業をなしとげた直弼は,その心情をくむことのできなかった人々によって・・・桜田門外で暗殺され46年の生涯に幕を閉じた」.

ところが併記されている英語では,はっきりと「水戸の尊皇派(愛国者)のグループによって暗殺された」とあります.水戸とは和解したことになっているので,あまりはっきり言わないことになっているのでしょうか.ちょっと興味深いですね.

彦根城から名神彦根ICまでは15分ほどです.混雑もほとんどなく,帰路は快調でした.途中大津SAで小休止し,帰宅したのは17:10.本日の走行距離約250km.燃費は12.6km/L.慣らし運転の目安である2000kmまで,あと100kmほどになりました.

琵琶湖東岸ドライブ

7月10日(土),久しぶりに土曜日を休めたこともあって,琵琶湖へドライブに行ってきました.


大きな地図で見る

出発は7:50.曇っています.名神高速道の尼崎ICから乗って,瀬田西ICで降ります.ここからすぐに琵琶湖東岸の湖岸道路に出て北へ向かいます.晴れてはいないものの雨の心配はなさそうで,オープンは可能.助手席から近江大橋を撮ったのですが,光線不足,手ぶれ等であまり意味のない写真になってます.左のミラーにZ4の車体後部が写っているところが唯一のチャームポイントでしょうか.

湖岸道路
Z4助手席から近江大橋を望む

最初の目的地は草津市立水生植物公園です.ハスが見頃だと聞いた妻が行きたがっていたので寄ってみました.入場料300円を払って中に入ると,公園内はフルサイズのデジタル一眼を持ったおじさん達だらけ.みんなハスの撮影をしています.私も8年前のコンデジでまねをしてみました.

ハス1
ハス2

園内の中心には「ロータス館」があってハスに関しての生物学的ならびに文化・歴史的な知識が学べるようになっています.また,アトリウムも併設されており,中に入ると水生植物の繁茂する熱帯の大気が味わえます.

アトリウム
アトリウム

そもそもこの公園自体がハスの群生地に囲まれていて,園内からもそれを望めます.
ハス田
ハスの群生地

園内を少し散歩してみますが,とにかく蒸し暑く,1時間ほどの滞在でさらに北へ向けて進むことにしました.(つづく)

DELL T3500のセットアップ-その2

あれこれ点検した後,周辺機器を接続します.キーボードは新しいものを使いますが,DELL標準のマウスは私にとっては使いづらいので,これまでも使ってきたものをそのまま継続使用します.液晶ディスプレイは15年近く使ってきたブラウン管(CRT)ディスプレイが今年初めに寿命となって買い換えたところなので,もちろんそのまま使います.

最後に電源ケーブルを差し込んで,電源ON.それにしても,ワークステーションだからということなのか,「セットアップの仕方」のようなドキュメントがまったく見あたりません.しかし,作業を進めるうち,そんなものは不要,もうこれは家電といっていいと気づきました.

以前のOSに較べるとほんとに簡単です.ほとんど何かした認識のないまま,いくつかの質問に答えるともうネットワークにもつながっており,則使用可能です.私はすぐにパッチ当ての作業をしましたが,これもネットワークに接続したまましばらくすると勝手にダウンロードしています.去年買ったデジタルテレビのセットアップと大して手間は変わりませんね.いや楽になりました.

一番うれしかったのは,音が静かなことです.前の360は電源ファンの騒音に悩まされました.ワークステーションということで一般家庭用のデスクトップPCのようには快適性に配慮されておらず,特に夏の暑い時季,少し負荷のかかる仕事をしようものなら,キーンというすさまじい高周波騒音で階下からでも起動しているかどうかがわかる程でした.これなら,騒音に悩まされなくなっただけでも買い換えた意味はありそうです.

ここから後は,他のOSを含んだネットワークでデータをやりとりするための環境構築など細かい作業になり,これは昔ながらに手作業でやるしかありません.また手持ちのアプリケーションがWin7で動くかどうかをチェックしながらのインストール,重要なフリーウェアの最新版の収集など,時間ばかりかかる作業が続きますが,まあこつこつやっていくつもりです.

DELL T3500のセットアップ-その1

注文してあった新しいDELLが届きました.
DELL T3500

新旧2台を並べて写真を撮りました.右側がT3500です.
360とT3500

大きさはほとんど変わりません.多少背が高くなり,奥行きも少しだけ拡大されていますが,設置場所を変えなければならないほどではありません.旧型360の筐体では真っ黒だったフロントマスクにはシルバーの化粧板が施され,やや現代風の顔になっています.何より,FDドライブがなくなりました.えっ? 今どき当たり前ですか?
背面

後からの写真です.まだPS/2ポートが残っていますが,付いてきたキーボードとマウスはUSB接続です.選んだグラフィックボードの出力はDVI-Iコネクタ1系統と,私にとっては初めてとなるDisplayPortコネクタ2系統です.

今回はサウンドに関してはまったく投資しておらず,標準仕様のままです.旧型360のPCIバスに差して使っていたサウンドボードを取り外しておきましたので,そのうちT3500に差して試してみようと思っています.
プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター