Z4法定一年点検とエンジン出力低下警告

Z4を定期点検に出しました.これで8年乗ったことになります.消耗品関係は以下.すべてディーラー任せで総額8.2万円.

○エンジンオイル,フィルター交換
○エアコンマイクロフィルター交換
○エアコンエレメント交換
○ブレーキオイル交換

走行距離:50,755km
  Fブレーキパッド残量:L 12mm,R 12mm
  Rブレーキパッド残量:L 9mm,R 9mm
  Fタイヤ残量:L 6.5mm,R 6.5mm
  Rタイヤ残量:L 6.0mm,R 6.0mm

去年の車検から1年ちょっとで走行4000km余り.タイヤもブレーキパッドもまだ大丈夫です.

なお,点検に出す前日,淡路島へ行くために阪神高速に乗る直前,信号待ちをしていたらメーターパネルに「エンジン出力低下」というメッセージが出ました.発進時,特に異常はなかったのでそのまま高速に乗り,料金所を出たところでZ4を脇に停め,エンジンを再起動したらメッセージは消えました.そのまま1日走りましたが,終日異常は感じませんでした.

その時のログが点検時に見つかったのですが,点検の見積書を見ると「高圧ポンプ交換」で費用約18万円(!)とあります.1回だけの警告で随分用意がいいなと思ってサービスさんに詳しく聞いてみると,35iのエンジンN54Bでは他の車種に搭載されているものの含め,結構起こる故障だと白状しました.

今回は1度警告が出ただけでその後不調は感じなかったから様子見になりました.しかし気になったので家に帰ってから調べてみると,N54Bエンジンの直噴高圧ポンプ故障は“持病”のようなもので,かなり頻発しているようです.米国ではリコールになっているそうで,BMWジャパンでは一応理由を挙げていますが,やはりこれを日本で放置しているのは許せないですね.しばらくはビクビクしながら走ることになりそうです.

2017年ツーリングまとめ

Z4のオドメーターは現在50,221km..2017年のスタートが45,998kmだったので,1年間で約4,200kmしか走らなかったことになります.今年はほんとに乗れなかった.昨年も6,000km程度でしたが,今年はそのレベルをはるかに下回ってしまいました.200km前後は走ったドライブをまとめると以下.

目的地
概算距離
(km)
1月和歌山白崎海岸,明恵遺蹟 250
3月三ツ塚史跡梅林 200
4月兵庫・清住 200
4月常照皇寺・美山 200
4月丹後半島  400
5月白毫寺 200
5月砥峰高原 200
6月熊野三山  500
9月美山    200
10月信州    950
合  計 3300


これではチョイ乗りを繰り返していたも同然です.それでも,なかなか乗れないだけに乗り飽きることはなく,いつまでも結構新鮮な気分とも言えるかな.まあ何とか秋に信州ツアーに出られたのはよかった.冠雪した山々を見ながらのドライブはZ4ではこれまで経験がなかったので,最初の2日間が最高の好天だったこともあってとても楽しめました..来年はもう少し遠出がしたいものです.


BMW E89 Z4 バッテリー交換 -登録編

Z4のバッテリーを交換した後,ISTA-Dを用いた車載コンピュータへの登録作業についてメモを書き,一度は公開しました.しかし,結局のところ所期の結果が得られておらず中途半端な状態でしたので,公開を取り下げることにしました.もう少し調べたり自分なりの努力をしてみて,進展があればまたここにまとめようと思います.

ということで,バッテリー交換についてはひとまずこれで終了とします.


BMW E89 Z4 バッテリー交換

前回交換から4年経過したZ4のバッテリ-.先日の車検時に交換を勧められましたが,純正品は高価すぎて手が出ませんでした.とはいえ,ただ新しいバッテリーを買ってきて取り替えるだけなら話は簡単ですが,その後車載コンピュータに登録の書込みをしないといろいろ不具合の原因になるらしい.

というわけで,自分でやってみる決心をしました.まず,テスターで電圧を計ってみます.Z4のバッテリーはリアのトランク下にありますが,整備用のジャンプ端子がエンジンルーム内バルクヘッド上端付近にあるので,交換の間バックアップ電源を供給しておくための予習としてこちらで計ってみました.プラス側は赤い樹脂製キャップを被せられているので,それを引き抜き,金属部を露出させて使います.マイナス側はシャーシのどこか適切な場所.

20170417_1.jpg20170417_2.jpg


フルスケール25Vなので,12Vを少し切るくらいですね.車検時にディーラーから出てきたデータとほぼ同じです.使ったテスターは私が小学生高学年のころ,電子工作を始めてしばらくして,これだけは持っていないと話にならないことがわかって買った1969年製の日置F-75Jです.もう50年近く使っていることになります.我ながら物持ちがいいにもほどがあるとは思うけれど,取説を見ると「テスターは正しく扱えば末永く使用できます」とあって,やはりこの製品の品質を褒めるべきでしょう.

バッテリーは今付いているのと同じスペックのものを選びました.BOSCHのBLA-70-L3です.

20170417_3.jpg

電源のバックアップはした方が安心ですが,E89 Z4の場合は,バックアップしなかったとしても,時刻が狂う,パワーウィンドウがガラスの上下端位置を忘れてオートが効かなくなる,くらいで特に大きな問題にはならないそうです(ディーラーのサービスさん談).時計は自分で直せばいいし,ガラスの上下端位置は手動で上端(下端)まで動かしたまま昇降ボタンの長押しで再登録できるそうです.

とはいえやはり一応バックアップはします.ヨドバシで単3電池8個用の電池ケースとワニ口クリップ,延長用ケーブルを買ってきて自作しました.近頃はこういう単純な部品はPC売り場なんかにはなく,店員さんに聞いてたどり着いた先はロボット・キットの売り場でした.ヒューズも付けてないので,接続の極性は慎重に確認.

20170417_4.jpg


バッテリーの取り付けステーや位置決め部品のボルトはすべて13mmです.中途半端だな.12mmでいいじゃないか?  特に底面にあるL字型の位置決め部品の取り付けボルトへのアクセスは狭い上に深さがあってTレンチが欲しいですが,10mmや12mmはあっても13mmのTレンチなんて私の工具箱には入っていません.仕方なくエクステンションバーの長さが150mmほどしかない手持ちのソケットレンチを使いましたが,緩めて外す時,換装して締める時,いずれもちょっと苦労しました.排気チューブの接続も忘れずに.

20170417_5.jpg20170417_6.jpg


取り付けを確認して一応エンジンをかけてみます.時計の時間も大丈夫だし,パワーウィンドウのオートもちゃんと効きます.さてハードの交換が済んだので,次はいよいよ車載コンピュータへの登録作業です.
(続く)

Z4 三度目の車検

Z4を三度目の車検に出しました.もう7年乗ったことになります.何か不具合を指摘されるのではとびくびくしながらディーラーへ.

私は代車なんて要らないのでZ4を預けてそのまま自分の足で勤務先へ.すると,今回は何時間も経たないうちにサービスからメールが来て,車体下回りを撮影したので見てくれという.そら来たかと思ってメールにあるアドレスに置かれたビデオを再生.何のことはない,車検の際のサービスとして最近始めたことのようです.自分のクルマの下回りを見るのは初めてなので,これはこれで興味深いです.

点検の結果.今回も特に大きな問題は見つからず,オルターネータのVベルトを交換するくらいでほっとしました.消耗品の交換はワイパーブレード.バッテリーは4年経ったので交換を勧められましたが,費用が工賃込みで5万を超えると言われ,いくらなんでも高すぎると思ってこれはパス.ということで総額16万程度の車検となりました.現在のデータは以下.

 走行距離:46,460km
  Fブレーキパッド残量:L 12mm,R 12mm
  Rブレーキパッド残量:L 8mm,R 8mm
  Fタイヤ残量:L 7.2mm,R 7.2mm
  Rタイヤ残量:L 7.2mm,R 7.2mm

それにしてもパッドが減りませんね.その割にホイールが汚れますが.バッテリーどうしよう.元々,これくらいは自分でやろうという気持ちはあったけれど,面倒さもあって結局今回の車検時に一緒に頼んでしまうんだろうなとも思っていました.しかしあまりの高額に驚いてディーラーには見送り通告してしまいました.モノはネットで簡単に買えるけど,車載コンピュータへの登録をしないと警告が出てうるさいらしい.どうしようかなあ.


プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター