ボストン美術館の至宝展

神戸市立博物館.これも時間が経ってしまいました.

20180126.jpg

ボストン美術館の収蔵品による美術展は,ここにメモを残すようになって3度目です.
ボストン美術館の葛飾北斎
ボストン美術館展

今回は全体のテーマを限定せず,幅広い時代と地域にわたる収蔵品を紹介するものです.
1 古代エジプト美術
2 中国美術
3 日本美術
4 フランス絵画
5 アメリカ絵画
6 版画・写真
7 現代美術

古代エジプト美術では,数千年前の王たちの肖像や墓石に残されたレリープの断片など.ハーバード大学との鏡胴発掘調査の成果を展示しているとのことで,学術畑な関心のある人向き.中国美術では五百羅漢や龍の図など.徽宗作『五色鸚鵡図巻』はとても美しい.ほとんどが個人の設立した基金によって収集されたもののようです.

日本美術は尾形乾山/光琳,曾我蕭白,酒井抱一,喜多川歌麿など.英一蝶『涅槃図』は価値も人気も高いようだけれど,擬人化された動物なんていうのは私にはどうも...酒井抱一『花魁図』の豪奢や喜多川歌麿『三味線を弾く美人図』の洒脱はもちろん楽しめます.

フランス絵画は印象派やポスト印象派の絵画が大半を占めていましたが,それらを凌駕して魅力を放っていたのがミレー,特に『洋梨』がすごい.農民を描いた画家としての認識はありますが,静物画を多く描いたかどうかはよく知りません.しかし,果物のリアルな質感や,トリミングされたナイフの存在など,やはり傑出した画家であることが明白です.また,ゴッホの描いた『郵便配達人ジョゼフ・ルーラン』をナマで見ることができたのは幸運でした.映画『ゴッホ 最期の手紙』にも登場していた,制服に長い顎髭.並べて展示されていた『子守歌,ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人』は,ゴッホが自分の耳を切って病院に収容され,退院した直後の作品.前年に描かれた『ジョゼフ・ルーラン』との筆致の相違を見れば見るほど,すでにゴッホの精神が異様なものを抱えていたことに気付かされることになります.

アメリカ絵画はまったく未知の領域.18世紀に活動したエイブリーの肖像画は古典的ですが,20世紀初頭のサージェント『フィスク・ウォレン夫人(グレッチェン・オズグッド)と娘レイチェル』では,ポーズもちょっとくだけていかにもアメリカ人です.そのほか風景や人々のリアルな営みを描いた作品など.

版画ではアメリカ美術で登場したウィンスロー・ホーマーがここではエッチングで.『八点鐘』は本人による油彩画をもとにして作られています.荒天の海で船の位置を観測している二人の船員が緊張感をもって描かれています.もう一点は『海難』.おそらく遭難した船の乗組員の家族であろう二人の女性が海岸に立って沖を見ています.アドワード・ホッパーは『小帆船』,『線路』,『橋の上の娘』,『機関車』の4点.1920年代,急速に工業化が進む中で描かれた作品と知れば,画題にも納得がいきます.

写真ではまずチャールズ・シーラ-1917年の『白い納屋,壁,ペンシルバニア州バックス郡』.ニューヨークの摩天楼を採り上げた写真集などが有名だそうです.北米大陸の機械化文明と人工物に対する観察と思索を続けた人なのかもしれません.少し時代が進んでアンセル・アダムスの3点は自然の造形が対象ですが,荒涼として人を寄せ付けないような風景をクールな描写で.

最後の現代美術.ウォーホルの『ジャッキー』を皮切りに,デイヴィッド・ホックニー,サム・テイラー=ジョンソン,村上隆,ケヒンデ・ワイリー.

美術展全体としては,やはりある程度テーマがフォーカスされている方が鑑賞しやすいですね.今回は1点1点の前で頭と眼をリセットして臨む必要があり,快くもあり疲労感もありといったところ.もっとも,いつもすべてを真剣になんて見ていませんけどね.

エルミタージュ美術館展

エルミタージュの収蔵品から,17,18世紀の西洋絵画を中心に公開.兵庫県立美術館.

20171214.jpg


入口に,エルミタージュ美術館を創設したエカテリーナ2世の大きな肖像画が架けられ,ここだけは写真撮影が許可されていました.展示は以下の5区画.

1.イタリア:ルネサンスからバロックへ
2.フランドル:バロック的豊穣の時代
3.オランダ:市民絵画の黄金時代
4.スペイン:神と聖人の世紀
5.フランス:古典主義的バロックからロココへ
6.ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

イタリア絵画の部.ルネサンス期には3人の大天才が,それこそ画題から構図から筆致に至るまで完璧というしかない作品を生み出していたわけですが,ここではそれより少し下った時代の作品群.パンフレットの「羽根飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」では,いまだ深い知性が身についているとは言えない感じの女性が,明らかに男物の軍服のような衣装をまとっていていろいろな想像を喚起します.楽器を弾いている画題もありましたし,人物ばかりではなく風景画も現われています.

フランドル絵画.日本人なら誰でも知っている「フランダースの犬」で,やはり思い出すのはルーベンス.その工房作品を含め,4点が展示されていました.印象に残ったのはその弟子のヴァン・ダイクによる「王妃ヘンリエッタ・マリアの2人の侍女」.ヴァン・ダイクにはヘンリエッタ・マリア自身の華麗な肖像画作品もありますが,二人の侍女の,美女とは言いがたいけれど生活者としての人格が見通せるような表情は見応えがありました.その他ではブリューゲル親子の作品も1点ずつ.変わったところではスネイデルスの2点.「鳥のコンサート」と「果物鉢と切ったメロン」ですが,前者はなんでこんな絵を描きたいのが意図がわからないし,後者のメロンはいかにも不味そうでした.

オランダ絵画の黄金期と言えばちょうどこの時代で,まずはフェルメールやレンブラントの名が浮かびます.エルミタージュにはフェルメールの作品はなく,今回来たのはレンブラントの「運命を悟るハマン」1点.重苦しいテーマで,画面からは危機的状況に直面した3人それぞれの表情が描かれています.その他は私の記憶にはない画家ばかりでしたが.当時強力な海運国家としてその基盤が確立していたオランダ社会で,一般市民の家庭における営みや身近な風景が好んで描かれた様子が見て取れます.アールト・ファン・デル・ネールの「月明かりの川の風景」を見ていたら,ふと「マティスとルオー展」で印象に残ったルオーの「人物のいる風景」を思い出しました.あれもレンブラントの影響が感じられる作品でした.

スペイン絵画のコレクションからは5点のみ.すべて宗教画題でしたが,中でもフランシスコ・デ・スルバランの「聖母マリアの少女時代」はその祈りの姿の純朴さが強く心に残ります.聖母となった後に描かれる姿とは異なり,現代の子供を描いたと言われても納得できるような親しみやすさがありました.

フランス絵画は,宗教画から当時の運河や港湾といった人工物を描いた作品まで幅広く展示されていました.ただし,私にとっては初めて知る画家ばかりだったこともあり,19世紀以降に最も突出した発展を見せたのがフランス絵画であったことを考えると,今回出展された作品には他と比べてそれほど顕著な特徴を見いだせませんでした.

最後は,上記の文化圏に比べてやや遅れをとっていたイギリスとドイツの絵画です.全6点でしたが,何といってもクラーナハの「林檎の木の下の聖母子」が来ていたのはうれしかった.この春のクラーナハ展で接した,ひやりとした表情の女性像がここでも.16世紀初頭の絵画で,今回出展されていた作品群の中でも上掲パンフレット「羽根飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」と並んでもっとも古い時代に描かれた作品ですが,当時こんな聖母子像はかなり異端的であったのではないでしょうか.

余談ながら,エルミタージュ美術館展は,2001年に新潟県立近代美術館で開催されたときにも見に行きました.この時は原始文化から東洋・西洋の美術に至るまで非常に幅広い時間スケールでの展示品を見ることができました.今回はあれに比べると西洋美術のオールド・マスター展という位置づけであったため,私にとっては全体にやや単調な印象でした.

北斎-富士を超えて- 大英博物館 国際共同プロジェクト

最近またいろいろなメディアで採り上げられることの多い葛飾北斎.大英博物館のコレクションを中心に, 北斎晩年の30年に焦点を当てた作品展.あべのハルカス美術館.

20171124.jpg


大規模な北斎展を見るのは,2014年の神戸市立博物館「ボストン美術館の葛飾北斎」展以来です.日本美術の展覧会はもちろん大歓迎ですが,いずれも外国美術館・博物館がらみです.いかに多くの作品が海外へ流出してしまっているかの証で,それらのまとまった収蔵品群がなければ北斎の作品展が成立しないということなのでしょう.なんとも残念です.

さて,展示は以下の各パート.
1.画壇への登場から還暦
2.富士と大波
3.目に見える世界
4.想像の世界
5.北斎の周辺
6.神の領域

北斎は90歳まで生きたので,晩年30年とは還暦以後ということになります.1.での『源為朝』は『椿説弓張月』の挿絵で,同時代人であった滝沢馬琴との交流を伺わせます.2.ではやはり富嶽三十六景の『浪裏』と『凱風快晴』.やはり『浪裏』では,今から200年も前に自然造形のフラクタル構造を意識していた眼力ないしは直感に驚きます.外形線はすべて円弧で表現できると考えていたともいわれ,そうしたプリミティブに還元してモノを把握する概念は相当に現代的です.

富嶽三十六景図は他にも多くの作品が展示されていましたが,いずれもさすがに退色が感じられるものも多いです.その中にあって『浪裏』は,以前神戸で見たボストン美術館所蔵品も,今回の大英博物館所蔵品と同様きわめて鮮やかな色合いを保持していたように見えました.多用されたプルシアンブルーが安定な顔料なのでしょう.

印象に残る作品が多かったのは5.NHKのドラマにもなった,北斎の三女応為(おうい)の作品『吉原格子先之図』.この時代,これだけ光と影を積極的に描こうとした試みというのはあまり見たことがないように思います.また,北斎と応為の合作とされる『菊図』は実物よりずっと大きく描かれた大菊の量感がすばらしかった.

さらに,『浪裏』をさらに追求した果ての作品とされる小布施上町の祭屋台装飾『男濤図』,『女濤図を見られたのも良かった.一対で陰陽を表す太極図のようです.波濤の先端部分が『浪裏』よりもさらに強調され,もはや単なる自然描写を超えた意図を感じます.

6.ではまず『李白観瀑図』に目を奪われます.巨瀑を見上げる李白はごく小さく描かれ,画家の関心は滝そのものを描くことにあるのは明らかです.しかしそれは滝というより銀河あるいはオーロラのようで,ほとんど宇宙的です.あたりには轟音が響いているはずですが,画面から伝わる空気はきわめて静謐で,李白(ここでは北斎)が目に見える事物の在りようの向こう側を見ようとしていることが窺えます.

そして『富士越竜図』.NHKのドラマでは,ラスト近くで北斎が応為達に見守られながら本作の富士の肩から天に昇る竜を描くシーンが置かれていて,大変印象的でした.おそらくこうしたドラマなどの影響で,普段は比較的落ち着いて見られるハルカス美術館がおそろしく混んでおり,近づくのが困難な作品もありましたが,見ておくべきものは見られたと思います.

ブリューゲル 『バベルの塔』展

ロッテルダムにあるボイマンス美術館所蔵のブリューゲル「バベルの塔」を中心に.国立国際美術館.

20171008.jpg


本ブログを始めてから私が見たオランダ絵画展は,フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が来たマウリッツハイス美術館展と,やはり同時代のフェルメールとレンプラント-17世紀のオランダ絵画展.今回は彼らより100年ほど遡った時代の美術展です.

Ⅰ 16世紀ネーデルランドの彫刻
Ⅱ 信仰に仕えて
Ⅲ ホラント地方の美術
Ⅳ 新たな画題へ
Ⅴ 奇想の画家 ヒエロニムス・ボス
Ⅵ ボスのように描く
Ⅶ ブリューゲルの版画
Ⅷ 「バベルの塔」へ

Ⅰでは主にキリスト教聖書に題材を求めたものや,著名な宗教者を顕彰する目的で作成されたと思われる彫刻が展示されています.作者不詳の作品も多数.人物の立像でも正面からのみ彫られたものが多く,そうした作品の後側は平面になっています.壁面に設置されることを想定して制作されたのでしょうか.正面と言えば,『受胎告知の聖母』では本来床面と平行であるべき聖書台の天板が手前に傾けられて表現されていて,当時は独特の空間表現が受け入れられていたことがわかります.

ⅡではⅠよりさらに古い時代の作品も含んだネーデルランドの宗教画が中心です.やはり作者のわからない作品が多く展示されています.1500年頃の作とされる『聖カタリナ』の衣服の刺繍の細密描写が見事です.Ⅲは北海に面したネーデルランド西部地域の美術.やはり宗教画題が主です.

ここまでは旧約・新約聖書の有名場面や聖人の肖像画が主でしたが,続くⅣでは画家の目が次第に人々の暮らしや風景,室内の静物に向けられていった過程の作品が示されています.同じ宗教画題でも背景描写に注意が向けられるようになり,肖像画も貴族・良家に限られるとはいえ無名の人々を描いた作品が登場します.

Ⅴはヒエロニムス・ボスの区画です.本展示会の目玉は表向きブリューゲルの『バベル』ですが,影の主役はまぎれもなくこのボスとその奇想が後世へ及ぼした影響であるといえます.展示されるボス自身の作品は『放浪者(行商人)』と『聖クリストフォロス』および続くⅥでの『樹木人間』の計3点だけでしたが,そのⅥの展示作品をみると,後のオランダ絵画へのボスの影響がいかに大きかったかを知ることができます.ボスの作品については会場に解説ビデオが流されていて,ボスが描いたグロテスクかつユーモラスな数々のキャラクターが詳細に見られるようになっていました.500年以上も前の画家のもつ,極めて現代的なポップアート性に驚きます.

戯画的でおそらくは大衆的な人気もあったのでしょう.ボスの奇想を継承する多くの画家が出現したようです.ブリューゲルもその例外ではなく,Ⅶでは様々な現世的教訓や格言を戯画化した題材の作品が多数展示されていました.それらが版画という形態であるのは,やはり大衆的な人気があったことを示しているように思われます.

そしてⅧの『バベル』.旧約聖書の「創世記」に著わされた有名な物語です.象徴的とはいえ非現実的な神話を画題としつつ,細部にはおそろしくリアルな描写を試みています.建設に携わる労働者たちの姿,滑車で吊り上げられる過程の煉瓦が粉をまき散らした筋.上層の新しい煉瓦は赤く,下層では時間が経って変色しています.塔の内部に見える調度からは,そこにいる人物たちの身分までが暗示されています.

こうしたディテールは現代の芸術家たちの想像力を刺激するようで,『AKIRA』の大友克洋はこのブリューゲル作品をもとに塔の内部を描く試みを行い,また東京藝術大学COI拠点はこの作品の精密な複製画を制作し,さらに3DCG化映像まで作ってしまいました.この作品のもつある種の劇画性は,われわれ日本人にはとても受け入れやすいのかもしれません.

『怖い絵』展

「怖い絵」シリーズで有名なドイツ文学者・中野京子監修による,恐怖をテーマとした絵画展.兵庫県立美術館.

20180819.jpg


展示は肉筆画と版画で,次の6部に分けられていました.

1.神話と聖書4.現実
2.悪魔,地獄,怪物5.崇高の風景
3.異界と幻視6.歴史

1.は古代ギリシャ神話と旧約聖書.ルドンによるオルフェウスの首は怖いと言えば怖いテーマだけど,描写はリアルではなく神話の霞に覆われて想像力を刺激します.オデュッセウスとキルケーやセイレーン.エロティックな美女は古今東西を問わずいつでも怖ろしいもののようで.同じセイレーンでも,20世紀に入って描かれたドレイパーの作品はまるでルネサンス期の画風だし,同時代のモッサのセイレーンは猛禽の足爪を持ち,口からは船乗りを食った血を滴らせています.

2.ではフューズリの『夢魔』やダンテの『神曲』からの題材など.ギュスターヴ・ドレの『神曲』挿絵など見ていると,映画『エイリアン』の最初の方のシーンを思い出しました.キリスト教圏の人々が不気味と感じる造形として,感受性の奥底に沈殿しているイメージなのかもしれません.あとはゲーテの『ファウスト』やオスカー・ワイルドの戯曲によって現代的な意味を強化されたと言っていい『サロメ』など.

3.は何と言ってもムンクの『死と乙女』,『マドンナ』の2点.虚ろな眼をしたマドンナの周囲に精子が描かれているのは知りませんでした.アンソールの作品も3点.この画家については,ちょうど1年前,姫路で見たベルギー近代美術の精華展で初めて知りました.やはりどこかひねくれているというか,権威に対する反骨・反発といった態度が感じられます.ピラネージの描く廃墟のような牢獄や建築物は,エッシャーの無限階段をさらに荒廃させたようで陰鬱です.また,ルドンのリトグラフが3点.この画家の幻想を好んだ故・武満徹が,モノクロのリトグラフに惹かれると語っていたことを思い出しました.

4.では一転して戦争や貧困による惨禍をリアルに.芸術作品と言えるが微妙な気がしますが,写真がまだ発明されていない時代,絵画による現実の告発活動として意味があったのだろうと思います.驚くのはセザンヌ.後に色彩や構図,タッチといった,絵画の基本要素のみに着目して近代絵画の基礎を築く画家の一人となったあのポール・セザンヌが,殺人のシーンを描いています.もちろんまだ自身の画風を確立する以前の作品ですが,こんな闇もあったのだと再認識.また,ムンクの版画がここでも2点展示されていました.

5.は今回私にとって最も“気づき”のあったパートです.絵画を見るのは好きでも,美術史や体系的な美学にはまったく疎い私は,「崇高(Sublime)」という概念が,美術において重要なカテゴリーを構成していることにこれまで気付きませんでした.もっとも崇高という訳は本質の一部しか示しておらず,雄大とか荘厳,荒々しさなども含んだ語のようです.人間にとって危険で,であるからこそ畏怖を感じるような対象.考えてみれば,整って安心できる風景よりも,荒涼としてこちらを寄せ付けないような景観に惹かれて怖いもの見たさで近寄りたくなるようなところは誰しもあるのではないでしょうか.

ここでは,英国王室における権力闘争の沈鬱を象徴的に描いたターナーの『ドルバダーン城』,火山の噴火によって滅亡した『ポンペイ』,ギュスターヴ・モローによる旧約聖書の『ソドム』などが眼を引きますが,もっとも印象的だったのがクリンガーのエッチング『死の島』.この原画はベックリン作で,アドルフ・ヒトラーが好んで別荘に飾ったとのことですが,前衛芸術を退廃と断じてあれほど嫌ったヒトラーが,こんなテーマを好んだのはどうしても受け入れられず不思議でした.ラフマニノフの交響詩『死の島』もまさにこのクラインガーの作品からインスパイアされて作曲されたとのことで,非常に興味深い画題です.

そして「史実」がテーマの6.ここはやはり上のパンプレットにも一部が採用されている,ポール・ソラルーシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』が圧倒的です.250×300cmの大作.英国王室の政争に巻き込まれ,16歳で女王に即位して9日後に処刑されるという,まさに斬首直前のシーンです.光沢のある白い衣装,それにもまして若々し姿態とつややかな肌.美しい両手が首を置く台を探しています.まだギロチンが発明される前のことで,パンフレットではトリミングされていますが,画面右端には屈強な執行人が巨大な斧を持って待機しています.

陰惨さと無垢な美しさの対比が痛々しい.夏目漱石もロンドン留学中にこの絵を見て感銘を受け,小説『倫敦塔』にジェーン・グレイを登場させています.私は昔見た『1000日のアン』という映画を思い出しました.ジェーン・グレイ処刑のほんの20年ほど前,イングランド王妃であったアン・ブーリンがやはりこのロンドン塔で斬首されています.こちらは処刑時30代後半で,グレイにくらべてアン自身にずっと深い闇があります.

中野京子は,文学者としての立場から感性のみに訴える美術教育は間違っていると考えたことが,『怖い絵』を書いた動機の一つであるとしています.今回見たような絵画は,神話,文学,歴史上のコンテクストを知って初めて理解できる作品ばかりで,鑑賞者は時間・空間をはるかに隔てられていることにより相対化された危機や恐怖をある意味愉しむという側面が強いでしょう.もちろん,そうした文脈を一切排したところで追及される純粋絵画も軽視されるべきではない.そんなことは氏にとっては自明であるということでしょうね.

蛇足ですが,鑑賞に来ていた人の少なくとも7割は若い女性でした.いつにも増して女性比率の高い美術展であった印象です.

プロフィール

choby

Author:choby
最悪想定する傾向はあるでしょうね.でも石橋叩いているだけの人生はつまらない.

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター