桜見ドライブは今年も京都・常照皇寺へ

今年の桜は瞬く間に満開になり,週末の花見を心待ちにしていたら,金曜夜の嵐で満開状態だった花はあらかた散ってしまいました.遅い桜を探して走るしかありません.毎年行っていることもあるし,京都北部の山中の常照皇寺ならまだ大丈夫でしょう.

この時期,短期間だけ「花街道」となる京都府道19号園部平屋線を走ります.出発がちょっと遅くなったので,早い時間だと快走路のこの道もそれなりのペースになってしまいました.「花街道」は私が勝手に呼んでいるだけで,ほかにもいくらでもドライブ中に桜見のできる道はあると思います.ふだんはいたって地味な田舎道ですが,この時期はなかなか美しいです.


20180410_1.jpg



20180410_2.jpg20180410_3.jpg


常照皇寺山門前のしだれ桜は今年もよく咲いていました.もっとのびのびとした構図で写真を撮りたいのですが,まわりに結構人工物があり,人も多いので毎年こんな感じになります.参道を上がって勅額門を通ると,勅使門越しに満開の「御車返し」が見えました.


20180410_4.jpg20180410_5.jpg


毎年見ているので毎年同じことを書いているけど,御車返しの花の色は毎回少しずつ異なって見えます.一昨年は緑がかったグレー,昨年はピンク,今年は白っほい感じがします.いつもよりやや渋さが減じて,今年は幾分可憐さを感じます.


20180410_9.jpg

20180410_11.jpg20180410_10.jpg



奥にある先代の九重桜は今年も存命ですが,支柱の本数が増えたようです.こうして人々がこの木を支え,すでに数百年に達する樹齢を少しでも長らえてくれるよう努力しておられます.やはりこの桜は私にとって特別な印象があります.ただし,花自体は今年はもうほぼ終わっており,周囲が散った花弁で埋まっていました.

20180410_6.jpg



20180410_7.jpg20180410_8.jpg


帰ろうとしたら,受付の人に「仏像は見ましたか」と聞かれました.方丈につながる奥の怡雲(いうん)庵(開山堂)に安置されている仏像もぜひ見ていったらいいと言うのです.もちろん,怡雲庵にはこれまでも何度か入ってみたことがあるのですが,とにかく薄暗くて,何ら予備知識を持たない私はそのまま出てきてしまっていたのでした.

受付の人は,阿弥陀三尊像の
右脇侍勢至菩薩が好きだとおっしゃる.好きだと言われると見に行きたくなるもので,方丈から降りて履いた靴をまた脱いで上がりました.しばらく20℃を超えるような暖かい(暑い)日が続いていましたが,金曜の嵐のあと気温が急に下がり,この日京都市内でも最高気温13℃.この山中ではおそらく10℃を下回っていたのではないでしょうか.

怡雲庵の中はそれよりもさらに寒さを感じ,床から冷気が上がってきました.暗い中,入口左手の三尊像に対面します.しばらくたたずんでいると,暗さに目が慣れてきました.確かに確かに.右の勢至菩薩のやわらかい表情は言われるとおりとても魅力がありました.写真撮影可ということでしたが,他の参拝者もいる中だったので,フラッシュを使わず撮りました.ちょっと暗いけど,実際に対峙したときの印象はこれくらいだと思います.

中尊・阿弥陀如来像.
20180410_12.jpg20180410_13.jpg


左脇侍・観音菩薩像.
20180410_14.jpg20180410_15.jpg



右脇侍・勢至菩薩像.
20180410_16.jpg20180410_17.jpg


帰ってきて調べたら,国の重要文化財に指定されているのだそうです.入場の時に寺でくれるパンフレットには,仏像のことは一言も書かれていません.これまで桜のことしか見てなかったけど,次は遅まきなから怡雲庵のことも少し調べてから行くことにします.

熊野三山に参詣する -後半

神倉神社は現在では熊野速玉大社の摂社とされていますが,その立地の魅力から今回もっとも行ってみたかった場所でした.速玉大社からはクルマで10分足らずの所にある神倉神社の駐車場へ.ここから,源頼朝の寄進と伝えられる石段を登りますが,これがかなりの急坂で,かつ「階段」と思うには一段分の高さがありすぎます.勾配の緩い「女坂」が設けられていることに,下ってくる時気付きました.

苦労して500段余りを登りきると,やがて大きな岩の蔭に押しつぶされそうになって建てられている小さな社殿が見えてきます.この巨岩-ゴトビキ(ひきがえる)岩-が神倉神社のご神体で,しめ縄が架けられています.周囲は断崖になっていて,新宮市街の向こうの太平洋までが見晴らせました.

20171220_8.jpg    20171220_9.jpg

20171220_10.jpg


20171220_11.jpg


前半で柱状節理に触れたように,紀伊半島には火山こそありませんが,古い時代に活発なマグマの活動があった痕跡がそこここに確認できます.私はこれまたまだ行ったことがないのですが,有名な古座川の一枚岩も火山性の凝灰岩だそうです.紀伊半島南部の地下には鉛直方向投影面積が神奈川県ほどもある超巨大岩隗が埋まっていて,古座川の一枚岩はそれが地表面に露出している部分を見ているだけだというのだから壮大な話です.ゴトビキ岩のみならず,この地域の顕著な巨岩信仰がこのような地理的特徴を背景として醸成されたことは間違いないと思います.

さて,神代の雰囲気を満喫したら下山です.ここは2月の火祭りでも有名ですが,夜の闇の中,大勢の上り子たちが松明を持ってこの石段を駆け下りる様を思いました.次は三山最後の熊野那智大社へ30分ほどの移動です.ご神体の那智の滝.関西人なのに,生まれて初めての参拝です.梅雨前なので,残念ながら滝の水量はちょっと少なめでした.

20171220_12.jpg   20171220_13.jpg



滝まで行ってから社殿も見てみようと石段を登り返します.そんなに遠くないだろうと甘く見ていましたが,結構登りました.クルマは那智の滝直近の駐車場から少し下った所に置いてしまっていたのですが,上の神社境内にも駐車場があるので,体力に自信がなかったり歩く時間のない場合はクルマで上がらないとかなり大変なことになりますね.

社殿まで来たら結構疲れてしまっていたのと,人が多すぎたこともあって写真を撮る気をなくしてしまいまいました.この那智山には熊野大社だけでなく,隣接して青岸渡寺が建立されています.神仏混淆の香りが濃厚で,古い時代の空気が漂っています.那智の滝と三重の塔の共存はそれを象徴した景色でしょう.

20171220_14.jpg


もう16:30になっていました.登ってきた石段を下っていると,外国人のカップルにバス停までの道を聞かれたので一緒に下りることになりました.男性は英国から,女性はアルゼンチンから旅行に来ているそうです.熊野古道を歩いてきたようでした.さっきの神倉山の頂上では台湾の若い女の子二人組に会ったし,最近はどこかへ出かける度に,しかも観光地としては大して知られていないような場所でさえ,外国人旅行者に会うことが本当に多くなりました.

下りきって二人と別れ,Z4に乗り込んだら17:00でした.日が長い季節とはいえ,夜走るのは好きではないのでそろそろ帰らないと.一日中晴れていて特に昼間のオープンドライブはかなり暑かったけど,夕刻になるとさすがに過ごしやすくなりました.三山を回ってきてここで橋杭岩を見ると,「火の国熊野」という形容が確かに相応しい思いがしました.

20171220_15.jpg


熊野三山に参詣する -前半

私はこれまで,熊野本宮大社だけは二度参詣したことがあるものの,新宮周辺の二つの社へは那智の滝を含めて一度も行ったことがありませんでした.すべて見てこようというツアーです.とは言っても,これはもう半年も前6月上旬の話.梅雨入り直前,景色も緑が重ったるいばかりで大して写真も撮らなかったこともあって放置していたのを今頃アップしています.

いつものように湾岸線を南下.まずは本宮大社を目指します.距離的にはともかく,時間的には田辺まで行って熊野街道(中辺路)を辿るのが早いはずですが,今回はあえて五条からR168を南下し,十津川村を越えて本宮に至るコースを取りました.これまで走ったことがなかったので.

梅雨入り間近とは思えない快晴でした.近畿道美原JCTから南阪奈道に入り,京阪奈道を経てR24へ.五条まで行ってR168へ左折したら,後はひたすら南下します.山が深いです.神武天皇が東征時に難渋したのも無理ありません.


20171220_1.jpg
20171220_0.jpg


出発して4時間近く,ようやく熊野本宮大社着.神武天皇を導いた八咫烏に迎えられ,鳥居をくぐって石段を登ります.言うまでもなく旧社地はかつて熊野川・音無川・岩田川の三川合流地点中洲にある大斎原でしたが,130年ほど前の水害で現在の場所に移されています.

20171220_2.jpg20171220_3.jpg

大しめ縄をかけられた神門をくぐって神殿に入ります.中には多くの神様を祀ってあり,参拝順序も決められているようなのですが,これはいつも適当になります.写真は撮影禁止なので,外からだけ.


20171220_4.jpg


昼ご飯を食べ(たはずだがどこで何を食べたか忘れてしまった),規定順路に従い次は新宮へ.熊野川対岸にくっきりとした柱状節理が見えてきます.これほど大きいものではなくても,この辺りの熊野川沿いでは至る所に確認できるようです.私にとっては,南紀で柱状節理と言えば,やはり楯ヶ崎を思い出さないわけにはいきません.


20171220_5.jpg
楯ヶ


本宮大社からは40分ほどで熊野速玉大社到着.朱塗りの拝殿前には歴代上皇・法皇・女院の熊野御幸記録を記した石碑が建てられていました.ここを新宮と呼ぶのは,熊野速玉大社の主祭神の一とされている熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)が元々祀られていた神倉山上の社殿-神倉神社-を元宮とするからのようです.

20171220_6.jpg20171220_7.jpg  


(後半へ続く)

冠雪した北アルプスを見た信州ツアー 3日目【雨・帰路・東山魁夷美術館】

最終日の朝,蓼科の空は曇で覆われていました.いつ雨が落ちてきてもおかしくない空模様で,屋根は閉めたまま出発.それでも蓼科山ははっきり見えていました.


20171123_1.jpg


下りはじめて間もなく,小さな雨が降ってきました.雨の中をワイパーを動かして走るのも,2年前の夏の北海道以来です.ブレードはこの春新品にしたばかりなのに,フロントガラスが汚れているのか右ワイパーの自励振動がひどく,うるさくて使っていられません.普段使いしていればこんなことにはならないのだろうけど,帰ったら直さないといけないな.

3日目の天気が良くないことは承知していましたが,雨さえ降っていなければ野麦峠か開田高原経由で髙山へ行き,千光寺で円空仏を見るつもりでした.しかし,早々に降り出してしまったので,峠越えは見送り.諏訪から中央道に乗ってさっさと帰ることにします.しかしそれではあんまりなので中津川ICでいったん降り,東山魁夷美術館「心の旅路館」へ寄ることにしました.R19を20分ほど木曽方面へ戻ると,道の駅賤母(しずも)エリア内にある美術館に着きます.



20171123_2.jpg


ここは2011年9月に用があって伊那へ行った帰り,たまたま道の駅賤母に寄ったら併設されていたので入ってみたのでした.木曽路は東山魁夷が若い頃はじめて一人旅をした土地で,その旅にちなんで建てられた美術館だそうです.小規模ですが,いかにもこの地にふさわしい画家の作品を気軽に見られたので気に入っていました.前日の夕刻,蓼科を散歩しながらまるで東山魁夷の絵のようだと感じた風景を,ここで確認できるような次第になったのは雨メニューとしては良かった.下の「秋径」絵葉書買いました.


20171123_3.jpg

(終わり)

冠雪した北アルプスを見た信州ツアー 2日目夜【番外編:ブリティッシュ・サウンドでモーツァルト】

宿泊は蓼科ペンション村の最深部にある「リトルフット」.本来この日は白駒池や麦草峠を越えて八千穂高原まで足を延ばすつもりだったので,到着が遅くなることも見越して蓼科にしたのでした.

斜面に建てられた「リトルフット」の玄関へは,駐車スペースから木製の階段を下って入ります.周囲の木々が落とした葉が階段の両脇に積もっていました.散歩して結構身体が冷えてしまっていたので,まず風呂に入らせてもらいました.

食事は地場の野菜や果物を積極的に採り入れてていねいに作られたもので,美味しくいただきました.そして,食堂スペースに入った時から気になっていたのが,DENON製ターンテーブルに分厚い筐体を与えられたアナログレコード・プレーヤー.しかも音の出口は一目みてハーベスのスピーカーです.アンプは遠目によくわかりませんでしたが,後で確認したらミュージカル・フィデリティのA1で,スピーカー共々英国製です.純A級で,しかもこの筐体だと放熱が難しくて使うには覚悟がいるだろうと思います.極端に控えめに言っても,そこらの家電量販店で適当に買ってきたらこうなったなどというシステムではありません.

また,食堂に隣接した小部屋は大きなディスプレイが置かれたAVルームになっています.こちらは冬のスキー客が主に利用するのかもしれませんが,食事が終わってから棚にたくさん置かれているDVDのタイトルを見てみると,クラシック音楽のライブ映像などもたくさんあることがわかりました.

ハード・ソフトともに内容が大変充実しています.そこで,アナログシステム脇のLPの棚を見てみると,クラシック音楽の音源がたくさんあるようでした.システムの仕様から小編成の音楽が良さそうだと思ったので,オーナーさんにモーツァルトの弦楽四重奏曲「狩」をかけてくれませんかと当てずっぽうにお願いすると,それはないんですが,ではこれをと言ってかけてくれたのが,「狩」と同じハイドンセット6曲のうちの1曲で第14番( K.387)でした.演奏はスメタナ四重奏団.

いやもう最高でした.オーナーさんが「しばらく鳴らしてないので」と仰るとおり,最初はちょっと鼻をつまんだような音がしていましたが,だんだん調子が出てきて,第3楽章に入る頃にはハーベスのちょっと暗め(私のクレモナに較べると...かな)の音色が蓼科の夜にすばらしくフィットしていました.まるまる一曲聴かせていただいたので遅くなってご迷惑をおかけしましたが,私たちにとってこんなリッチな宿泊はありません.この日はR299通行止でがっかりしていましたが,これは本当にその気分を帳消しにしてくれる愉しいレコード・コンサートでした.




プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター